Skip to main content

自作PC メリット なし

 



 

自作PC メリット なし

PCを手に入れる方法として自分でPCパーツを組み立てて作る自作PCと専門ショップから購入するBTOパソコンなどがあります。自作PCのメリットデメリットについて考察を行います。

 




CPUグリス カスタマイズキャンペーン☆CPUグリスCP対象モデル限定! 通常2,200円(税込) ⇒ 1,980円 (税込)!

 

自作PCが敬遠される理由

自作のPCは自分でパーツの選択を行い、組み立てを行わなければなりません。自作PCが敬遠される理由としてはこの全てが面倒に感じるからだと思います。初めてPCを組み立てる人にとって同じようなスペックでも価格差があるパーツの良し悪しや、どのあたりのスペックでPCを組み立てたら良いか判断が難しいことがそう思われる理由だと思います。

 

BTOパソコンが嫌われている理由

BTOパソコンが嫌われている理由は、一度でもPCを組み立てたことがある人にとっては、PCの組み立てにお金がかかることや自分の好みのパーツでPCを組み立てることができないことが理由だと感じています。またBTOパソコン関係の事柄がニュースになるときにはパーツの不具合やサービスに問題ある時ばかりなので、組み立て済みのBTOパソコンには悪い印象が植え付けられているからだと思います。

 

自作PCのメリット

自作PCを一度で組み立ててみると多分プラモデルより簡単です。実際私はマスターグレードのガンプラを作るより簡単だと感じました。CPUを設置する際に専用のグリスが必要となるだけであとはプラスドライバー一本で組み立てることができます。自作でPCを組み立てて置くと故障が発生した時などの修理箇所の特定やパーツ交換が容易に行えるようになるので、一度自作でPCを組み立ててみるのが良いと思います。

 

BTOパソコンのメリット

BTOパソコンは組み立て済みのPCのためすぐに使えることが一番のメリットです。最初から全てを自作で組み立てるのではなく、まずはBTOパソコンを購入して必要に応じてPCパーツを交換していくことが一番PCの構造を理解しやすと思います。デスクトップタイプのBTOパソコンであればパーツの交換ができるモデルがほとんどで、電源さえしっかり落として置けば簡単に壊れることはありません。BTOパソコンであれば保証もあり、故障時にも販売店へ問い合わせを行うこともできます。半面自作PCの場合はどうしても販売店の対応が冷たく感じてしまうこともあると思いますが、これはしょうがないことだと思います。どこの販売店を利用するかを決めて、まずはそこでBTOパソコンを購入して店員から情報を引き出しながら自作PCへ移行していくのが一番コスパが高くなると思います。

 




CPUグリス カスタマイズキャンペーン☆CPUグリスCP対象モデル限定! 通常2,200円(税込) ⇒ 1,980円 (税込)!

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。