Skip to main content

メモリは32GBもいらないのか。実際使ってみました。

メモリは32GBもいらないのか。実際使ってみました。

熱暴走でメモリが壊れてブルースクリーンになってしまい、せっかくなので16GBから32GBへメモリを増設してみました。PCの使用用途は主にゲームとゲームの動画作成に使っています。作成した動画はYouTubeにアップロードしてブログ内の賑やかしに設置しています。

動作速度の改善は体感できず

メモリ容量が2倍になったので動作速度も相応に上がると思いましたが、HDDからSSDに変えた時のような速度の変化は感じることができませんでした。数秒早くなっているのかもしれませんが、誤差の範囲なのではと思います。PCのデータ処理が追い付かずにビジー状態のような感じで稼働しているのなら速度の改善は体感できるかもしれませんが、16GB設置されている状態でビジー状態に頻繁になるようなことも無い気がします。 ...  続きを読む

はじめてのゲーミングPCはどこで買う

はじめてのゲーミングPCはどこで買う

これからPCゲームをはじめようと思っいる人に必要となるのが、ゲームを楽しむことができるPCです。遊びたいゲームによって必要となるスペックは異なりますが、3Dグラフィックのゲームを快適に遊ぶためにはゲーミングPCを選択されるのが一番だと思います。はじめてのゲーミングPC購入でも迷わずに購入できるようにゲーミングPC購入方法を考察します。

ゲーミングPCを手に入れるための手段

ゲーミングPCと言ってもゲームが快適に動くだけで、普通のPCとなにも変わりません。違いを上げるとすればグラフィック制御を行うための専用パーツが設定されていることです。このパーツはグラボなどと呼ばれています。グラボを購入してパソコンに設定すればゲーミングPCの完成です。デスクトップのPCをお持ちならグラボだけを購入してPCに設定するだけで、良いかもしれません。またはマザーボード、CPU、メモリ、グラボ、ストレージ、電源ユニットなどゲーミングPCを構成するパーツを買いそろえて自分で組み立てるのもありだと思います。これらの作業が面倒だと感じるのあれば、BTOパソコンショップでのゲーミングPC購入をおすすめします。 ...  続きを読む

経験者が語るゲーミングノートをおすすめしない理由

 

 

経験者が語るゲーミングノートをおすすめしない理由

部屋にテレビがあるし、パソコン用のディスプレイを追加するのもどうかなと思い、最初に買ったゲーミングPCはノートタイプでした。ゲーミングノートは7年使って壊れてしまったので今ではデスクトップタイプのゲーミングPCを使っています。ゲーミングノートに買い替えずにデスクトップに変えた理由を踏まえてゲーミングノートをおすすめしない理由をご紹介します。

 

 

ゲーミングノートで良かったところ

近くのドスパラで12万くらいのモデルを購入した記憶があります。ノートパソコンだったのでそのまま持ち帰りすぐに起動してゲームを始めることができました。運送や配置に手間がかからなかったことが一番良かった点だと思います。はじめてのゲーム用PCでfootball manager 2009とか信長の野望 創造なんかで遊んだ思い出です。信長の野望 創造を遊ぶためにSteamアカウントを作った記憶があります。Grim DawnとかストリートファイターVぐらいまで遊びましたが、本格的な3Dグラフィックのゲームは遊ばなかったなと今になって思います。Grim DawnとストリートファイターVは最高画質でのプレイはできずに画質を下げた思い出があります。画質を下げる行為はあまり気分が良いものではないので、これからゲーミングPCを購入される方はゲーミングPCのグラフィック性能には注力してゲーミングPC選びを行ってもらいたいなと思っています。

 

ゲーミングノートでPCゲームをプレイする

PCゲームはキーボードとマウスを使って主に遊んでいました。ノートパソコンで採用されることが多いパンタグラフキーボードはキーストロークが浅くて普通のキーボードよりも指の運びがスムーズでゲームをプレイしやすかった印象です。ただキーボードの下にはゲーミングノートの本体があり、ファンが回る振動が常に伝わってきます。ファンの回転音を大きく、排熱量が多くなるとゲームを辞めたくなるくらいの振動と騒音です。こんなに激しく動作している機械の上でボタンをペチペチ押してても大丈夫なのかとても不安になります。またゲーミングノートの左横に排気口が付いていた為、PCゲームによくあるWASDキー付近に手を置いていると熱風を感じて嫌な気分になります。多分外付けのキーボードが欲しくなるはずです。私は購入しました。また画面は15インチ程度のサイズが一般的ではないかと思います。デスクトプ用のモニタは一般的なサイズが24とか27なのではと思います。4kやワイドモニターになればもっと大きなサイズとなります。私はゲーミグノートでゲームをプレイしていて感じたことはもっと大きな画面でゲームを楽しみたいということでした。私は外付けの24インチのディスプレイを購入しました。結局場所を取らないためのゲーミングノートだったのに、最終的には外付けキーボードと外付けのディスプレイでゲーミングノートはデスクトップタイプのパソコン本体と同じような扱いになってしまっていました。ちなみに外付けのストレージの購入を考えいるところでゲーミングノートは壊れてしまいました。

 

ゲーミングノートの耐久性

7年ほど使用してので、ネット上などで言われているほど耐久性が低いとは思いません。精密機器なので、家の中で持ち歩いたり、稼働中に持ち上げたりすると故障の原因となるとは思います。ゲーミングノートと言えど持ち運ばすに一か所安定しているところに置いて振動や衝撃など加わらないように配慮することが良いと思います。壊れたパーツはCPUの排気ファンです。稼働中にいつもよりもファンの音が大きくなり、しまいにはガガガとなにかがぶつかる音がするようになりました。専門店で原因を調べてもらったところ、排気ファンの羽の軸がずれ、その関係で排気ファンの羽が外壁に触れ折れてしまっていました。排気ファン自体はこのゲーミングノートの専用パーツで、発売から7年足っているので交換パーツは無いとのことでした。このパーツ自体交換を行う必要がないパーツなので中古があるわけもなく、そのままこのゲーミングノートとはお別れとなりました。ゲーミングノートの耐久性には問題ないと思いますが、壊れた場合最悪交換パーツがないリスクがあります。デスクトップの場合は汎用的なパーツで組み立てられているため、この問題にあるようなリスクはゲーミングノートよりも低くなると思います。

 

ゲーミングノートのカスタマイズ

メモリが8GBのモデルで、動作が緩慢な感じがしたので16GBに変更しました。メモリの変更は簡単で、ゲーミングノートではメモリが取り出せる部分に専用の蓋がついていて、プラスドライバー一本で作業することができました。デスクトップでもメモリを交換しましたが、ゲーミングノートの方が簡単だった印象です。ただゲーミングノートのメモリの挿し込み口が2個に対してデスクトプは4つあります。ゲーミングノートの方が作業自体は迷うことなくできるのですが、増設の幅としてはデスクトップの方が優れていると思います。

 

 

 

快適にゲームが楽しめるゲーミングPCの仕組み

 

 

快適にゲームが楽しめるゲーミングPCの仕組み

PCゲームがパソコンに要求する性能はピンからキリまであります。パソコンは大きく分けてノートタイプ(ラップトップ)とデスクトップタイプに分かれますが、同価格帯ではノートタイプの方がデスクトップよりも性能が低い傾向にあります。それでも最近ではノートタイプのパソコンの性能も上がり、複雑でないPCゲームならノートタイプのパソコンでも遊ぶことができます。PCゲームが要求するパソコンの性能と遊べる遊べないの理由について解説します。

 

PCゲームが要求するパソコンの性能

ゲームを楽しむためにパソコンに要求される性能はデータ処理能力と保存できるデータ容量の大きさです。データ処理能力についてはグラフィックの再生能力も必要となります。具体的にはCPU・メモリ・ストレージ(HDD・SSD)・GPUとなりPCを構成する全ての部品に高い性能が要求されます。PCゲームはMicrosoftのOfficeのようなデータベースや表計算をおこなうアプリよりもパソコンに高い性能を要求するものがほとんどだと思って良いと思います。Officeを動かすことにストレスを感じるようなパソコンでは、ほとんどのゲームを快適にプレイすることはできないでしょう。

 

PCゲームの種類

ゲームのジャンルで分けると非常に多くなりますが、グラフィックの構成でみると3Dグラフィックかそうでないかの2つのパターンになると思います。3Dグラフィックの方がほとんどの場合PCへの負担が大きくなり、高い性能が要求されます。ゲーミングPCと呼ばれるパソコンは3Dグラフィックのゲームに対応しているパソコンだと思ってもらって良いと思います。3Dグラフィックを扱うためにゲーミングPCでは性能が高いGPUが設定されています。これらのパーツはグラフィックボードやグラボなどと呼ばれ単体でPCパーツとして購入することができます。ただ最近の性能が高いCPUは3Dグラフィックを描画できる機能が内蔵されているものもあります。これらのパーツは内蔵グラフィックスと呼ばれいて、3DグラフィックのPCゲームを楽しむ時にはグラボ搭載のパソコンか内蔵グラフィックスのパソコンかを選択することになります。グラフィックボードと内蔵グラフィックスを比べるとグラフィックボードが付いているパソコンの方がグラフィック描画性能は高くなります。3Dグラフィックが採用されていないゲームをプレイする場合にはこれらのパーツが絶対に必要とはならないため、ゲームの好みによって利用するパソコンの性能は異なってくると思います。

 

グラフィックの描画が適正にできないと、どうなってしまうか

ゲームが要求するグラフィック描画の性能にパソコンが満たない場合は、キャラクターが滑らかに動かないことやコマ送り程度にしかグラフィックが動かないことになってしまいます。酷い場合は画面が真っ暗でなに描画されないことやゲームがクラッシュするこさえあります。グラフィックが滑らかに動いているかどうかはFPS(フレームレート)であらわされます。60FPSが一般的に快適にゲームを楽しむことができるフレームレートと言われています。これよりも低い30FPSでも十分と感じる人いるし、これよりも多い120FPSなどでないと我慢できないなんて言う人もいます。解像度が高いほど同じフレームレートを維持するために必要となる性能が高くなります。遊びたいゲームの画質によって用意するべきパソコン性能は格段に違ってくるので、まずは自分がゲームを楽しみたい環境を決めることが重要となります。

 

 

2022年1月 Steamのゲームを楽しむためのおすすめゲーミングPC

 

 

2022年1月 Steamのゲームを楽しむためのおすすめゲーミングPC

2021年はRTX30シリーズも出そろい2022年はRTX40シリーズの登場が楽しみなところですが、世代交代のタイミングは高性能なゲーミングPCを低コストで購入できるチャンスです。RTX40シリーズが出そろうまで2年から3年かかることを考えると新しいゲーミングPCを購入する良い時期になっていると思います。

 

おすすめはRTX3070Ti搭載ゲーミングPC

価格だけで考えるとRTX3060やGTX1660シリーズのグラフィックボードが搭載されているモデルを選んでしまいがちですが、これらのモデルでは最新の3Dグラフィックのゲームを最高画質でプレイするには少し力不足です。BTOパソコンショップのセールを利用すれば20万円前後の金額で購入できるRTX3070Ti搭載のゲーミングPCがコスパが高くおすすめです。

 

2022年1月のおすすめセール

年始はどこのBTOパソコンショップもセールやイベントが開催されていますが、フロンティアの製品が一番コスパが高いと感じます。期間限定・台数限定ですが、毎週セール対象商品は入れ替わるのでゲーミングPCを購入を自分のタイミングで行えるのもうれしいBTOショップです。

 

おすすめゲーミングPC