Skip to main content

【Stellaris ver2 攻略ブログ】 初心者のための序盤の帝国領土拡張方法

スポンサーリンク











 

 

【Stellaris2.0 攻略ブログ】

序盤の帝国領土拡張方法

帝国の領土を拡大させていくために建設船による資源の確保と入植船による惑星の植民地化が必要となってきます。効率の良い資源と植民地の確保の方法を考察します。

 

調査船による星系調査

資源や惑星を見つけるため調査船での星系調査が必要をなります。調査中にアノリマリーの発見などイベントが発生して資源が増えたり研究が進んだりもするため他の帝国の領土にとどくまで調査を積極的に進めると良いでしょう。

 

調査船と選択して星系を右クリックで星系を調査することができます。

 

調査が進まないとなにも始まらないため調査船を建造しましょう。アウトライナーで惑星を選択して宇宙港から建設できます。調査船には科学者を乗せなければならないため鉱物資源のエネルギーも必要となるため注意が必要が必要です。

 

科学者を雇うためには200のエネルギーが必要となります。科学者には寿命があるため年齢や特性などを確認して余計なコストを支払わないようにすると良いでしょう。

 

建設船による資源確保

建設船で星系の開発が行えます。序盤は鉱物資源を積極的に開発していくと帝国の拡大がスムーズに行きます。星系に表示されるアイコンを確認して鉱物が沢山ある星系に優先的に採掘ステーションを建築すると良いでしょう。資源が十分にある場合は正系を右クリックでまとめて開発の支持を出すことができます。

 

 

調査済みの星系には宇宙基地(前哨基地)を建築することができます。前哨基地を建築すると星系の資源開発や惑星への入植が行えるようになります。

 

前哨基地の建築が完了すると星系を帝国の支配下に置くことができます。前哨基地の建築をいくら行ってもペナルティーは発生しないためどんどん建築して帝国の領土を拡大していきましょう。

 

伝統の設定

統合力の条件を満たすと伝統の設定が行えるようになります。伝統は人口増加率を上げるものやエネルギー産出量を増加させるものなど帝国の拡大の助けとなる機能を追加できます。

 

 

同じグループの伝統をすべて獲得することでアセンションパークがアンロックできます。アセンションパークには直轄地の増加や研究値の促進など帝国の拡大に有利となる機能が沢山あるため伝統グループの選択は目標とする帝国にものから獲得していきましょう。

 

 

宇宙艦隊の配備

ゲームが少し進むと宇宙海賊が登場します。初期戦力では撃退できるか怪しいため200ほどまで軍事力を増強しておくと安心です。アウトライナーから造船基地を選択して造船所で戦艦を建築することができます。

 

 

艦隊には提督を設定できます。特性を見極めて任命することで戦闘を有利に進めることができます。

 

政策と布告

政策と布告で食料に備蓄量の増加や戦争哲学など帝国に運営に関わる条件を変更することができます。また影響力やエネルギーを使用して調査速度や鉱物やエネルギーの製造量なども変更できます。(鉱物・エネルギーの増加させるためには研究を進める必要があります。)

 

 

惑星の地表開発

序盤は鉱物を宇宙基地建設と資源開発に使うため惑星の地形改善まで手が回りませんが、障害の撤去はエネルギーで行えるため帝国の拡大作業と並行して行うと良いでしょう。障害を撤去することで人口が増え今後の惑星改善作業がスムーズに行えるようになります。

 

 

惑星への入植

惑星へのは収入が軌道に乗るまで時間がかかるのでまずは建設船で採掘ステーションや研究ステーションの建設を優先しましょう。入植にはコロニー船が必要で入植が完了するまでエネルギー消費が大きくなります。エネルギーの余裕をもって惑星への入植を行いましょう。

 

入植はコロニー船を選択して該当の惑星を右クリックで入植が行えます。

 

スポンサーリンク











【Stellaris 攻略ブログ】 序盤の帝国領土拡張方法

スポンサーリンク











 

【Stellaris 攻略ブログ】

序盤の帝国領土拡張方法

 

Stellarisは帝国領土が広い方が有利にゲームを展開することができます。戦争で領土を拡大するよりも序盤で開拓前前哨基地や入植を行い領土を確保していた方がコストをかけることなく帝国の拡大を図ることができます。序盤での効率の良い立ち回りを考察します。

 

調査船を建築してアノマリーを見つける

調査船を建築すると星系調査を行うことができます。星系調査では惑星の資源や環境を調べることができステーションの建築や入植に適しているか判断することができます。またアノマリーを見つけることでイベントが発生して科学研究が進んだり、資源を得たりすることがあるので、序盤ではアノマリーを探すために5艘ほどの調査船を造船して派遣しましょう。アノマリーの調査では科学者と調査船に危険が及ぶことがありますが、気にせずにガンガン調査すると良いでしょう。発生するイベントはテキストと一枚絵だけですが、Stellarisの世界観が見えてくることもありアノマリーの調査は十分に行うと良いでしょう。ただ状況レポートに登録されるような期限が切られていないイベントは序盤では無視して余裕が生まれた時に対応することをお勧めします。

 

3艘ほど海賊の攻撃やアノマリー研究失敗で失いましたが4~5艘あった方が効率よくアノマリーを調査することができます。研究支援の科学技術があれば調査船で惑星の研究支援を行うことができるので、調査船が多くなっても無駄になることはありません。

 

鉱物資源を得ることができるイベントです。

 

工学研究を進めることができるイベントです。

 

社会科学を進めることができるイベントです。

 

物理研究を進めることができるイベントです。

 

選択しによって結果が変わるイベントもあります。

 

 

軍事力を整える

ゲームが進んでくると海賊イベントが発生します。海賊は戦力が150程度の艦隊と80程度の宇宙ステーションを保持しています。これらを迎え打つため200程度の戦力を早めに用意した方が良いでしょう。軍隊はエネルギー通貨を消費するためソーラーパネルや電力を採掘するステーションを建ててから造船を行いましょう。

 

海賊は宇宙ステーションを破壊しに現れます。

 

多少被害がでましたが海賊を撃退することができました。

 

海賊との戦闘の様子です。

 

 

伝統の選択

統合力が溜まってくると伝統を選択できるようになります。開拓前前哨基地やコロニーでの入植を狙っている場合は拡張の伝統を選択するとスムーズにゲームを進めることができます。拡張の伝統では開拓前前哨基地のコスト削減や入植後の人口の増加を促進できます。また拡張の伝統をすべて解放することにより直轄地の星系を+2することができます。

 

 

スポンサーリンク











 

 

【Stellaris 攻略ブログ】ボイドの厄災を退治方法

スポンサーリンク











 

【Stellaris 攻略ブログ】

ボイドの厄災を退治方法

 

ボイドの厄災イベントが発生すると他の銀河からインベーダーがやってきます。インベーダーはどんどん惑星を汚染していきます。帝国間の戦力バランスが崩れるので、このイベントが発生するまでに十分な戦力を有していればライバルの帝国を征服するチャンスになる場合があります。

 

インベーダーとは外交交渉をすることができません。

 

インベーダーを退治する

インベーダーは6万から7万に戦力を分けて艦隊を編成して侵攻してきます。最低でも同程度の戦力がなければ撃退することはできません。また複数艦隊で同時に侵攻してくるため敵に囲まれてしまうこともあります。攻撃の際は相手艦隊と連戦になるため倍の戦力を準備すると優位に戦争を進めることができるでしょう。味方の艦隊は戦艦の割合を多くすると損害が少なく相手を撃退できます。敵は宇宙港を破壊してもすぐに占領をして来ない為、戦力の充実を優先しましょう。相手の1.5倍の数の戦力を戦艦を揃えればほぼ無傷で連勝をすることもできます。

 

 

全て戦艦でも被害が少なくインベーダーを撃破することができます。

 

 

惑星にある宇宙ステーション的なものを破壊するとインベーダーから領地解放することができる

 

惑星はインベーダーに占領されたことで不毛な地になっているため入植することができない。

 

軍事ステーション的なものも破壊しないとインベーダーを撃退したことにならない。壊しても建築船によってすぐ建築されてしまうので、艦隊を分けて複数同時に占領すると同時に敵の建築船を見つけたらすぐに撃破すると良いでしょう。

 

途中から覚醒した没落帝国が軍隊を出してくれたので、なんとか攻勢に転じることができ無事インベーダーを撃退することができました。

 

インベーダーから解放した空間は入植できる惑星がなくなり占領しても使い勝手が悪い土地となります。自分の領地の近くにインベーダーが出現した場合は、領地が拡大する前に早めに退治するのが良いでしょう。

 

スポンサーリンク











 

【Stellaris 攻略ブログ】 観測拠点で原始文明の惑星を手に入れる

スポンサーリンク











 

【Stellaris 攻略ブログ】

観測拠点で原始文明の惑星を手に入れる

 

惑星には開拓前前哨基地や研究ステーションの他観測拠点を建築することができます。観測拠点はその惑星の原始文明を観測することで科学技術を得たり、原始文明に対して積極的に接触することで宇宙時代へと急速に科学技術を進めさせることができます。

原始文明が存在する惑星を探し出し、調査船を派遣して観測拠点の作成が必要です。

 

 

 

消極的観測

社会技術を+3獲得することができます。消極的な観測なため原始文明の成長速度に変化はありません。大抵宇宙時代に発展するまえに核戦争によって文明がなくなってしまいます。

 

積極的観測

社会技術を+6獲得することができます。積極的に原始文明に接触することで原始文明に嫌われてしまうイベントが起こることがあります。また政策を原住民への調査を積極的な調査か無制限な調査を選択していなければならい

詳細の政策から原始文明に対する行動基準を変更することができます。

 

技術の啓蒙

エネルギー通貨と社会技術がコストとしてそれぞれ毎月5掛かります。これは原始文明が宇宙時代に移行するまでかかります。宇宙時代に移行するまでの期間は原始文明の進み具合によって変わってきます。宇宙時代まで原始文明が発展すると属国となり統合することで惑星を手に入れることができます。

統合に成功すると戦争をすることなく惑星を入手することができます。

 

帝国に住む種族として管理できるので、原住民の市民権を変更して便利に活用することもできるようになります。

 

隠密潜入

隠密潜入成功後は原始文明の惑星を併合することができます。それまでの間毎月エネルギー通貨と社会技術がコストしてそれぞれ5掛かります。隠密潜入中はネガティブなイベントが発生し、状況レポートで解決していく必要があります。また標的となる原始文明は工業化文明である必要があり、該当する政策を実施していないと実行することができません。

 

スポンサーリンク











 

 

 

【Stellaris 攻略ブログ】 正面から覚醒した没落帝国を倒す

スポンサーリンク











【Stellaris 攻略ブログ】

正面から覚醒した没落帝国を倒す

 

没落帝国は通常の停滞状態では積極的に領土を取りに来ませんが、覚醒すると戦力を増加し侵攻が始まります。覚醒した帝国でも十分な戦力があれば打倒することができます。どれほどの戦力があれば覚醒した没落帝国を打倒することができるか考察します。

一度白紙和平を挟みながらも首都を含む5つの惑星を入手することができました。

 

戦力を整える

最低でも相手と同等になるまで戦力がなければ正面から勝つことはできません。この銀河では450Kほどの戦力が必要でした。またそれ以上はエネルギー通貨や鉱物資源の関係で補強できなかったためしかたなくこれだけの戦力で開戦を試みました。戦力はセクターから徴収する2万の鉱物資源を使って増強しました。宇宙許容量の関係で短時間で大きな戦力を有する必要がある場合は赤字を抱えたまま戦力を整えるよりも外交やセクターから一度に多くの資源を入手して一気に造船を行わなければなりません。

 

セクターからは影響力100と引き換えに備蓄された資源を徴収することができます。

 

科学技術の工学を進めていくと開発できるメガエンジニアリングは鉱物最大保有量を2万増やすことができるので、短期間で大量の戦艦を準備するときに非常に便利です。

 

戦争を仕掛ける

450Kほどの艦隊は移動させるだけで大量の資源が必要となります。なるべく早く敵主力艦隊と遭遇するため艦隊に地上部隊の補給船を同行させましょう。補給船がいることで相手艦隊がこちらに向かってきてくれます。移動中も資源が足りなくなった場合はセクターから徴収を行うと良いでしょう。

 

資源がなくなるまえに無事相手主力艦隊と遭遇することができました。戦力は同等だったので2つの艦隊を落とした時点で勝利を確信したのですが、敵の援軍が来たため撤退を余儀なくされました。

 

同等まで戦力を整え再度侵攻しました。前回は戦艦が多く落とされたことから艦隊のコルベットと巡洋艦の割合を増やしたところ相手主力艦隊撃破に成功しました。コルベットの数が多い方が戦局が有利になるような気がしました。ちなみにコルベットは300ほど用意しました。戦局はこちらの方がポイント不利でしたが相手からの停戦依頼を受け白紙で和平を成立させました。

 

2回目の開戦で惑星の制圧に成功しました。相手艦隊は最初の戦いで叩いているため大きな反撃を受けることはありませんでした。惑星制圧はどうしても戦力を分散する必要があるため、艦隊戦と惑星制圧は分けて戦争を行うとスムーズに相手領土を刈り取ることができるはずです。

制圧した惑星には駐留艦隊を置かないと敵がちょくちょく現れてやっかいです。侵攻させた400Kの艦隊を8つほどに分散して惑星を制圧しました。戦時中も造船を行い戦力の増強は止めていません。

 

相手のジャスガバス狂信国は領土が広いため惑星を6つ制圧した時点で相手首都を含む惑星5つを国際地球連合の支配下に置くことができました。相手はまだ領土こそありますが、首都も主力艦隊も失いもう終わったも同然です。

 

 

スポンサーリンク











 

【Stellaris 攻略ブログ】 没落した帝国を倒す

スポンサーリンク











 

 

 

【Stellaris 攻略ブログ】

没落した帝国を倒す

 

Stellarisには通常の帝国の他に没落した帝国が存在します。彼らの大量の兵器と科学技術を要していますが、聖地に足を踏みいれなければ戦争をしかけてくることはないので必要以上に恐れる必要はありません。ただイベントによって覚醒をしてしまうとさらに兵力は強大になり他国へ宣戦布告を積極的に行うようになります。こうなる前に没落帝国を滅ぼして相手の技術を奪うことで有利にゲームを進めることができます。没落した帝国をどのように相手するか考察します。

没落帝国を倒すために

軍事力が7万程度あれば大体倒すことができます。相手は主力艦隊以外は戦艦を持っていないため相手領土内でこちらの主力艦隊との決戦で1回勝利できれば没落帝国は終わったも同然です。相手を自軍に呼び込んだ場合は逃げられてしまったり領地を荒らされたりされてしまうので、艦隊を国境の脇まで移動させておき、開戦と同時に相手主力艦隊を撃破しましょう。軍事力が多いだけで単純な力勝負が行えるので、他の大きな帝国を相手にするより簡単に領土を奪うことができます。

 

敵7万味方6..5万の艦隊戦です。100のコルベット他、駆逐艦・巡洋艦は全滅しましたが、戦艦の活躍で勝利することができました。没落帝国の主力艦隊に対して戦艦が搭載していたミサイルが効果的だったようです。

 

首都は軍事基地や宇宙ステーションが強固な為、ここで相手主力簡単を相手にすると味方艦隊の被害が大きくなります。他の惑星の宇宙ステーションを攻めることで相手の主力艦隊をそちらに誘い出しましょう。

星系を4つほど制圧したところで相手から降参してきました。こちらの要求をすべて聞き入れてくれます。

 

 

没落帝国の首都を奪うことができました。星系上に複数惑星を抱えているので直轄地の上限を気にせずに国力を上げることができます。

 

戦力の準備

没落帝国を倒すためには多くの戦力が必要となります。戦艦に搭載する武器はレーザーではなくミサイルなどの実体弾兵器の方が効果的なので必要な軍事力を整えるため戦艦の数が必要になります。開戦前は宇宙軍許容量を大幅に超えた艦隊数を揃えることになります。宇宙軍許容量を超えると維持費にペナルティがかかるため鉱物を溜め込み複数の宇宙港で一斉に戦艦などを生産した方が効率よく生産することができます。

セクターを十分に確保している場合は備蓄を徴収すると戦艦製造のための資源を確保することができます。また戦時中の艦隊を運用する際にも大量の資源が必要となるので、戦争を行うためにはセクターの備蓄を有効活用することが必要となります。

 

戦争中に艦隊を失うとその分資源に艦隊の維持費がかからなくなり資源に余裕が生まれます。宇宙港を落とす際にも味方艦隊に損害が発生するため都度コルベットなどを生産しながら戦争を進めると良いでしょう。

 

戦力が整う前

相手を打倒するだけの軍事力が整う前は没落帝国の国境近くに開拓前前哨基地や惑星への入植は避けましょう。国境との間に星系が2つほど挟まるぐらいの距離があればこの限りではありません。没落帝国に気に入られると戦艦やエネルギー通貨・鉱物などを分けてくれる場合もあるので、開戦の直前までは刺激をしない方が賢明です。

 

スポンサーリンク











 

 

【ステラリス 攻略ブログ】 帝国の維持費を削減する方法

スポンサーリンク











 

【ステラリス 攻略ブログ】

帝国の維持費を削減する方法

 

帝国の規模や艦隊が大きくなってくると膨大な維持費がかかります。伝統や建物などを活用すると大幅に維持費を削減することができます。帝国を強大化するため毎月かかる維持費を削減する方法を考察します。

 

伝統による削減

伝統を採用することで維持費を削減することができるものもあります。

 

拡張 銀河への野望 開拓前前哨地維持費-50%

繁栄 補給部隊 艦隊維持費-10%

管理業務 建物物維持費-10%

調和 全ての伝統を採用することでPOPによる鉱物消費コスト-15%

 

建物による維持費削減

研究を進めていくと維持費を削減することができる建物を建築することができます。一つの惑星に1つしか建てられないのもがほとんどですので、管理業務-10%(建築物維持費-10%)の効果があります。タイルに余裕がある惑星はなるべく建築することをお勧めします。

 

該当の科学技術を開発することで建物がアンロックされ建築が行えるようになります。

 

科学研究所    

 

鉱山ネットワーク

条件:工学の産業基盤獲得

 

起源の記念碑

条件:社会学 社会文化史

 

士官学校

条件:中央集中型司令部

 

異星動物園    

条件:社会学の異星生物学獲得

 

クローンカプセル

条件:社会学のクローニングを獲得

 

ハイパーコムズフォーラム

条件:社会学 地域調空間通信

 

楽天ドーム

条件:伝統調和の楽園の夢を獲得

 

博愛省

条件:社会学 銀河博愛主義

 

直轄下の惑星数を超えたらセクター管理する

直轄下に置ける惑星数を超えるとペナルティーがかかります。惑星をセクター管理にすることで地表のタイルは手動で変更はできませんが、セクター設定でタイルの改善を指示することができます。また宇宙港の開発は行えるので、艦隊の作成することなどが手動で行えます。

 

惑星同士を繋いでセクターを構築することで少ない提督で複数の惑星をセクター管理することができます。

 

スポンサーリンク











 

【ステラリス 攻略ブログ】  リーダー・科学者の有効活用

スポンサーリンク











 

【ステラリス 攻略ブログ】

リーダー・科学者の有効活用

 

ステラリスは各分野のリーダーを雇用して配置することで有利にゲームを進めることができます。リーダーは総督・科学者・提督・将軍の4種類があります。特に科学者と提督は内政と戦争を行っていく上で重要なリーダーとなります。科学者の有効活用方法を考察します。

 

科学者の役割

科学者は研究可能な3つのテクノロジーに当てはめると科学技術の開発を能力に応じて早めることができます。また調査船に乗せることで、星系調査やアノマリーの探索を行うことできます。科学者の役割は多いく分けてこの2つなります。

 

科学者を科学技術開発に当てはめると研究進捗の割合を上げることができます。

 

調査船は建築しただけでは星系調査を行うことはできません。星系調査やアノマリー探索時は必ず科学者の搭乗が必要となります。

 

科学者が登場した調査船

調査船に乗ることが科学者の大事な仕事となります。

 

星系調査

星系調査を行うことで惑星の資源や気候状況の確認が行えます。星系調査を行わないと開拓前前哨基地の建築や惑星への入植ができないため序盤は複数台の調査船を活用すると効率良く周辺空域の探索を行うことができます。

 

星系調査は該当の正系を右クリックすることで星系単位で調査を指示することができます。

アノマリー探索

星系調査を行っているとアノマリーが見つかります。科学者と調査船が犠牲になることもありますが、探索が成功すると科学技術やエネルギー資源などが入手できる場合があるため、積極的に探索を行っていくことをお勧めします。星系調査のタイミングでアノマリーは見つかるため一番最初に星系調査を行った帝国にアノマリー探索の権利が与えられます。

 

デブリの回収を含むスペシャルプロジェクトの調査

アノマリーの探索などを行っているとスペシャルプロジェクトが発動されることがあります。スペシャルプロジェクトは状況確認レポートで確認が行えます。デブリ回収など一部のスペシャルプロジェクトは達成までの期日が決まっているものもあるので、スペシャルプロジェクト発動時には状況確認レポートを確認した方が良いでしょう。

 

惑星への研究支援

データバンク伝送(研究支援)の科学技術を開発すると調査船を用いて惑星に研究支援を行うことができます。物理学の科学技術が発達すると研究支援の割合を増やすこともできるようになるので、積極的に研究支援を行うべきです。惑星に提督にリーダーの枠を使うよりも科学者を調査船に乗せて研究支援を行った方が帝国が発展するかもしれません。また研究支援でも科学者のレベルを上げることができます。

 

物理学を進めるとデータバンク伝送の科学技術を獲得することができます。

 

アップリンク小型化で研究支援の効果を増幅することができます。

 

スポンサーリンク











 

 

【Stellaris 攻略ブログ】 遺伝子改変で種族の特性を補正する

スポンサーリンク











 

 

 

【Stellaris 攻略ブログ】

遺伝子改変(遺伝子組み換え)で種族の特性を補正する

 

種族によって適応する環境や補正され特性が異なります。遺伝子改変技術をPOPに活用することで任意に能力を変更することができます。対応する環境を増して新し惑星に入植したり、繁殖能力を高めることで人口の増加を早めたりと有利にゲームを進めることができるようになります。

 

 

遺伝子改変技術の獲得

遺伝子改変技術は社会科学の研究で獲得することができます。前提条件として生命活性剤(リーダーの寿命+10年)の研究が必要です。生物学の研究となるため特性にあった科学者を雇うことで早く研究を終えることができます。

 

 

 

特性を付与する

遺伝子改変の技術を獲得すると種族ステータス画面で補正が選択可能となります。特性ごとに必要なポイントが決まっていて残数分だけ特性を付与できます。特性を付与するPOPの分だけ社会研究のコストがかかります。また居住可能な惑星の変更はポイントを消費しないかわりに複数選択を行うことはできません。

 

補正は状況レポートで実行をしなけばなりません。遺伝子改変を行うためには膨大な時間と社会科学のコストがかかります。研究が止まってしまうので絶好のタイミングを見計らいましょう。

スポンサーリンク











 

【Stellaris 攻略ブログ】 テラフォーミングで宇宙港の建築

スポンサーリンク











 

Stellaris 攻略ブログ

テラフォーミングで宇宙港の建築

 

社会科学を進めていくとテラフォーミングが行えるようになります。テラフォーミングは居住環境に適さない惑星の地形や大気を作り直す技術です。この技術だけでは惑星の環境改善を行うことはできず、大気操作や気候修復などの技術が合わせて必要となる場合があります。

 

 

テラフォームを行うための必要条件

テラフォームは帝国の影響力が及ぶ惑星に対して行うことができます。影響力が及ばないところにある惑星に対しては、開拓前前哨地の建築などを行い帝国の影響力下に惑星を置く必要があります。また調査船にて事前に星系調査が必要です。

 

テラフォームの実行

テラフォームは多くの時間とエネルギー通貨を必要としまう。サバンナ型惑星を大陸型惑星に作り替えるためにはエネルギー通貨5000と10年ほどの月日がかかりました。テラフォームと行うとタイル上にある障害も一緒に排除をしてくれすぐに惑星の開発を行うことができるようになります。

 

 

 

死の惑星のテラフォーム

社会科学の気候復元を入手すると死の惑星もテラフォームができ、タイルの改善を行うことができます。

 

 

 

 

テラフォームを行い同一星系上に構築した開発可能な惑星は、直轄星系数を気にする必要がありません。

 

スポンサーリンク