Skip to main content

【Banished 攻略ブログ】 移民を受け入れるための準備

スポンサーリンク











 

【Banished 攻略ブログ】

移民を受け入れるための準備

 

街を成長させていると世代交代が起こります。人口比率に占める老人の数が多いと世代交代時に労働力不足がおこります。その振り返しで人口爆発が起こると街の資源が枯渇してしまいます。移民を受け入れることでこういった問題を緩和することができますが、必要以上に受け入れを行うと人口爆発時と同じになるので注意が必要です。

 

これぐらい移民を受け入れると街のバランスが崩れてゲームにアクセントが生まれます。調子の乗って街を壊滅させないように気をつけましょう。

 

役場を建てる

役場を建てないと移民は街にやって来ません。役場は移民を受け入れるだけではなく街の消費や生産の確認また購入済みの貿易品の確認が行えるので街を大きくしていくうえでかかせない建物です。

 

道具をストックをしておく

移民は服や道具を持っていません。受け入れが決定すると移民してきた住民は市場や倉庫にそれらのものを探しに行きます。十分な在庫がないとも移民に行き渡らないのはもちろんですが、元いた住民も入手困難となります。特に道具が枯渇した場合作業効率が落ちてしまい食料不足や薪不足などの連鎖が発生し街が壊滅してしまいます。常に道具は住民の数以上のストックを用意しておくと良いでしょう。

 

家がアイコンが付いているのが受け入れたばかりの移民達です。受け入れ後すぐに市場と倉庫に向かいます。

 

 

薪と食料の準備

移民を受け入れ人口が増えるとその分食料が必要となります。薪と食料に関してはストックがあっても生産量が間に合っていないとすぐに枯渇してしまいます。年間食料は1人あたり100薪は10必要となるので役場で消費量と生産量を確認してから移民を受け入れると良いでしょう。

役場の生産状況タブで消費量と生産量の確認が行えます。食料の消費量が生産量より年間1万以上多いため危険な状態です。

 

病院を建てる

移民を受け入れるとかなりの確率で病気が発生します。病気の種類によっては感染力が強く多くの犠牲者が発生し、人口のバランスが崩れてしまいます。病気の感染は住民がすれ違うことで起こりますので病院を人があつまりやすい所に建築すると感染が広まり大変なことになります。

薬草小屋を建築することで街にハーブが供給され住民が健康になります。感染力が弱い病気であれば病院がなくとも沈静化することもあります。

病気に感染した住民は病院に集まってきます。なるべく人気がない所に病院は建てるようにしましょう。

 

スポンサーリンク











 

【Banished 攻略ブログ】 初心者の為の薪の大量生産方法

スポンサーリンク











 

 

【Banished 攻略ブログ】

薪の大量生産方法

Banishedは食料や薪などの資源を管理しながら街を発展させていくゲームです。季節の概念があり、冬の厳しい寒さや飢えを凌ぐことが最初の目標となります。序盤を懲り超えると次は人口爆発での食料危機や少子高齢化での街の衰退など街の規模に応じて発生する問題が異なってきます。ゲーム中に通貨は登場しませんが訪れる行商人と物々交換をすることで街に必要な物資を補充することができます。薪を物々交換の材料にすることで有利にゲームを進めることができます。

 

薪を大量生産する市民

 

なぜ薪か

薪は森林の木から採取される木材から作成することができます。森林は木こり小屋を建築すると自動的に再生と伐採が行われ無限に木材を手に入れることができます。この木材を利用することで無限に薪を生産することができます。羊などの家畜から作れる羊毛やウールコートも無限に作成することができますが、薪ほどは大量生産することができません。量産の効率化を考えると薪が一番物々交換の材料として優れていると考えてます。

 

羊はかわいいくて食料にもなり、羊毛やウールコートの材料になるなど非常に便利ですが、羊の生産量と飼育する土地を考えると交易用に大量生産するのは大変です。

 

木材の大量生産

森林は伐採すると再度木が生えてくるまで時間がかかります。木こり小屋があると森林の成長をコントロールすることができ、作業範囲内の道路が引かれていない平地に木を植えるたり伐採を行ったりします。木こり小屋を住宅地の真ん中に建てることで森林をある程度確保しながら市民の生活の場も提供することができます。森林と住宅地は分けてしまいがちですが、一体にした方が木材の入手は効率が良いです。

 

住宅地の真ん中にある木こり小屋の様子。道路が引いてあるところには木が生えていないことがわかります。また森林をつくることで野草採り小屋で食料の確保が行えるため一石二鳥です。

 

薪の大量生産

薪は薪割り小屋で木材から生成されます。材料となる木材と生成された薪はどちらも資材置き場に保存される為、薪割り小屋と資材置き場は近くにあった方が良いです。また薪割り小屋で働く市民用に近くに住宅を建築することも薪を大量に生産する上で大事なこととなります。薪は最終的に交易所から行商人の手に渡り、街に必要なものと交換が行われます。交易所に保管できる9999まで常にストックした状態が望ましいので、交易所と薪が置いてある資材置き場は近い方がより効率的です。

 

薪製造区画の様子です。石作りの家は薪の消費を抑えることができるので、資源に余裕が出てきたら木造の家から立て直しを行いましょう。

 

薪は9999を目標に集めましょう。物々交換の際に交易所・街の資材置き場や倉庫の容量に空きがあるか常にチェックが必要です。交易所がいっぱいの場合には品物を入手することができません。

 

交易所での物々交換

交易所では訪れる行商人と物々交換で街に必要ものを入手できます。交換品の指定や交換する品物の数を交易所に登録することで行商人が訪れた時または交易所を離れる時に自動的に該当商品と物々交換を行うことができます。この設定をすることで複数交易所を作成しても、煩わしい思いをせずにゲームを進めることができます。

 

自動購入の設定画面です。食料や鉄・石など必要な数を登録しておくと自動的に品物を入手できます。

 

行商人への発注画面です。訪れる行商人ごと仕入れてくる商品が違うため、行商人ごとに登録が必要です。

スポンサーリンク











 

【Banished 攻略ブログ】 人口1000人以上維持する村の作り方

スポンサーリンク











Banished 人口1000人を維持する方法

【Banished 攻略ブログ】

人口1000人以上を維持する村の作り方

 

Banishedは食料や道具・暖房材などの資源管理を行いながら村の運営をシミュレーションするゲームです。街の開発を最大まで行うと大体1000人ぐらいまで住民を増やすことができます。この状態をどれくらい維持できるか検証します。人口がある程度増えると人口増加の待ち時間が増えるため、バックグラウンドでゲームが稼働させるように設定を変更しておくことをお勧めします。

 

設定>ゲーム全般タグ

バックグランドで一時停止のチェックを外すと他のアプリケーションを実行中でもゲームが進行します。

Banished 設定画面

 

人口1000人達成時の村の収支

1年間で食料は人口の10倍ほど必要です。マップに限りがあるので食料の確保が一番大変です。街作りを行う際に薪を交易所で石や鉄など資源や食料と交換を行うと効率が良いので、必要数以上生産します。3個の交易所で薪を9000ストックさせるために28人に薪割りの仕事を割り当てています。交易場で食料の調達を考えている方はもっと沢山の薪割り場が必要でしょう。人口1000人まで世代交代を見ながらゆっくりと増加させました。画像は240年ぐらいの時で、人口は最大で1300人から1000人ぐらいを行き来しています。

 

Banished 利用したマップ
利用したマップ

 

 

Banished 人口1000人クリア

 

食料の確保

農地や果樹園は世代交代時に管理が面倒なので、採取できるもので食料を確保しました。野菜採り小屋と釣り小屋と狩猟小屋です。それと交易でも食料を入手しています。交易所では食料を持って来ないときが多いため、あくまでも村の在庫を増やすために利用していました。またエールも作りたかったので、発注処理でりんごを大量輸入していました。

 

交易所は自動購入を設定しておくと船が入った時もしくは出ていくときに任意の資源を購入することができます。交易所を沢山建築した時や遠く離れたところを開発中に便利です。

Banished 交易所自動購入

 

森の維持

野菜採り小屋と狩猟小屋を稼働させるため森を維持するように努めました。住宅の周りに緑があるもの気持ちがいいものなので、まず森ありきでその中に住宅があるイメージで住居の開発を行っています。問題は森が多いと道や建物の並びが見にくくなることです。森が維持されると木材の入手が容易になり薪の生産が捗ります。

 

森の中に住宅を建てています。この状態でもキノコや野イチゴなど十分な数の食料を確保できます。

Banished 森の中に住む人達

 

資源の確保

石や鉄などの住宅や道具を作るために必要な資源は交易所を利用しました。交易所での交換材料は薪と皮革を用いました。どちらも森から採取できる資源のため、今回の村作りでは上記の森の維持が攻略のカギとなります。薪を大量に生産する区画を5つほど作り交易所に配布する薪を維持しています。

 

薪を量産するための区画。薪割り場・住居・資材置き場・交易所を隣接させています。

Banished 薪割り工場

 

道具と衣類

人口1000人を維持するためには道具が絶対に必要です。道具がないと作業効率が落ち食料や薪の確保が困難となり村の存続が危ぶまれます。道具を作るための鉄は有限な為、鉄の確保は交易所を用いました。1000人規模の村では鍛冶屋・仕立て屋どちらも7つほど必要になりました。

 

移民の受け入れ

人口を増やすまたは維持する際は移民の受け入れを行うと簡単です。初期のころは10人から30人ぐらいの規模ですが、人口1000人を超えてくると100以上の移民の申し入れがあります。移民を受け入れると労働力と子供が増えるため村が活性化します。世代交代時期に移民が来てくれるとゲームの待ち時間が短縮されます。移民を受け入れると人口爆発が起こることがあるため十分な食料・薪・道具がないと村が壊滅してしまうため注意が必要です。また高確率で病気が発生するので、診療所の準備も事前に行ってください。

 

1000人規模の村になると170人以上の移民が入植を希望してきます。

Banished 押し寄せる100人を超える移民

 

移民が村に溶け込んでいく様子

 

スポンサーリンク











 

【Banished 攻略ブログ】 村の人口のバランスの取り方

スポンサーリンク











【Banished 攻略ブログ】

村の人口バランスの取り方

 

Banishedは村の人口を増やすために住民が暮らすための家の建築が必要です。ここで気を付けなければならないのは食料と薪の需要が供給より多くなると飢餓と発生して村は壊滅してしまいます。かといって家を建築せずに子供を作らないと少子高齢化が進み労働者不足から村が壊滅してしまいます。このバランスの取り方を考察します。

 

人口のバランスを考える

住民には何かしらの役割を与えています。大工やハンター・漁師などです。成人したばかりの住民は労働者という役割が自動的に与えらます。ある程度村が大きくなってくると労働者の役割が非常に重要となってきます。労働者は荷物の運搬を行ってくれます。例えば石や鉄などの資源の回収を行ったり、食料を最寄りの倉庫まで運んだりしてくれます。この作業が滞ると村の機能が停止しまい深刻な事態が訪れます。また寿命で空白ができた役割に自動的に割り当てられるなど調整弁としても機能します。労働者は常に余裕を持った数を確保しておきましょう。

 

これくらい労働者がいると世代交代が行われても安心です。

 

ベビーブームは注意

村の規模を大きくするときに家を同時期に沢山建築すると同じぐらいの子供が沢山生れます。この子供たちが成人を迎えた時村は急速に発展しますが、寿命が来た時に沢山の労働力が失われインフラのバランスが崩れてしまいます。また人口爆発が起こることもありますので家の建てすぎは注意が必要です。そればかりに目が行って家を建築をしないと今度は、老人は子供を作らないため少子高齢化が村に起こります。この場合も村のバランスが崩れてしまい深刻な事態となります。老人・大人・子供それぞれの数を見極めて家の建築をすると良いでしょう。

役場を建築すると住宅の数や子供の数などの確認が行えます。老人の数が把握できないのが難点ですが、役場は村の経営には欠かせません。

 

食料などの生産量と消費量の確認も行えます。この村では食料の生産より消費が多いので危険な状態です。労働者を食料調達に回す必要があります。

役割の配分を常に注意する

重要な役割は食料・薪の確保と労働者です。食料の確保は建築した食料採取場(野菜採り小屋や魚釣り場など)の人数の最大まで常にいることが望ましいと思います。労働者に指示を沢山出すと同時進行で作業を行うため思ったように仕事が捗りません。なるべく一つ一つ作業を指示することをおすすめします。道具作りや服作りなどは人口の分だけストックがあれば足りなくなったなと思った時に割り当てても十分間に合います。大工の役割分担が難しいところだと思います。建物を建てるだけでなく道路を敷くにも大工が必要です。労働者と同様一度に指示を沢山出さないことが重要です。普段は役割設定をせずに建物の資材がすべて揃ってから設定するのが良いでしょう。そうすることで道路はなるべく早く設置し、家はゆっくり建築するなどのことが行えます。

 

移民を受け入れる

役所を建てると移民の受け入れが行えるようになります。移民を受け入れるメリットは成人と子供が増えます。少子高齢化の村には村のバランスを取り戻すチャンスとなります。デメリットは必ず病気が発生します。病院の建築を行ってから移民を受け入れるようにしましょう。また移民は村の教育を受けていないため既存の村人より作業効率が落ち、道具を持っていないため在庫の道具が無くなってしまいます。足りない場合深刻な事態が起こりますので、受け入れ前には十分準備をしましょう。家も必要ですが、人数分作らなくても勝手に同居を始めます。たとえ住めなくても1冬ぐらい平気ですので、急いで家を建てる必要はありません。逆に家を作りすぎるとバランスが崩れてしまい村は崩壊していしまします。沢山の移民の受け入れは今まで作ってきた村のバランスを崩す面白いイベントとなりますので、移民の受け入れを積極的に行い移民の襲来にも負けない村を作っていきましょう。

 

役場に訪れた入植希望者

 

スポンサーリンク











 

【初心者の為のBanished攻略ブログ】 石・鉄・石炭の入手方法

スポンサーリンク











Banished 村

Banished 攻略ブログ

石・鉄・石炭の効率の良い入手方法

Banishedは森や平野を開拓して村のコミュニティーを構築するゲームです。石・鉄が無いと建築が行えず村を発展させることができずにコミュニティーは崩壊してしまいます。そんな大切な資源を効率よく入手するための方法を考察します。石は建築が行ないだけですが、鉄は道具を作るために必要な資源です。道具が消失すると作業効率が落ち、最悪村が消滅してしまいます。村を存続させるため資源入手先の確保を行う必要があります。

 

 

マップから採取

資源収集ツールでマップ上から石や鉄を採取します。ゲーム序盤はこの方法でしか資源を確保することができません。問題はマップ上にある資源は取りつくしてしまうと無くなってしまうことです。鉱山や砕石場での資源確保を考えれている場合は、すべての資源を取りつくす前に行動を起こしてください。鉱山や砕石場の建築にも大量の石と鉄が必要だからです。採取は序盤のみにしてある程度はマップ上に保険として残して置くことをお勧めします。

Banished 石や鉄などの資源
木材・石・鉄などの資源

 

 

鉱山や砕石場から採掘

石・鉄・石炭は鉱山・採石場施設から採掘が行えます。採掘は道具の消費が激しいためステンレス製の道具を準備した方がよいかもしれません。鉱山・砕石場の問題はこちらもマップから採取するのと同様有限なことです。さらに悪いことは採掘が終わって資源が枯れてしまった場合に撤去ができない点です。採掘後、鉱山や砕石場を建築した広大な土地が無駄になってしまいます。また住民が事故に会う確率が高いような気がします。

Banished 鉱山と砕石場
鉱山と砕石場

 

交易所で交換

石・鉄・石炭などの資源は交易所で外部から輸入できます。交易所で資源を入手する良いところは、倉庫に余りがちな品物を処分できるところです。倉庫を圧迫するキノコや村人に人気がなく倉庫に余りがちな魚などの食料品と交換することも訪れる商人によっては可能です。薪や羊毛などと交換すると効率の良い貿易を行うことができます。薪や羊毛は無限に作成することができるので恒久的に資源を収取することができます。商人が持ち込む品物はランダムなため複数交易所を作成して、資源が持ち込まれる確率を高めるのも重要です。注文コマンドで商人に依頼すると沢山持ち込みを行ってもらえるようです。

川辺に立ち並ぶ交易所

交易所の交換レート

食料(キノコ・魚など) 1

肉類(鹿・羊など) 3

薪 4

羊毛 5

皮のコート15

暖かいコート20

商人によっては交換に応じてくれない品物もあります。資源ばかりを持って来る商人はレートが1の食料品の交換に応じてくれません。ご注意ください。

 

余分な建物を解体する

どうしても資源の調達に行き詰ったときは建物を解体すると多少資源を回収できます。例えば協会を解体すると石と鉄と木材が回収できます。建物が無くなってしまうと村のバランスが崩れてしまいます。一度崩れたバランスは回復まで相当な時間がかかる為、この方法は最終手段となるでしょう。

 

Banished 教会の解体
協会を分解して回収できる資源

 

【Banished 攻略ブログ】 交易所の有効活用

スポンサーリンク











Banished 攻略ブログ

Banished 攻略ブログ

交易所の有効活用

 

Banishedは交易所を利用して外部と物々交換で物資を入手することができます。交易所を上手に利用することで村を急激に拡大することができます。交易所に来る船の積み荷はランダムで決定されます。気にいらない場合はリセットすると内容が変わりますが、それではつまらないのでお勧めは複数交易所を建築することによりその辺りの問題を解決することです。

 

交易所の特性

交易所は取引の回数によって交換できる物資の上限数が異なります。時には万単位でリンゴや石を一度に仕入れることができます。また注文を行うことでこちらが欲しいものだけを届けてもらえるようになります。注文する方が数を沢山持って来てもらえるようです。注意点としては商人によって商材が決まっていて、種や家畜のみを持ってくる商人にリンゴや石は注文できないことです。

 

交易所での取引の材料

品物によって交換レートが異なります。例えば魚は1で薪が4場合商人にとって薪は魚の4倍の価値があります。レートは商人によって異なりますが大体以下の品物を高く評価してくれます。

・薪

・肉(鹿・牛など)

・毛皮(鹿・羊)

・道具

・衣類

このうち薪と肉が手に入りやすい商材です。衣類のレートはとても高いですが大量生産が難しいです。

Banished 交易所の中
薪と食料の交換

倉庫代わりに使う

交易所はいらない物の倉庫代わりに使えて、尚且つそのまま必要な物資と交換が行える素晴らしい施設です。余分な毛皮や衣類が村中に溢れ、畑近くの倉庫を圧迫していると秋の収穫時期にその倉庫が使えずに遠くまでの運搬を強いられることとなり。収穫が間に合わないなんてことも起こりえます。またキノコは何故か容量が大きく、倉庫を圧迫するので交易所で他の食料と交換を行った方が良いです。また村人は魚が嫌いなようで、釣り場近くの倉庫には魚が余っています。釣りの効率を上げるためには、魚を交易所に移し別の食料と交換を行った方がよいです。

 

Banished 倉庫の代わりに使う交易所
食料などを倉庫の代わりとして保管

 

食料と交換

食料はだいたいレートが1で入手ができます。大抵薪1個で食料4個と交換が行えます。自前で食料を生産せず交易で賄うことは多分できません。商人は食料を常に運んでくるわけでなく、またそれしきの食料では大きく発展した村人の食事賄うことはできないからです。例えば交易所を10数か所作ったとしてすべての交易所に交換商品をそろえるのには無理があります。

Banished 交易所での交換レート
肉を果物などの食料と交換

 

石・鉄・石炭との交換

石・鉄・石炭は有限で無限に取れる薪や食料とはちょっと違います。これらは全力で交換を行うべきです。石は建築物や道路の作成必要です。石がなくなると村の発展は望めません。鉄は道具を作るのに必要で大量に確保しておく必要があります。道具がなくなると村は消滅してしまいます。石炭は暖房に使われるのでその分薪の利用を減らすことができ、その分の薪で石と鉄を入手することができます。石・鉄・石炭は商人が持ってきたときにすべて交換できるように薪や毛皮などを準備しておくことをお勧めします。交易所にも収容できる容量が決まっているので、石・鉄・石炭が入るスペースを確保しておく必要があります。

 

 

【初心者の為のBanished攻略ブログ】 食料保管の効率の良い方法 食料不足解決

スポンサーリンク











 

Banished 攻略ブログ

食料保管の効率の良い方法 食料不足の解決

 

Banishedは食料と薪がゲーム攻略の大きなカギを握ります。食料の保管について効率の良い方法を考察します。効率を考えて場合、食料供給施設の近くに倉庫を置くことが一番大事です。また仕事場と家が離れているとその分ロスが発生します。なるべく食料供給施設の近くに住宅を建てることをおすすめします。

 

森で採れる食料

森では野草採り小屋から大量の食料を採取できます。また基本的に野草採り小屋は森の中にあり人里から離れているため狩猟小屋も機能するものと思われます。森が減ってしまうと食料の採取量が減ってしまいますので、野草採り小屋・狩猟小屋・木こり小屋をセットにして建築すると放っておいても十分な食料を採取することができます。近くに倉庫を置くのを忘れないでください。

 

Banished 狩猟小屋薬草採り小屋木こり小屋の3点セット

 

魚を釣る

魚の釣り場を選定する際は、なるべく水に接する面積が多い方がよいです。川がカーブしているところでは釣り場の半分以が水に接するためとても効率の良い食料供給施設となります。近くに倉庫を置くことを忘れないでください。

Banished 魚釣り場

 

農作物を収穫する

農作物は秋のなると収穫が行われ安定した食料の供給が行われます。種類によって収穫時期が異なっていたり、収穫量が変わったりします。豆などは比較的栽培しやすい農作物のようです。秋に収穫となるため収穫できなかった農作物は冬になると枯れてしまい収穫ができなくかります。栽培時も時間との勝負ですが、収穫時期はより一層その度合いが高くなります。農地を作る際は、四隅に道路を設置し倉庫を近くに作り、農地の管理者の住まいが近くにあるように区画整備を行う必要があります。

Banished 農地3面豆かぼちゃ

 

倉庫の管理する

食料を保管する際、倉庫の管理は非常に重要です。たとえば野草採り小屋で収穫ができるキノコは同じ数量でも場所を取り、倉庫を圧迫します。また鹿の肉や毛皮なども場所を取り倉庫を圧迫します。効率だけを考えるのあれば、キノコや鹿の肉などは交易所で別の食料と交換を行った方が沢山の食料を倉庫に保管することができます。それと住民は魚が嫌いなようで最後まで魚が残ります。倉庫のバランスを考えて魚も交易所で他のものと交換をした方が良いかもしれません。

 

鹿肉が多い場合4000ぐらいで100%です。

Banished 倉庫の中

 

魚が多い場合5000を超えて100%となります。

Banished 魚だけの倉庫

魚は釣り場の近くの倉庫を参照していますが、ほとんど魚しかなく村人にあまり食べてもらえていません。このままでは魚を釣った後に遠くの倉庫まで担当者は運ぶためとても効率が悪いです。交易所などに持っていき釣り場近くの倉庫に空きがある状態を維持しましょう。

 

 

倉庫以外で食料を保管する

食料が保管できる所は倉庫だけではありません。市場や交易所でも保管を行うことができます。とくに交易所では任意に数量を決めることができるので、間接的に倉庫にどれくらいの割合で食料と衣類を配置するかなど交易所で操作することできます。交易所では食料の仕入れや交換・保管などいろいろなことができるので、保険のため沢山建築しておくのも良いかもしれません。ただ船の到着のアイコンが煩わしくなりますが。。

交易所の容量を100%にしてしまうと石や鉄などの容量の大きな資源と交換の際、容量オーバーで交換ができないことがあります。交易所をいくらか空きスペースがあるのが望ましいと思います。

Banished 交易所の容量

【Banished 攻略ブログ】 村の運営が軌道に乗るまで

スポンサーリンク











Banished 攻略ブログ

Banished 攻略ブログ

Banishedは村を開拓するゲームです。Banishedとは追放された者たちを意味します。この追放者達が安全に安心して暮らして行けるように衣食住を整えて村を発展させていくゲームです。攻略のポイントは冬に訪れる飢えと寒さをどのように凌いで行くかを考えることです。

公式では日本語対応はされていないとありますが、有志の方が日本語対応MODを作ってくれています。画像は日本語MOD設定済みです。

 

冬が来る前に家を作り食料を確保する

追放者達が持っているものはジャガイモなどのわずかな食料とほんの少しの薪だけです。これだけでは厳しい冬を越すことができません。まずは食料の確保と住居の建築が必要です。

 

・建築資材の準備

取り消しと撤去ツールから資材の確保を選択して、木材や石を確保します。木材や石などは資材置き場がないと確保できないため、併せて資材置き場も設置します。

Banished 資材置き場

 

・野草採り小屋の建築

食料確保のため野草採り小屋を森の中に建築します。こちらの建物はキノコや玉ねぎ・野イチゴなどが食料が採取されます。

Banished野草採り小屋

 

・住居の建築

寒い冬を乗り越えるため薪で暖を取ることのできる住居の建築が必要です。人数分4件程の住居が必要となります。

Banished木造建築住宅

 

・村民の役割を決める

木の伐採や石を拾うなどの資源確保は役割を決めなても空いている人達が協力してくれますが、建物の建築や野菜採り小屋の管理人などは任命しなければなりません。住民の「職業割り当てダイアログで、その仕事に必要な人数を割り当ててください。

Banished役割分担ダイアログ

 

・薪の確保

このゲームで食料の次に大事になるのが薪です。薪がないと暖を取ることができずに村民は凍死してしまいます。薪の確保には薪割り場を建築します。

Banished薪割り場

 

・道路を敷く

野草採り小屋の建築は森の中にあるため村民の住居とちょっと離れていると思います。村民は野草採り小屋に食料を歩いて取りに行くので距離があるとその分時間が取られ十分な食料が確保できない可能性がでてきます。道路を敷くと移動速度があがるため損失なく食料の確保が行えます。

Banished砂利の道路

 

 

こんな感じで序盤を乗り切れると思います。

再生されない場合はこちらをクリック。別ウインドウで再生されます。

 

 

村を存続させるために

 

・木こり小屋の建築

薪がないと冬を越すことができません。また食料は野草採り小屋から無限に沸いて来ると錯覚しますが、薪確保ため木を伐採して森を無くしてしまうと、野草採り小屋で食料が十分採取することができなくなります。村の存続のために森は必要不可欠なものです。木こり小屋では植樹のみONにして全力で森を作ります。

 

Banished木こり小屋

 

・鍛冶屋の建築

村民は道具を手にして薪割りや建物の建築を行います。道具がそこをついてしまうと作業効率が落ちてしまい十分な薪や食料を確保できないなってしまいます。鍛冶屋は建築のため鉄と大量の石が必要です。また道具を作るためには鉄と木材が必要です。十分な資材を確保しましょう。

Banished鍛冶屋

 

・子供たちの家を作る

家を作ると子供達は独立して家に住み子供を産みます。人口を増やすには家を作らなければなりません。最初に作ったいくつかの家を確認して子供が良い年齢になっていたら新し家を建築してあげてください。家を作らないと子供が生まれず少子高齢化の波が押し寄せ村は壊滅してしまいます。

Banished木造建築の住宅

 

・食料の貯蓄

野草採り小屋で働く者たちは、野草採り小屋から村民が暮らす住居の近くにある荷車まで採取した食料を運んで来ています。道路が敷いてあると言ってもこれでは効率が悪くこれから生まれてくる子供達の食料確保が心配です。野草採り小屋の近くに物置小屋を建築しましょう。野草採り小屋で働く者たちは採取した食料を物置小屋に保管するようになります。

Banished倉庫

 

・資源の確保

近場の石が少なくって来たのと、川の向こう側へ村を発展させたいと思い橋の建設を行いました。

Banished橋

 

ここまでの動画です。石が思うように集まらずにちょっと手間取っています。

 

 

村を発展させるために

ここまでくれば序盤を乗り切れたと思います。住居を多少増やしながらこのまま木こりが育てている森が整備されるのを待ちます。森が整備されることで、食料と薪の急を要する心配事がなくなりました。次の目標は交易所を作り外部から食物の種や家畜を手に入れより多くの食料を確保することです。交易所に展示する商品は薪・鹿肉などが良いでしょう。仕事を割り振るためには労働者が必要です。食料の備蓄にを確認しながら住宅を建築して労働者を増やしていきましょう。

 

木こり小屋を設置するとだんだん木が育ってきます。大きくなった頃を見計らって木こりに伐採の指示を与えましょう。

 

・魚を釣る

住民が増えてくれば、薪同様食料も多く消費されます。野草採り小屋は森一つに対して1つが限度なので、魚を釣ることで食料の収穫量を増やします。漁場の近くに倉庫がないと効率が悪いため併せて倉庫を建築します。

食料の備蓄が怪しくなってきているので、大工の数を減らして魚釣りをさせています。

 

・鹿肉を手にいれる

野草採り小屋の辺りに狩猟小屋を建築します。鹿撃ちはあまり人がいないところの方が効率よく猟ができるようです。ついでに毛皮も毛に入るので服も作成できますが、この時点では労働者の関係からまだ服作りは早いかもしれません。最悪服がなくても冬を越すことができます。

 

・木こり小屋の設定を変える

建築当時植樹のみONにしていた設定を伐採もONにします。こうすることで、ある程度森が出来上がったときに自動的に間引いて木材を確保してくれます。木こり小屋の近くに資材置き場を置くと木材確保の効率が良くなります。

 

・薪の上限を変更する

薪や食料など労働者の活動量は決まっていて薪はデフォルトでは500となっています。木を伐採するあたりで上限を増やしておきましょう。

 

・木こり小屋と野草採り小屋を増設

食料がちょっと心配だったので村の上に木こり小屋と野草採り小屋を追加しました。

森の中の村が出来上がります。

 

 

・学校を作る

ある程度住居が増えてきたら学校を建築しましょう。学校で教育を受けた村民は効率よく働くことができ、道具の消費も抑える技術を身に着けます。これから薪を大量生産していくことになるので非常に重要な施設です。

学校

 

服屋を建築して一通りの施設が完成しました。ここまでくれば村作りは一段落です。

 

服屋

 

森の中の村