Skip to main content

ゲーミングノートPC 静音について考えてみる

=&0=&

フロンティア サンタ感謝セール 12月9日まで

Ryzen 7 5700X GeForce RTX 3070Ti ¥209,800円(税込)

一番の解決策はヘッドセットを使う

ゲーミングノートPCは性能が高くなるほど熱くなります。性能を発揮するためにPCパーツが熱を持つからです。PCに負荷がかかる3Dグラフィックのゲームをプレイする時には排気ファンの回転が活発になり、騒音問題が発生します。静音モードがあるゲーミングPCも存在しますが、結局パフォーマンスを犠牲にして騒音を少なくするだけの機能です。最大限にPCゲームを楽しむための機能ではないため、騒音問題の解決には外の音をシャットダウンするヘッドセットを使用することが一番だと思います。 ...  続きを読む

初心者のためのゲーミングPCの構造を知るための基礎知識

 

 

初心者のためのゲーミングPCの構造を知るための基礎知識

ゲーミングPCを選択する時にどのパーツが重要で、どのパーツが交換しにくいかなどを知っておくと、ゲーミングPC購入時ににどのパーツにお金を変えるべきが判断ができるようになると思います。ゲーミングPCの選択を行う上で必要となるゲーミングPCの構造について基礎知識をご紹介します。

 

 

アップデートが難しいPCパーツ

CPUのアップグレードが一番手間がかかるパーツ交換です。作業内容もそうですが、CPUとマザーボード、メモリはそれぞれが適応した製品でないと稼働させることができません。マザーボードを交換せずにCPUだけ最新の製品を設置するなんてことはできないため、CPU選びは結構重要となります。ただCPU自体は現状でも十分な性能があり、アップグレードしても違いが体感できないかもしれません。CPUを最新のものに変更する場合はマザーボードとメモリもセットで交換する必要があることを頭に入れて置いて、購入するゲーミングPCのCPUを決定されると良いと思います。

 

ゲーミングPCで一番重要なパーツ

ゲーミングPCとそうでないPCとの一番の違いは、グラフィックの精度にあると思います。グラフィックの精度を高めるパーツがグラフィックボードです。呼び名が複数あり、ビデオカードとかグラフィックカードとかGPUと言ってみたり、略してグラボなどと呼ばれています。BTOパソコンショップでゲーミングPCを購入する場合にはグラボを選択することでCPUや電源ユニットなど相応にセットされるパーツが変化します。グラボの性能を見極めてグラボを軸にゲーミングPCを選択されると満足のいくゲーミングPCが入手できると思います。

 

グラボの選択方法

グラボの選択はNVIDEA製品がおすすめです。AMDもグラボ製品を展開していますが、PCゲーマーの間でNVIDEA製品がシェアを占めているため、グラボとゲームの間で問題が発生した際も解決のための情報を多く得ることができます。RTXとGTXの2つのシリーズが展開されていますが、RTXの方が光の描画などが精密で性能が高い傾向にあります。3Dグラフィックのゲームを楽しむならRTXシリーズがお勧めです。ただRTXの下位モデルよりもGTXの上位モデルの方が性能が高い場合があります。性能は現行モデルの中で、末尾の数字2桁が大きいほど性能が高くなります。

 

メモリの容量

BTOパソコンショップでゲーミングPCを見ると8GB、16GB、32GBが選択肢になると思います。32GB以上が標準設定されているモデルはあまり見ることはありません。おすすめは16GBです。8GBではゲームそのものはプレイできても、ゲームをしながらYouTtubeを見たり、攻略wikiなど見たりするとメモリの不足を感じることがあります。集中してゲームをプレイする人には8GBでも十分かもしれません。32GBは私は16GBとの違いが分かりませんでした。ゲーミングPCのメモリスロットは4つあり、16GBの場合8GBが2枚設定されていて残り2つのスロットは空いていると思うので、必要に応じてメモリを増設するのが良いと思います。

 

ストレージ

もしかするとCPUやメモリよりもゲームのロード時間や起動時間に影響を与える重要なパーツかもしれません。ストレージにSSDを選択することで劇的にパソコンのデータ処理速度が改善されます。ゲーミングPCではシステムディスクにSSDが設定され、追加ディスクとしてHDDが設定されているモデルがほとんどです。システムディスクの容量を増やすかHDDをSSDに変えることで快適なゲームライフを送ることができるようになると思います。システムディスクにゲームをインストールする手もありますが、システムディスクはOSが入っているストレージのため、OSやその他のアプリのアップデータで徐々に容量が圧迫されます。システムディスクをゲームに使う予定であれば、500GB以上の容量を選択されることをおすすめします。HDDと併用してその時に遊ぶゲームをSSDに移して遊ぶような使用方法であれば、問題なくゲームを楽しむことができると思います。

 

ノートタイプとデスクトップタイプ

PCゲームを楽しむ点から言えばデスクトップタイプがおすすめす。ノートタイプではディスプレイの大きさが15インチ程度のモデルが多いため、小さい画面でのゲームプレイが余儀なくされます。ノートタイプは排熱の問題で壊れやすいなどの情報を目にすることがありますが、排熱の問題はそこではないと感じています。私もノートタイプのゲーミングPCを使っていましたが、排熱の問題はファンの動作音と振動とPCから排熱された熱風が手に当たるところにあります。ゲームの終盤や盛り上がってきたときに、こそ排気ファンの動作音と排気される熱風の量は多くなり、このままゲームを続けているとパソコンが壊れるんじゃないかと不安になるくらいです。適度にゲームを中断しようという思考になるのは実は良いことかもしれませんが、没入してゲームを楽しみたい方にはキーボードとディスプレイが本体と別になっているデスクトップタイプがおすすめです。耐久性は両方ともそれほどに違いはなく、コスパについてもノートタイプがカッコイイと感じるのであれば、多少の値段の違いは気にするほどではないと思います。

 

 

ゲーミングノート メモリ8GBでゲームを快適にプレイできるか

 

 

ゲーミングノート メモリ8GBでゲームを快適にプレイできるか

最初に購入したゲーミングノートのメモリは8GBの設定でした。PCゲームで遊ぶ時にはブラウザでゲームの情報収集や気分転換にゲームを最小化しての動画視聴など、ゲームと並行して別のアプリを起動することは良くあることだと思います。ゲーミングPCを私はこのように使うため8GBでは物足りなくなり16BGへすぐに改修しました。32GB以上は必要ないかもしれませんが8GBはおすすめしません。

 

 

メモリ8GBでも行けるパーツの組みわせ

メモリ容量が足りないことで問題となるのはデータの処理速度です。データ量に対して処理する速度が間に合わないためにパソコンの動作は緩慢になります。CPUの性能を上げることもそうですが、SSDを使用することで劇的に動作速度が改善することがあります。私はゲーミングノートでPCゲームを楽しんでいた時代はまだSSDはとても高価なパーツでしたが、現在ではどのパソコンでも当たり前のようにSSDが搭載されています。500GBもしくは1TB以上あるモデルと選択するかカスタマイズをおすすめします。

ゲーミングノートのメモリ増設

ゲーミングノートのメモリ交換は簡単で本体の裏面にメモリ取り出し用の蓋が存在し、ドライバーで簡単に開けて交換できるようになっています。多分デスクトップより交換作業は簡単です。問題はメモリ設定されているスロット数です。ほとんどのゲーミングノートのメモリスロットは2つだと思います。8GBのメモリであれば8GB一枚で一つ空けて置いてくれれば良いものを4GBが2つのスロットに設定され8GBの設定となっています。16GBに設定を変えるためには8GBを2枚購入して、既存のメモリは全て取り外さなくてはなりません。最初から16GBの設定を選択された方が余計なゴミも出ずに経済的でおすすめです。

 

メモリはどこまで必要か

すでに16GBに増設したゲーミングノートは壊れてしまい起動することができません。現在はデスクトップタイプのゲーミングPCを使用してPCゲームをプレイしています。ゲーミングノートの教訓から16GBのメモリでスタートしました。不運なことにメモリが壊れてしまい、どうせならと32GBへ増設しました。私はストラテジーやシミュレーションゲームを好んでプレイしていますが、32GBに変えて劇的に動作速度が改善したとは感じることができません。スペックに数字で満足するタイプの人間なのでとりあずは満足していますが、32GBが絶対必要で32GB以上を選択するべきだとは私は言うことはできません。

 

 

ゲーミングPC 購入予算を決めるための基礎知識

 

 

ゲーミングPC 購入予算を決めるための基礎知識

ゲーミングPCの金額は下は10万円以下から上は30万円以上とピンからキリまであります。どれくらいの金額を用意するかは、どのレベルのPC環境を用意したいかによって異なります。これからゲーミングPCの購入を考えている人のために、予算別でスペックをご紹介して購入金額を決めるための基礎知識をご案内します。

 

 

ゲーミングPCの価格帯は大きく変動しない

ゲーミングPCは毎年性能が上がりますが、価格帯は大きく変動しません。ゲーミングPCの価格は10万円から30万円くらいが相場です。BTOパソコンショップを見てもエントリークラス、ミドルクラス、ハイエンドクラスなどの分けられてページが作成されています。クラスは設置されるパーツのランクを元に設定されていると思われます。パーツは新しく発売され性能が高くなりますが、パーツのランク分け自体は増えることはそれほどありません。BTOパソコンショップ側でも大幅に価格設定を変えることができないようで、新しいパーツが発売されても同じランク帯のパーツが設置されたゲーミングPCのランクは変わらず、価格は据え置きとなっている印象です。

 

エントリークラスのゲーミングPC

10万円から15万円くらいの価格帯のゲーミングPCです。最近ではこのランク帯のゲーミングPCでも十分にPCゲームを楽しむことができると思います。最高画質でのゲームプレイは難しいかもしれませんが、FHDの設定であればフレームレートが極端に落とすことなく快適にゲームが楽しめます。グラフィックボードには廉価版の製品が設置されていますが、今だけを考えれば十分な性能があります。ただ数年先を考えた場合にすぐに性能に物足りなさを感じるようになるかもしれません。この価格帯ではRTXのシリーズの選択は難しいためリアルタイムレイトレーシングの効果を体感することはできません。

 

ミドルクラスのゲーミングPC

20万円前後の価格帯のゲーミングPCです。最高画質での2kディスプレイのゲームプレイと画質を調整すれば4kにも対応できる能力があると思います。ミドルクラスでもパソコンとしてみれば最高クラスの性能を持っていて、動画や画像の編集などもなんなくこなすことができます。5年以上は高画質なグラフィックでPCゲームを楽しめるはずです。ただ4kで常時120fpsや60fps以上を維持するような動作は期待できません。FHDを含む2Kの解像度で高フレームでPCゲームをプレイしたい人に向いているゲーミングPCのクラスだと思います。

 

ハイエンドクラスのゲーミングPC

30万円以上の価格帯のゲーミングPCです。4kの解像度で60fpsを維持できるスペックを持っています。ただ最高画質設定で4k・60fps以上のフレームレートを常時維持となると少し厳しいかもしれません。4kにこだわるなら画質を調整するかフレームレートを妥協するかどちらか必要になると思います。正直ゲームを楽しむだけにこれだけのスペックのゲーミングPCを用意するのはとても贅沢な行為だと感じます。最高画質設定で高解像度、高フレームレートでPCゲームに触れてみたいと感じる方におすすめです。

 

 

ゲーミングPC 必要なSSDの容量とHDDとの使い分け

 

 

ゲーミングPC 必要なSSDの容量とHDDとの使い分け

ゲーミングPCの多くはシステムディスクにSSDが設定され、それとは別にHDDが付属されるモデルを多く見かけます。SSDの価格も落ち着きTB単位の容量が当たり前になってきた印象もあります。SSDとHDDの使い分けについて考察を行います。

 

システムディスクに採用されているSSD

システムディスクとはOSがインストールされているストレージです。システムディスクはOSやインストールされているアプリのアップデートで容量が圧迫され行くため、ある程度の容量は確保しておきたいところです。PCゲームも全てシステムディスクにインストールするような状態ではすぐにSSDの容量が足りなくなってしまいます。資金に余裕があればゲーム専用のSSDを別途用意されるのことが望ましいと感じます。そんなこと書きながら私自身は500GB程度のSSDにゲームを含めて何もかもをインストールして使ってはいました。容量が圧迫される以外は問題を感じたことはないので、TBなど大きな容量があるシステムディスクであれば特に使い分ける必要はないかもしれません。ちなみに私が遊んでいるようなゲームでは50本程度で1TBぐらいの容量を使っています。

 

HDDの使い方

ゲーミングPCを購入するとTB単位のHDDが付属されて来ることが結構あります。私はSteamでほとんどのPCゲームを購入していまして、SteamのクライアントとゲームはHDDに保存先を変更しています。理由はSSDの保護とかではなく、空いているHDDが勿体ないからだけです。ゲームの起動はまずHDDで行います。ここで起動に時間が掛かったり、ゲーム中のデータ読み込みに時間がかかるようなゲームはSSDへ移動させています。Steamであればゲームの保存先を簡単に変更することができる機能があり、便利に活用することができます。

Steamのライブラリからインストールフォルダの移動で簡単にゲームの保存先を変更することができます。良く遊ぶゲームはSSDへ移動させ、遊び終わったゲームはアンインストールやHDDへ退避しておくとSSDの容量を節約することができます。Steamのゲームであればクラウド上にセーブデータを保存することもできるので、遊びたくなった時にゲームを再インストールしてもすぐにゲームの続きをプレイすることができます。

 

SSDでゲームを楽しむ

SSDにゲームを入れることで起動時間やゲーム中のデータの読み込みなど、かなりの待ち時間を短縮することができます。CPUやメモリを買い替えるよりもHDDからSSDに使用を変更した方が速度の改善を体感できると思います。ゲームを楽しむならSSDの活用をお勧めします。SSDはHDDよりも耐久力が低く、突然データが消えてしまうなんてことを目や耳にすることがありますが、私は延べ10年以上システムディスクにSSDが設定されているパソコンを使っていますが、そのような状況に遭遇したことはありません。