Skip to main content

【PLANET BASE 攻略ブログ】 人口300人達成してマイルストーンを完遂する

スポンサーリンク











 

 

【PLANET BASE 攻略ブログ】

人口300人達成してマイルストーンを完遂する

 

Planerbaseはゲームクリアは明確には提示されていませんが、マイルストーンで目標が提示されいます。一日生存するから始まり人口300人達成など様々なマイルストーンが用意されていますが、人口300人を達成することで自然と他のマイルストーンが達成できるはずです。人口を効率よく増やす方法を考察します。

 

目標達成

300人とマイルストーンをすべて達成できました。目標達成には住民の士気を高くしておくことが重要です。ライフラインの外構施設と食料を生産・消費するための施設をバランス良く建築すると自然と人口が増えていきます。

 

 

外構の建築

エアロック・酸素発生装置・水抽出装置・ソーラーパネル・蓄電設備・風力タービン・採掘場を建築してコロニーに酸素と水・電力を供給する準備を行います。

 

内装の建築

食堂・寄宿舎・バイオドーム・処理工場・病棟の建築を行います。金属が足りない場合は最初の宇宙船を解体することで多くの金属を得ることができます。

 

ゲーム開始時に建築したコロニー群。採掘場が沢山ありますが、当時は1つだけ建築しました。

 

食堂には必ず水飲み場を設置すると住民の補水に対する問題に困ることはないでしょう。

 

今後バイオプラスチックが必要となるためバイオドームでは穀物を3つ野菜と1つ生産するようにしました。

 

処理場は金属とバイオプラスチックで建物を分けた方が、優先順位を変更して生産できるため便利です。ゲーム開始当時は4枠のうち1だけを使用していました。

 

着陸場の建築

着陸場の建築を行います。序盤商船は必要ないため半導体などが作成できるようになるまでは着陸許可を無効化しておくと良いでしょう。そのまま放っておくとどんどん人口が増えて飢餓が発生してしまいます。必要に応じて機能を停止させることで人口を制御することができます。

 

 

施設の増設

工場と研究所を建築します。建築しても作業員が足りないと施設が稼働しません。着陸場から新しい入植者を読み込みましょう。工場ではスぺアを作成します。これが無くなってしまうと施設が老朽化して使いものにならなくなってしまいます。最低1つは建築するようにしましょう。研究所では医療品と培養肉を生産します。

 

 

併せて食料が心配になるのでバイオドームを増設して野菜と薬草の栽培すると良いでしょう。薬草が無いと医療品を作成することができません。

 

コロニーの増築

ここまでの施設で最低限生活ができるようになってきていると思います。電力・水・酸素・スペア・食料を絶やさないようにして金属を増やしていくことがこれからの課題です。施設を作りながらそれに合わせて入植者を受け入れるようにしていくと人口を増やすことができるでしょう。建築したすべての施設が稼働するように入植者を受け入れていくと良いでしょう。また食堂のテーブルや寄宿舎のベッドは人数分用意しないと士気が低下してしまいます。

 

食料などの様子を見ながら着陸場は停止させてしまいましょう。停止させてしまえば人口が増えることはありません。

 

半導体の生産

半導体はコロニーを発展させていく上で非常に重要な資源となります。半導体で銃とボットの建築を行えるようになります。半導体が大量生産できるように電力と金属の施設を増設しましょう。

施設を近づけることで貯蔵庫がなくても効率よく生産が行えます。

 

交易

金属を生産して半導体と銃を作成しましょう。人口が増えてくると侵入者がやってきます。30人を超えたぐらいから入植者に警備員を追加して武装できる準備をしましょう。また半導体や銃を利用してボットの開発特許を取得すると建築ボットや採掘ボットを生産できるようになります。

銃は80で取引することができます。また余りがちや医療品は25・薬草は10で取引できるので交易材料としては優秀です。スターポートを建築すると資材置き場の容量が大きいため少ないコストの交換材料でも高価なボットやボット特許を取得しなすくなります。

 

ライフラインの維持

電力・水・酸素は途切れてしまうとコロニーは崩壊してしまいます。電力は常に蓄電量が半分以上ある状態を維持するように発電所・蓄電施設を整備しなければなりません。そうでなければ砂嵐や無風状態が続いたときに電力が足りなくなってしまいます。水は貯水タンクを建築したら必要最低限用意しておけばよいでしょう。酸素は寄宿舎や食堂など人が多くあつまる所で不足します。寄宿舎や食堂をセットと考えて酸素供給施設を建築すると問題の解決ができるでしょう。

 

住民の士気の維持

食堂や寄宿舎が住民が活動する近くに常にあれば多目的ホールがなくても士気は維持することができます。ただ外構工事などで食堂などから離れてしまうと士気が下がってしまいます。多目的ホールを建築しても良いですが、ボットを活用するとより良く問題を解決することができるようでしょう。

 

500人の住民に対して400体のボットが賑わっています。ボットは食料も消費せず、壊れても資源になるので、どんどん生産すると良いでしょう。

 

スポンサーリンク











 

 

【PLANET BASE 攻略ブログ】 住民の士気を改善する方法

スポンサーリンク











 

 

【PLANET BASE 攻略ブログ】

士気を改善する方法

 

住民の士気が落ちてくると食料生産以外の活動をしなくなります。士気の低下はコロニー崩壊につながるため住民の士気を常に挙げておくことは重要となります。士気を回復させる施設は近くにあると住民が施設のはしごをしやすく士気回復の効率が上がります。効住民の士気を維持・向上させる方法を考察します。

 

多目的ドームの設置

多目的ドームは回し車や懸垂器など運動器具を設定することができます。運動をさせることで住民の士気を回復させることできます。運動器具だけでなく水飲み場も設置することができるので住民の補水も行うことができます。

 

バーの設置

バーを設置すると飲料メーカーでアルコール飲料を生産することができます。バーではアルコール飲料をテーブルを活用して摂取することができます。バーでも水飲み場を設置できるので住民の補水を行うことができます。

 

食堂の設置

食堂は食事をとるだけではなく補水や植物やテレビを鑑賞することで住民の士気を上げることができます。多目的ドームやバーを設置しなくても食堂をバランス良く設置することで十分住民の士気を維持することもできます。

 

寄宿舎の設置

寄宿舎やキャビンを設置すると住民は睡眠をとることができます。睡眠をとれないと住民の士気がさがります。交代で睡眠を行いますが、ベッドは住民の数だけないと士気が下がります。十分なベッド数を確保するようにしましょう。

 

ボットの作成

ロボティクス施設を建築するとボット工房を設置できボットを作成することができます。運搬ボットは最初から作成可能ですが、建築と採掘ボットは商船から技術を購入する必要があります。ボットを作成すると住民に代わり外での作業を行ってくれます。住民は外での作業を行うと空腹や補水などの問題で士気が大幅に低下してしまいます。ボットを活用することで士気を正常な状態に保つことができます。

 

ボットは使い続けていると壊れてしまいますが、壊れてしまっても資源を回収できるため新しいボットをどんどん作っていくと良いでしょう。

 

スポンサーリンク











 

【PLANET BASE 攻略ブログ】 食料生産の効率の良い方法

スポンサーリンク











 

【PLANET BASE 攻略ブログ】

食料生産の効率の良い方法

 

コロニー内の食料が不足すると飢餓が発生して住民の作業効率が落ち最後には居なくなってしまいます。またバランスの良い食事を住民に与えることも作業効率を考える上で重要なことです。食料生産の効率化について考察します。

食堂では住民は食事をとるだけではなく、テレビを見ることなどで士気を回復させます。

 

バイオドームでの食料の確保

バイオドームを建設すると穀物や野菜などの食堂で食物に材料になるものや医薬品の材料となる薬草、観賞用の木を育てることができます。バイオドームの大きさによっては多くの酸素と水が必要となるため序盤は2~5ぐらいのサイズのものを建築すると良いでしょう。

 

 

穀物

食料2とでんぷん2が生産されます。でんぷんはバイオプラスチックの材料となります。生産しすぎるとでんぷんの消費ができずに貯蔵庫を埋め尽くしてしまいます。でんぷんの在庫数を確認しながら野菜など他の物を生産するように変化させていくとよいでしょう。

 

野菜

食料3が生産できます。穀物を育てるより多くの食料を入手できるため主にこちらをバイオドームで生産してと良いでしょう。遺伝子組み換え技術を入手することで良い多くの野菜を生産することができるようになります。

 

研究所での食料確保

研究所では医薬品の製造と培養肉の生産が行えます。培養肉は住民の栄養バランスを維持するために必要となります。栄養バランスは医薬品でも維持できますが、余った医薬品は交易で利用できるのでコロニーのスペースに問題がなければ培養肉も生産した方が良いでしょう。

 

食堂での食物生産

住民は採取的には食堂の食物メーカーで野菜や培養肉などを食物に加工し食事を行います。食物が十分にあっても食堂が不足していると住民は食事をとることができずに士気が下がってしまいます。食堂にはテーブルや水飲み場など飲食を行う場所の他にテレビや鑑賞植物を設置することができるので、住民の補水や士気を維持するためにも食堂を等間隔で設置を行うと良いでしょう。

 

スポンサーリンク











 

【PLANET BASE 攻略ブログ】 交易・入植者の受け入れ方

スポンサーリンク











 

【PLANET BASE 攻略ブログ】

交易・入植者の受け入れ方

 

着陸場・スターポートを設置すると入植者と商船の受け入れを行うことができます。入植者が来ないと新しい設備が稼働しないですが、入植者が増えると食料だけではなく酸素や水などすべてのインフラの増設が必要となります。商船は資源の売買のだけでは無く、大きな設備を建設するまえの技術を購入することができます。大きな設備は稼働に多くの資源を必要としますが、少ない面積で多くの資源の製造をすることができるためコロニーを発展させるためには欠かすことができません。入植者と商船の効率の良い稼働方法を考察します。

 

入植者の受け入れ

着陸場かスターポートを建設していると宇宙船が着陸して入植者が惑星に訪れます。着陸場の稼働を停止させるまで入植者を受け入れます。入植者がいつ訪れたかはわからない為、いつのまにか人口が増えていて資源がたりなくなることもあります。惑星の人口は常に注意して必要であれば着陸場の稼働を停止させると安定したコロニー運営を行うことができます。

 

入植者は複数人まとめて来る場合があります。

 

侵入者の対策

着陸場の建築を行うと侵入者が訪れることがあります。人口が30人を超えた辺りから入植者の割り合いで警備員を増やすようにしましょう。警備員は素手でも侵入者に対抗しますが銃を生産しておくと良い効率よく侵入者に対抗することができます。

 

侵入者との銃撃戦

 

 

制御室を建築するとセキュリティーコンソールで侵入者の検知が行え、武器庫で銃を保管しておくことができます。警備員を増やして制御室を建築すると侵入者に対して十分な対抗を行うことができます。

 

制御室にはセキュリティーコンソールや武器庫を設置することができます。

 

 

商船の利用

着陸場かスターポートを建設していると商船がコロニーへ訪れます。スターポートは着陸場より多くの資源が保管できるため交易で技術を購入しやすくなります。スターポートは多くの電力を消費するため畜電量が少ないときには停止させておくと良いでしょう。

 

スターポートは最大120の資源を保管することができます。

 

着陸場は60なのでスターポートの方が沢山の交易を行うことができます。

 

スターポートは消費電力が33あります。電力の生産が整備されていないと満足の稼働させることができません。

 

スポンサーリンク











 

【PLANET BASE 攻略ブログ】 水資源確保の方法

スポンサーリンク











 

【PLANET BASE 攻略ブログ】

水資源確保の方法

水資源が確保できないと食料の生産がうまく行かず飢餓が発生します。また酸素発生装置の稼働にも水が必要となります。抽出される水量は一定ではないため余裕を持って準備する必要があります。

 

食堂で給水や食事をする人々

 

水抽出装置の設置

水抽出装置を設置すると水資源を手に入れることができます。水需要より多く水を確保できるように設置を行う必要があります。

 

給水塔の設置

抽出された水を溜めておくことができる施設です。抽出される水量は一定でないため給水塔に水をためておくと余計な水抽出装置を設定しなくてよくなります。

 

水が消費される施設

ゲームが進んでいくと大きな施設が建築できるようになります。大きな施設を建築するまえに水の確保を行っていないと、回りまわって飢餓の発生や酸素不足でコロニーが崩壊してしまいます。事前に給水塔を建築しておくともし水需要が供給を上回った場合でも時間を稼ぐことができます。

 

酸素発生装置

人口が増えたり、密集したりすると酸素不足が起こります。慌てて酸素発生装置を建築して水不足が足りなくなり、酸素不足も解決できないなんてことにならないよう気をつけましょう。

 

バイオドーム

食料を供給するバイオドームも大きなものになると酸素と水の消費量を軽視することができません。序盤は様子を見ながら小さなものを複数建築すると良いでしょう。

 

水飲み器

食堂や多目的ホールに水飲み器を設置することでも水は消費されます。水飲み器を設置しないと住民は喉の渇きで活動できなくなってしまうので、住民の状態を確認して十分な水飲み器の設置をしなければなりません。

 

スポンサーリンク











 

【PLANET BASE 攻略ブログ】 発電設備の作り方

スポンサーリンク











 

【PLANET BASE 攻略ブログ】

発電設備の作り方

 

PLANET BASEでは住民が生活するための十分なインフラを構築することが重要です。電力は建築した設備を稼働させるために必要な資源となります。電力を安定供給するための方法を考察します。

 

夜と昼間で発電量は結構変わります。

 

電力を作る

ソーラーパネル・風力タービンにより電力を作ることができます。惑星の気候によって日照時間の長さや風力の強さがことなるため惑星の気候にあった電力システムを構築する必要があります。最低でも使用される電力の倍程度の発電量があると良いでしょう。

 

 

ソーラーパネル

ソーラーパネルは夜間電力を作ることができません。また砂嵐などで日光が遮られる時も電力を作ることができませんが、風力タービンに比べて発電できる電力量が大きいことがメリットです。ソーラーパネルを電力を作るための柱と考えてインフラを整備した方がよいでしょう。

 

風力タービン

風が吹いていれば電力を作ることができます。夜間でも電力が作れるためソーラーパネルが稼働でいない夜間分の電力をまかせるのも良いかもしれませんが、発電量が不安定なため夜間の電力は昼間のうちに蓄電システムに溜めて置くことを考えて方が安定した電力を供給することができます。

 

蓄電システムを作る

電力は蓄電システムにより溜めて溜めておくことができます。夜間ソーラーパネルが使用できない時間帯の電力をためて置いたり、不規則な風力タービンの電力を住民に安定してに供給するために蓄電システムを利用します。

蓄電システムはソーラーパネルが稼働できない夜間や天候の悪い時の電力を補うように使用すると良いでしょう。昼間や天候が良い時に満タンになるように設定し、蓄電量が下がる夜間なども半分は残っているようにすると電力切れで住民に迷惑をかけることはなくなるでしょう。

 

大きな施設を建築する

着陸場やスターポートの建築を行うと交易ができるようになります。大型の風力タービンやソーラーパネルの開発を行うことができる技術もこの交易船から購入することとなります。技術は購入はコストが結構かかるので半導体や銃や薬品などコストが高いものを生産できるようになってから利用すると良いでしょう。コストの低いバイオプラスチックなどを交換材料にする場合は資材置き場が大きいスターポートを利用すると良いでしょう。着陸場やスターポートは消費電力が大きいため稼働には十分な注意が必要です。

 

医薬品は25、銃は1つ80価値があります。取引を行う際は商船への運搬量も減るためとても効率的です。

 

着陸場は5電力を消費に対してスターポートは33もの電力を消費します。電力に余裕がない時または蓄電させる電力量が少ない時は着陸場やスターポートは停止すると良いでしょう。

 

スポンサーリンク