Skip to main content

【Steam おすすめ】Steamのゲームを日本語化するために覚えておくと安心なこと

 

 

Steamのゲームを日本語化するために覚えておくと安心なこと

 

Steamのゲームは海外製のものが大半で日本語に対応していないものがほとんどです。Steamのワークショップに上がっているパッチファイルならダウンロードするだけで簡単ですが、どこかのアップローダーからダウンロードして特定のフォルダに入れるとなるとちょっと難しくなります。ゲームのフォルダの見つけ方と失敗した場合のリカバリー方法を紹介します。

 

Steamワークショップからの日本語化

ワークショップの検索欄に日本語とはjapaneseなど入力を行うと該当ファイルが表示されます。

 

サブクライブをクリックすることでゲームパッチが当てられ日本語化が行われます。ワークショップを使っての日本語化対応は以上で完了です。

 

ファイルをダウンロードして日本語化する場合

Googleなどで〇〇日本語化とゲーム名と日本語化で検索を行うとだいたいファイルを作った人のページが表示されます。そこにファイルのアップロード先があるのでそのリンクをたどりダウンロードを行います。ダウンロードしたファイルは大抵圧縮されているためそのままでは利用することができません。ダウンロードしたファイルを右クリックで解凍を選択して通常のフォルダアイコンになることを確認します。フォルダの中のものやフォルダそのものをゲームがインストールされているところへコピーしたり、上書きしたりします。

 

ゲームのインストール箇所はSteamで確認できます。ツールバーのゲーム>ゲームライブラリと移動して該当のゲームを右クリックしプロパティを開きます。ローカルファイルタブのローカルファイル閲覧でゲームのフォルダを開くことができます。日本語ファイルを入れる所は/区切り¥区切りでフォルダの階層が書いてあるはずです。前半部分は全く同じはありえないのでSteamLibrary/steamapps/commonの辺りの順番から注意して自分のゲームがインストールされている階層と照らし合わせます。

失敗しても購入したゲームがSteamから無くなることはないので思い切ってファイルの上書きを行ったり削除を行っても大丈夫です。

 

ゲームが起動しない場合

ファイル設定後にゲームが起動しない場合は必要なファイルを削除してしまったか、入れたファイルになにか問題があると考えられます。原因を探るのは面倒なのでゲームを入れなおして再度チャレンジしましょう。

先ほどのプロパティからゲームファイルの整合性を確認を選択するとSteamがファイルを確認してくれます。足りないファイルがあった場合など自動的に補充を行ってくれるのでこれで大体もとに戻るはずです。

ダメな場合はゲームをアンインストールします。アンインストールした後に先ほど探したsteamapps/commonの先にあるゲーム名のフォルダは削除した方が良いかもしれません。ここではゲーム名のフォルダのみ削除です。この操作には十分注意してください。心配ならゲーム名フォルダ削除操作はしないでください。アンインストールするだけで元に戻ることがほとんどです。アンインストールが終わるとゲーム一覧ではゲーム名がグレーになっていると思います。右クリックしてインストールを行ってください。ゲームが起動できることを確認したら再度日本語化にチャレンジです。入れるファイルは上書きなのか追加なのかフォルダ名は間違っていないかこの辺りを注意して操作すれば日本語化ができるはずです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。