Skip to main content

ゲーミングPC 画質

 


 

ゲーミングPC 画質

PCゲームの画質は解像度やテクスチャの精度によってきまってきます。解像度やテクスチャの精度を上げると画像の情報量が多くなり、PCに多くの負担がかかるようになります。ゲームが要求するスペックに満たないPCでゲームをプレイした場合に画面がガクガクになるのは、処理する情報量にPCの性能が追い付いていないからです。PCゲームの画質について考察します。

 

フロンティア ゲーミングPC
台数限定


台数限定 ¥199,800(税込)  NVIDIA GeForce RTX 3070 Core i9-10900F
フロンティア ゲーミングPC
台数限定


台数限定 ¥194,800(税込)  NVIDIA GeForce RTX 3070 Core i7-10700F

 

ディスプレイで画質を決める

ディスプレイの解像度が高いほど映像は鮮明になりますが、PCに要求されるスペックは高くなります。解像度は4k、2Kなどとも呼ばれ4kの方がPCへの処理負荷が大きくなります。FPS(フレームレート)を上げることで映像が滑らかに動くようになります。フレームレートを上げるためには高周波数に対応したディスプレイが必要となります。周波数を上げるほど映像はなめらかになり、周波数には144Hzや60Hzなどがあり、60FPS以上のフレームレートでゲームを楽しむためには60Hz以上の周波数が必要です。FPS(フレームレート)は30、60、120、240などとなります。30、60、120、240などの数字は1秒間に何枚の画像が切り替えできるかを表すので、数字が大きいほど映像はなめらかになります。4Kで60FPS以上のフレームレートを維持させるためには高価なグラフィックボードが必要となります。

 

ゲーム側で画質を決める

PCゲームは様々なPC環境で快適にゲームが楽しめるように画質調整機能が設定されています。画質調整機能では解像度や画面を構成するテクスチャの鮮明度を変更することができます。解像度やグラフィックの精度を下げることでPCへの負担を減らすことでディスプレイに滑らかに映像を映し出すことができます。現在デファクトスタンダードになっているのはFHD(1920×1080)の60FPS(フレームレート)だと思います。これらの設定でゲーム側の画質を中もしくは高でプレイできないと綺麗な3Dグラフィックを楽しむという感じにはならないと思います。

 

PCゲームの画質を決めるグラフィックボード

グラフィックボードはグラボやビデオカードまたはGPUなどとも呼ばれています。最新のパソコンであればグラフィックボードがなくても3Dグラフィックを表現することができますが、FHD、60FPS以上でPCゲームを楽しむならグラフィックボードが必要となります。グラフィックボードはNVIDEAとAMDが商品を出していますが、PCゲーマーにはNVIDEAの方が人気です。ゲームのスペックを紹介しているサイトでも大抵NVIDEAをメインに紹介されているので、グラフィックボードを購入されるならNVIDEAの方をおすすめします。

 

グラフィックボードの性能を見極める

NVIDEAは毎年新しい商品を発表します。前のバージョンの最上位ランクの性能を現バージョンの中ランクぐらいの性能に合わせてくるためパーツの選択が難しくなります。末尾の数字二けたでランクを見極めることができ80、70、60、50などと数字が小さいほどランクが低くなります。前のバージョン80クラスの商品が現バージョンの70クラスの商品と同じくらいの性能になります。60や50は廉価版のような感じなので、あまりおすすめしません。また数字の後にTiやSUPERなどアルファベットが付い商品は一つ上のランクに性能が近くなります。例えば前のバージョンの80Tiは現バージョンの70よりも性能が高いなどです。今までの商品ラインナップからみて70以上でアルファベットが付いたモデルが一番コスパが高いと感じています。

 

フロンティア ゲーミングPC
台数限定


台数限定 ¥199,800(税込)  NVIDIA GeForce RTX 3070 Core i9-10900F
フロンティア ゲーミングPC
台数限定


台数限定 ¥194,800(税込)  NVIDIA GeForce RTX 3070 Core i7-10700F

 


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。