Skip to main content

【シティーズスカイライン 攻略ブログ】 初心者のためのCities Skylinesの始め方 おすすめDLC・MOD

 

 


 

 

【シティーズスカイライン 攻略ブログ】

初心者のためのCities Skylinesの始め方 おすすめDLC・MOD

 

シティーズスカイラインはジオラマのように現実の街を再現したり、綺麗な立体交差を作って車を走らせてみたり、拡大する物流に対しての渋滞対策など人それぞれ楽しみ方が違うゲームです。PC版ではDLCやMODが沢山あり、ゲームを拡張することもできます。人気のMOD、DLCや序盤のゲームの進め方などを考察します。

 

MODを入れる

Steamでゲームを購入するとSteamコミュニティを使うことができ、簡単にMODを設定することができます。PC版のシティーズスカイラインを購入するならSteamがおすすめです。

Steamではワークショップに有志の方達がアップロードしたMODがまとめられています。検索機能もあるので気になるMODを簡単に見つけることができ、見つけたMODはワンクリックでゲームンに反映させることができます。

 

MODはゲームの機能が拡張され気持ちよくゲームをプレイすることができる反面PCに要求されるスペックが高くなります。噂ではメモリが32GBでも足りないとかそんなことも目にしますが、シティーズスカイラインは基本的にはそれほどのPCスペックを要求しないゲームです。MODはゲームの入れすぎはゲームの起動や速度が遅くなるだけでなく、起動そのものもできなくなることがあるので、注意が必要です。まずはMODがない状態でゲームを始めて、楽しくないと感じた部分に対して改善するMODを入れるのが良いと思います。

 

Japanese Localization Mod

ゲームを日本語化できるMODです。ゲームのアップグレードがあっても迅速に対応してくれるMODなので、このMODがあれば英語が苦手な方でも気軽にゲームを楽しむことができます。私もこのMODのおかげでゲームを楽しむことができています。

 

Move it

一度設置した建物などを移動させることができるMODです。ジオラマとしてシティーズスカイラインを楽しみたいプレイヤーにとっては必須のMODなのではと思います。

 

TM:PE

信号機の設置や右折や左折の専用レーン設置など街の渋滞に悩まされている方におすすめのMODです。便利なMODですが、動作が重くなったり不意なバグなどに遭遇することもあります。MODの使用はあくまでも自己責任で使用しているということは忘れてはなりません。

 

 

BigCity (25 tiles mod)

デフォルトでは解放できるタイル数は9ですが、BigCity MODを入れることで25タイル解放することができます。9タイルではなくもっと広い範囲で街を開発したい方におすすめのMODです。

 

 

Daylight Classic

街並みの色有りを変えるMODです。少し青みがった色などに変えることができます。このMODが良いと感じるところは汚染された地帯も元の建物を色が楽しめるところです。

 

Dynamic Resolution

ゲームの解像度を上げるMODです。建物の輪郭などがクッキリします。解像度の上昇具合もスライダーで設定できるため。ご自身のPCスペックにあった設定で楽しむことができます。

 

First Person Camera

一人称で街並みを見ることができます。市民や自動車の視点から自分が作った街並を見るのは結構楽しめます。ある程度の街の規模になった時の、街が拡大するまでの待ち時間にも利用です。

 

 

DLC

DLCはMODと違い公式が販売しているゲーム拡張機能です。DLCは沢山種類がありますが、Radioと書いてあるものはBGMが変わるDLCで直接ゲームの機能を拡張するものではありません。また建物が追加されるだけのDLCもあります。人気のDLCをご紹介します。

 

After Dark

夜の街並みや繁華街や行楽施設を作ることができるDLCです。行楽施設に市民を呼び込んだり、繁華街で収益を増やしたりとゲームに深みを持たすことができるDLCだと思います。

 

Mass Transit

信号機や優先道路の設置など道路整備を行うことができるようになるDLCです。道路整備の他にもフェリーや飛行船、モノレールなど様々な乗り物が追加されます。乗り物や人々でにぎわう街並みを作りたい方におすすめのDLCです。

 

Parklife

Parklifeは私が好きなDLCです。街の中にテーマパークを作ることができます。テーマパークは遊園地、公園、動物園、キャンプ場があり、それぞれを混在させてオリジナルなテーマパークを作ることもできます。テーマパークには沢山の観光客が訪れるので、渋滞解消に楽しさを感じている方におすすめのDLCです。

 

Campus

区画設定をして3種類の大学を作ることができます。大学は街と一体となり、多くの学生でにぎわいます。大学を作ることで大学周辺は人であふれ渋滞が発生するようになりますが、街を行き交う人達を見るのが好きな人におすすめのDLCです。特にスポーツイベントや卒業式などのイベントでは街が人であふれます。大学周辺の地下鉄やバスなど設置して大学中心に街を作るのも楽しいと思います。

 

Industries

IndustriesはParklifeの工場版のような感じです。区画を設定して農業、森林、鉱石、石油の4つのタイプの工業地帯を設置して原材料の輸出入や製品の製造を行うための工場建築、製品を販売するための倉庫や交通網の建設などサプライチェーンを作ることができるDLCです。

 

 

ゲームの進め方

シティーズスカイラインは基本的に街が大きくなるほどの渋滞が発生するようになっています。渋滞が酷くなると物流がストップして街の機能が停止し、街は崩壊してしまいます。街を発展させるためには渋滞を緩和させることがとても重要となります。

 

渋滞の原因

渋滞は主にトラックと商業車、自家用車で発生します。トラックは工業地帯に集まります。工業地帯を街の真ん中に作ってしまうと多くのトラックが市街地を通るようにり、どうしても渋滞が発生してしまいます。工業地帯は高速道路の近くに設置して、住宅地とは離すような都市計画を行うと良いでしょう。また自家用車は公共の交通機関を設置することで台数を減らすことができます。地下鉄や列車などを効果的に活用することで自家用車の渋滞を緩和させることができます。

 

おすすめの建物

給水には川にポンプ場を設置するのではなく、給水塔がおすすめです。給水塔なら下水と上水関係なく水を街に供給することができます。設置面積を小さく、川沿いがポンプ場で一杯になることもありません。ただ土地が汚染させていると汚水を供給してしまうので注意が必要です。

 

 

 

フロンティア ゲーミングPC
台数限定


台数限定 ¥199,800(税込)  NVIDIA GeForce RTX 3070 Core i9-10900F
フロンティア ゲーミングPC
台数限定


台数限定 ¥194,800(税込)  NVIDIA GeForce RTX 3070 Core i7-10700F

 

 


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。