Skip to main content

【Banished 攻略ブログ】 初心者の為の薪の大量生産方法



 

 

【Banished 攻略ブログ】
薪の大量生産方法

Banishedは食料や薪などの資源を管理しながら街を発展させていくゲームです。季節の概念があり、冬の厳しい寒さや飢えを凌ぐことが最初の目標となります。序盤を懲り超えると次は人口爆発での食料危機や少子高齢化での街の衰退など街の規模に応じて発生する問題が異なってきます。ゲーム中に通貨は登場しませんが訪れる行商人と物々交換をすることで街に必要な物資を補充することができます。薪を物々交換の材料にすることで有利にゲームを進めることができます。

 

薪を大量生産する市民

 

なぜ薪か

薪は森林の木から採取される木材から作成することができます。森林は木こり小屋を建築すると自動的に再生と伐採が行われ無限に木材を手に入れることができます。この木材を利用することで無限に薪を生産することができます。羊などの家畜から作れる羊毛やウールコートも無限に作成することができますが、薪ほどは大量生産することができません。量産の効率化を考えると薪が一番物々交換の材料として優れていると考えてます。

 

羊はかわいいくて食料にもなり、羊毛やウールコートの材料になるなど非常に便利ですが、羊の生産量と飼育する土地を考えると交易用に大量生産するのは大変です。

 

木材の大量生産

森林は伐採すると再度木が生えてくるまで時間がかかります。木こり小屋があると森林の成長をコントロールすることができ、作業範囲内の道路が引かれていない平地に木を植えるたり伐採を行ったりします。木こり小屋を住宅地の真ん中に建てることで森林をある程度確保しながら市民の生活の場も提供することができます。森林と住宅地は分けてしまいがちですが、一体にした方が木材の入手は効率が良いです。

 

住宅地の真ん中にある木こり小屋の様子。道路が引いてあるところには木が生えていないことがわかります。また森林をつくることで野草採り小屋で食料の確保が行えるため一石二鳥です。

 

薪の大量生産

薪は薪割り小屋で木材から生成されます。材料となる木材と生成された薪はどちらも資材置き場に保存される為、薪割り小屋と資材置き場は近くにあった方が良いです。また薪割り小屋で働く市民用に近くに住宅を建築することも薪を大量に生産する上で大事なこととなります。薪は最終的に交易所から行商人の手に渡り、街に必要なものと交換が行われます。交易所に保管できる9999まで常にストックした状態が望ましいので、交易所と薪が置いてある資材置き場は近い方がより効率的です。

 

薪製造区画の様子です。石作りの家は薪の消費を抑えることができるので、資源に余裕が出てきたら木造の家から立て直しを行いましょう。

 

薪は9999を目標に集めましょう。物々交換の際に交易所・街の資材置き場や倉庫の容量に空きがあるか常にチェックが必要です。交易所がいっぱいの場合には品物を入手することができません。

 

交易所での物々交換

交易所では訪れる行商人と物々交換で街に必要ものを入手できます。交換品の指定や交換する品物の数を交易所に登録することで行商人が訪れた時または交易所を離れる時に自動的に該当商品と物々交換を行うことができます。この設定をすることで複数交易所を作成しても、煩わしい思いをせずにゲームを進めることができます。

 

自動購入の設定画面です。食料や鉄・石など必要な数を登録しておくと自動的に品物を入手できます。

 

行商人への発注画面です。訪れる行商人ごと仕入れてくる商品が違うため、行商人ごとに登録が必要です。

 



 

使用しているゲーミングPCスペック

CPU Core i7-7700K

GPU :GTX1070

メモリ:DDR4 SDRAM 16GB

 

 

お買い得おすすめのゲーミングPC情報

 

フロンティア ゲーミングPC

台数限定 ¥239,800(税込)   Core i7-10700F NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti
フロンティア ゲーミングPC

台数限定 ¥299,800(税込)  Core i7-10700F NVIDIA GeForce RTX 3080 Ti

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。