Skip to main content

【Card survival: tropical island 攻略ブログ】 乾季を乗り越える方法




マウスコンピューター 初夏セール 5月22日まで

ゲーミングPC スターターセット 139,800円~

FRONTIER ゴールデンセール 5月17日まで

RTX 4070 Ti SUPER メモリ32GB 販売価格279,800円

【Card survival: tropical island 攻略ブログ】 乾季を乗り越える方法

Card survival: tropical islandでは60日を過ぎると雨が降らない乾季が訪れます。90日までの間はほとんど雨が降らないと覚悟しておくと良いでしょう。またサバイバル日数が多くなっていることから孤独やストレスの状態にも注意が必要となります。

海に面したマップを活用する

乾季になるとすぐに体温が上がってしまいます。水で洗うことで体温を調整することができますが、飲料水を使うべきではありません。頻繁に海で体を洗うか、水筒を用意して海水を常に持ち歩くようにしておくと余計な水分の消費を抑えることができます。

レバーバックパックは水が入ったひょうたんと水筒を入れるに丁度良いサイズで気に入っています。体温が上がったときはバックから水筒を取り出して、水で洗うことでいつでも体温を調整することができるようにしています。

貯水池が3つあれば水に困らない

乾季の間でも一日二日は雨が降ります。水が満タンの貯水池が3つくらいあれば30日から90日の間飲料水に困ることはなくなると思います。湿地に井戸が作れれば無限に水を確保することができますが、30日間でそこまでクラフト能力を高めることは困難かと思います。

75日目の時点で一つの貯水池が空になっていますが、まだ2つあるためなんとかなるのではと思います。貯水池に貯まっている水は時間とともに蒸発してしまうので注意が必要です。

アレンビックで水を確保する

アレンビックは海水をきれいな水に変えることができます。使い方はキャンプファイヤーに設置してアレンビックに海水をそそぎます。アレンビックを効率よく稼働させるためにはアレンビック、キャンプファイヤー、粘土のツボ、施釉のを用意することをおすすめします。アレンビックには粘土のツボで海水をそそぎ、施釉のに貯めておくと水分が蒸発せず効率よく飲料水を確保することができます。またアレンビックを稼働させるためには、キャンプファイヤーを一日中使い続けるための木や枝が必要となります。

寂しさを下げる

寂しさが上がるとストレスが溜まり、最終的にうつ病になってしまいます。うつ病になると行動に時間がかかるようになり、サバイバルが難しくなります。寂しさが一定以上上がるとウェストンがアンロックされます。アンロックされ次第すぐにウェストンを作成することをおすすめします。ウェストンに話かけることで寂しさのステータスが上昇傾向から下降傾向に変化させることができます。食事などと違ってすぐに結果が反映されるわけではないため注意が必要です。またウェストンを常に持ち歩くことも寂しさを下げることに効果があるようです。

ウェストンは笛と一緒にサッチェルを使って常に持ち歩いています。一日一回以上笛で演奏を行い、一日一回ウェストンに話かけるように行動していくと、ストレスやうつ病に苦しむことはなくなります。




マウスコンピューター 初夏セール 5月22日まで

ゲーミングPC スターターセット 139,800円~

FRONTIER ゴールデンセール 5月17日まで

RTX 4070 Ti SUPER メモリ32GB 販売価格279,800円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です