Skip to main content

【Card survival: tropical island 攻略ブログ】 食料確保の方法




マウスコンピューター 初夏セール 5月22日まで

ゲーミングPC スターターセット 139,800円~

FRONTIER ゴールデンセール 5月17日まで

RTX 4070 Ti SUPER メモリ32GB 販売価格279,800円

【Card survival: tropical island 攻略ブログ】 食料確保の方法

Card survival: tropical islandでは食料の消費期限が決まっています。一度に沢山の食料を手に入れても期間がすぎるとダメになってしまいます。効率が良い食料の入手と保存方法を考察します。

序盤は海辺がおすすめ

最初の30日くらいまでは海辺でシンプルな槍を持っていると沢山の食料を手に入れることができます。海でスピアフィッシングをすることはもちろんですが、時折現れるカモメとマカクザルを狩ることができます。逆に採れ過ぎてしまうので肉の処理に時間が掛かってしまい他の作業が止まってしまうほどです。

塩を作る

海水を熱すると塩を作ることができます。塩を作ることで魚の塩漬けと肉の塩漬けを作ることができるようになります。塩漬けには塩が4つ必要ですが、かまどを使うことで効率よく塩を作ることができます。4つの粘土のツボに海水を入れてかまどで熱するだけで塩漬けに必要な塩を作ることができます。肉の塩漬けはマカクザルとイノシシ、ヤギの哺乳類の肉が対象になります。ヤギは西の草原や東の草原などに出没します。塩庄は雨が降ると塩の生産が止まってしまうので、個人的には塩の作成はかまどでの方が好みです。

荒涼としたビーチの洞窟では中に潮だまりがあるため、かまどと粘土のツボが4つあれば簡単操作で塩を大量生産することができます。

潮だまり

潮だまりではカニ、エビ、ウニ、海藻が採れます。荒涼としたビーチでは洞窟の中に潮だまりがあり、すぐにかまどで調理することでき効率よく食料を確保することができます。繊維や粘土、泥のレンガ作成時など片手間で作業を進めることができるので潮だまりの活用はおすすめです。

米を炊く

秘密の谷のコメを入手すると食料問題が解決します。秘密の谷はジャングルの道>湿地>深いジャングルの順で探索を行うと見つけることができます。米は脱穀を行うといつまで保存することができ、水があればいつでも食べることができる便利な食料です。

サゴ粉

湿地などのあるザゴを切りおからを集めることでサゴの粉を作ることができます。サゴの粉はいつまでも保存することができ、そのまま食べたり焼いて食べたりすることができます。採集と加工が少し面倒ですが、いつまでも保存できるので非常食として用意しておくと安心です。

粘土のクーラー

粘土のクーラーの食料を入れておくと保存期間を延ばすことができます。粘土のクーラーに使う水は海水でも良いので海に面したマップに設置すると管理が簡単だと思います。

釣り

釣りは日が沈んでも行うことができるところに魅力があります。槍での狩猟に比べて釣りは1時間と時間がかかりますが、塩の作成が2時間なのを考えるとうまくといくと丁度2つ魚の塩漬けができる計算となります。




マウスコンピューター 初夏セール 5月22日まで

ゲーミングPC スターターセット 139,800円~

FRONTIER ゴールデンセール 5月17日まで

RTX 4070 Ti SUPER メモリ32GB 販売価格279,800円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です