Skip to main content

【Ultimate Admiral: Age of Sail 攻略ブログ】 初心者のための艦船の操作方法






Core i5-12400F RTX 3070

フロンティア 月末セール 9月30日まで

196,800円(税込)9/26まで送料無料

【Ultimate Admiral: Age of Sail 攻略ブログ】 初心者のための艦船の操作方法

Ultimate Admiral: Age of Sailは敵よりも良い位置を取って攻撃をしかけることが重要です。どこが良い位置で、どのような攻撃を仕掛けると効率よく敵を撃破することができるか考察します。ちなみにxunity auto translatorを使って日本語に翻訳してゲームをプレイしています。

艦船の移動は風の向きで決まる

艦船は帆を広げたり、狭めたりすることで移動速度を変えることができます。それでも向かい風では前進することはできず、逆に後退してしまうこともあります。艦船を選択時に表示される赤色の向きには進むことはできません。風の向きは敵も共通して影響を受けるので、風を利用して敵を挟み込むこともできます。移乗攻撃時でも敵をグイグイ押し込んで風と敵を挟むテクニックが活用できます。

風は画面中央のコンパスで確認できます。現在画面左上へ風が吹いている状態です。艦船を見ると右下が赤くなっていることがわかります。赤い方向へ向きを変えても前へ進むことはできません。

艦船を移動させる

風の向きが合えば帆を広げているだけで艦船はどんどん進んでいきます。移動先を指定する際にダブルクリックをしてアンカーのマークが表示されると艦船はそこまで進んで停止します。または船を選択してアンカーアイコンをクリックするかスペースキーで停止されることができます。ただ停止を選択しても、命令を実行してから帆を畳み始めるため、すぐにその場に停止させることはできない場合があります。

艦船の進行方向を示すガイドは通常のクリックでは矢印ですが、ダブルクリックすることでアンカーのアイコンに変化します。この状態であれば艦船がそこで停止するように速度を調整してくれるようになります。

風向きで射程距離が変わる

向かい風に向かって攻撃を行うと射程距離が長くなります。敵を攻撃する際は風の向きも計算に入れると、敵の射程外から一方的に攻撃を行うこともできます。逆の利用されることもあるので、ゲーム開始時に敵軍と自軍の位置と風向きをまずは確認すると良いでしょう。

向かい風側に砲撃を行う方が射程距離が長くなります。砲撃を行う際にも移動する時と同様に風向きに注意する必要があります。

敵の艦船を攻撃する

火力差がある戦闘ではラウンドショットで一掃しても良いですが、戦力が均衡している場合ラウンドショットは時間がかかりすぎると思います。グレープショット直接船員に攻撃を仕掛けるか、グレープショットが届かなほど敵の機動力がある場合は、チェーンショットで帆を破壊すると効率よく攻撃を仕掛けることができます。基本的に1対1では戦わずに最低でも3対1のような状況を作ることが望ましいと思います。

砲撃の主力に使うのはグレープショットだと思います。帆や船体を破壊するよりもグレープショットで船員に攻撃を与えた方が敵も降伏しやすく、敵の艦船が大きくなってもダメージ効率的にあまり変わらい気がします。ただ射程距離が身近くある程度接近しなければならないところが難しところです。艦船には砲撃や操縦を行う人数が割り当てられているので、船員を減らすことで敵の戦力を下げることも同時に行うことができます。

移乗攻撃を行う

移乗攻撃アイコンを選択後に敵に接近することで、スピード、角度、距離などの条件がクリアできた時に実行されます。移乗攻撃アイコンは敵の艦船をダブルクリックで選択して攻撃対象に指定していないと選択できないので注意が必要です。

敵の艦船をダブルクリックすることで砲撃で狙いを定める箇所を選択することができます。このモードで敵艦船を選択していないと移乗攻撃を行うことができません。

移乗攻撃を設定すると3種類のアイコンが表示されます。すべてのアイコンが緑になるまで艦船の向きや速度を調整します。私は移乗攻撃を行う場合は艦船をぶつけて敵の艦船が向かい風に向かうように押し込むか、味方の他の艦船で敵の進行方向を塞ぐようにしています。移乗攻撃を行う場合も1対多の状態を作ることが重要です。






Core i5-12400F RTX 3070

フロンティア 月末セール 9月30日まで

196,800円(税込)9/26まで送料無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。