Skip to main content

【Ultimate Admiral: Age of Sail 攻略ブログ】 初心者のための陸上での戦い方






Core i5-12400F RTX 3070

フロンティア 月末セール 9月30日まで

196,800円(税込)9/26まで送料無料

【Ultimate Admiral: Age of Sail 攻略ブログ】 初心者のための陸上での戦い方

Ultimate Admiral: Age of Sail は海戦がメインのRTSゲームですが、陸上戦も一部あります。前作のUltimate General: Civil Warをプレイしていると問題なく進めることができますが、海戦と違い陸上戦はチュートリアルが用意されていまん。はじめてこのシリーズに触れる人でも陸上戦を楽しめるように、陸上戦について効率良い攻撃方法を考察します。

一対多で戦闘を行うようにします。

海戦も同様ですが、兵士の士気が勝敗に大きく作用します。敵部隊の士気を下げるためには複数隊での一斉射撃や側面や背面からの攻撃が効果的です。士気を下げることで敵は敗走をはじめます。敗走を始めると敵の陣形を崩すことができるため、敵を包囲することができるようになります。敵を敗走させながら包囲網を狭めていく戦い方を意識すると、少ない損害で敵部隊を撃破することができると思います。

横一列に歩兵隊を並べる

敵に側面と取られたり、背後に回られたりしないようにするために、道を塞ぐくらいに横一杯に部隊を並べることが重要です。尚且つ森や建物など遮蔽物があるところを通って進軍すると被害を少なくすることができます。絶対に敵に囲まれるような陣形を取ってはいけません。

部隊が重なっていると後方にいる部隊は攻撃を行うことができません。兵種によっては後方から砲撃はフレンドリーファイアになることもあります。兵士の配置はCtrlキーで複数ユニットを選択して右や左にドラッグさせる簡単です。左右のドラッグで兵士の向きがことなります。

武器の強さと兵士の数が重要

武器の強さと兵士の数が火力を生みます。地上戦では多くの人数で構成された多くの部隊が強力な武器を持ってるような部隊編成を行うべきです。銃剣タイプの武器は海戦で多く使用することがあると思うので、地上戦ではなるべくそれ以外の武器を装備していくと効率良くゲームを進めることができます。

艦船にも種類があり、海戦が得意なものと兵隊を沢山乗せられるものがあります。陸上戦がメインのステージであれば兵隊を沢山乗せられる艦船を使用すると効果的です。

部隊は兵種選択後にスライダーで人数を設定して、装備する武器を選択します。設定した部隊は解散アイコンでリザーブの兵士とすることができます。リザーブになった兵士は他の船のクルーにしたり、新しい部隊に組み込んだりすることができます。リザーブにすると経験値が平均化されるためほとんどの場合、練度は落ちてしまいます。

迫撃砲と大砲は絶対必要

迫撃砲と大砲は技術ツリーでアンロックすることで使用できるようになります。ただ戦闘中でも敵から奪うことで使用することができます。迫撃砲や大砲などの遠距離攻撃を行うことができる兵器は、味方の損害がなく敵を一方的に倒すことができます。中盤以降は歩兵隊は盾の役目で迫撃砲と大砲が陸上戦の主役となります。

迫撃砲は放射状に発射され、大砲は直線的に発射されます。大砲の方が射線を空ける必要があり使用方法が面倒ですが、迫撃砲よりもリロードが短い傾向です。迫撃砲と大砲のアイコンは同じなため戦闘中に区別するのが厄介です。

弾数には注意が必要

海戦では無限に砲撃を行うことができますが、陸上戦では有限です。弾がなくなった場合は補給地点まで下がるか、供給ワゴンから補給を受ける必要があります。弾切れになると一方的に攻撃を受けることになるので、常に注意が必要です。また大砲はリロードも早くすぐに弾切れになる印象です。大砲が使えるようになったら専用の供給ワゴンを用意しても良いくらいだと思います。

弾切れを起こすとアイコンで教えてくれますが、そうなってからでは配置変換が間に合いません。常に灰色のバーの残量を見ておくと安定した攻撃を与え続けることができます。

大砲は弾の消費が早く、迫撃砲は移動速度の関係から補給地点まで行くことが困難です。大砲や迫撃砲を使う時には補給部隊を別途専用に用意するくらいの気持ちを持っていた方が良いと思います。






Core i5-12400F RTX 3070

フロンティア 月末セール 9月30日まで

196,800円(税込)9/26まで送料無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。