Skip to main content

お買い得感が高いゲーミングPCの価格帯考察

 


 

お買い得感が高いゲーミングPCの価格帯考察

ゲーミングPCは通常のPCと比べて3Dグラフィックを綺麗に表示されるため高性能なビデオカードが設定されています。ゲーミングPCの価格の違いはこのグラフィックカードの性能によるところが多いと感じています。お買い得感が高いコストパフォーマンスに優れたゲーミングPCの価格帯を考察します。

 

ゲーミングPCのランク分け

ゲーミングPCはBTOパソコンショップのラインナップを見るところ3段階くらいに分かれています。ロースペック、ミドルスペック、ハイスペックの3種類です。ロースペックと言ってもゲーミングPCなので普通のPCのミドルスペックほどの性能があるモデルが多いと感じます。価格帯を見ていると10万円前後がロースペック、15万円前後がミドルスペック、25万円前後がハイスペックのような感じになります。

 

ゲーミングPCの性能

ゲーミングPCのランクを決める要素としてはCPUとビデオカードが占める割合が強いと感じています。CPUは現在ゲーミングPCに搭載されているようなスペックであれば、どのランク帯のゲーミングPCでも気にする必要がないくらい高スペックです。注目するパーツはビデオカードです。ロースペックのゲーミングPCはミドルスペックのゲーミングPCに搭載されている廉価版や一段低いランクのビデオカードが設定されていて、ミドルスペックは現在主流となっている性能のパーツが、ハイスペックでは今後登場するであろう最新のグラフィックに対応しているビデオカードが搭載されているようなイメージで問題ないと思います。

 

ゲーミングPCの価格帯

毎年性能が高いPCパーツが開発、販売されそれに伴いゲーミグPCの価格も上昇します。ただ価格が上昇するのは一時のことで、また元の価格帯へと販売価格は落ち着きます。性能に伴い価格が青天井で上がり続けることはないので、新しいパーツの発売前や発売直後でまだ既存のPCパーツが装備されたゲーミングPCを狙うことで、コスパが高いゲーミングPCを手に入れることができます。よほど新しいもの好きな方でない限りは、最新のパーツ発売直後にそのパーツが設定されたパソコンを購入するのは価格面から考えて控えた方が良いと思います。

 

 

ミドルスペックのゲーミングPCがおすすめ

3つのスペックのゲーミングPCを比べるとミドルスペックが一番コスパが高いと思います。ロースペックは購入当初でも最高画質で楽しめないゲームが存在するなどで、数年で買い替えを考えなければならなくなると思います。またハイスペックは性能が高すぎてユーザーによっては必要ない機能が搭載されているかもしれません。例えば4kや60FPS以上のフレームレートなどを必要とされる方以外は、ハイスペックのモデルは宝の持ち腐れになることもあると思います。

 

 

フロンティア ゲーミングPC
ボーナス祭第2弾


台数限定 ¥229,800(税込)  NNVIDIA GeForce RTX 3070 Ti AMD Ryzen 5 5600X プロセッサー
フロンティア ゲーミングPC
ボーナス祭第2弾


台数限定 ¥229,800(税込)  NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti インテル Core i7-11700F プロセッサー

 

[adesnse]

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。