Skip to main content

PC初心者のためのゲーミングPCに必要なCPUの性能解説

 

 

ゲーミングPCに必要なCPUの性能

ゲーミングPCを選択する時に注目するパーツはCPUとビデオカードだと思います。CPUはインテルとAMDの2社があり、その中でも様々な選択肢があります。普段PCゲームを楽しんでいるゲーミングPCのスペックをもとに、最新のCPUのベンチマークと比較してコスパが高いCPUを考察します。

 

 

CPUの種類

CPUはPCがデータ処理を行うためにとても重要なパーツです。CPUの性能はコア数、スレッド数、クロック数で表現されています。基本的にどの数字も大きいほど性能が高くなります。インテルとAMDでゲーミングPCによく搭載されているCPUのベンチマークを比較します。

ベンチマークはドスパラのページから引用しています。

インテル   AMD

型番コア数スレッド数クロック数ベンチマーク
Core i7 9700k883.60GHz(95W)1586
RYZEN 7 3700X8163.60GHz(65W)2442
core i5 9400f662.90GHz(65W)1086
RYZEN 5 36006123.60GHz(65W)2100

 

インテルとAMDで同じコア数で同ランク帯のゲーミングPCに搭載されているCPUで比較してみました。Core iシリーズがインテル製品でRYZENシリーズがAMD製品です。AMDの方がスレッド数が多くベンチマークが高い傾向にあります。価格を比べてみるとAMDの方が性能が高い割りに価格が安くコスパを高く感じます。インテルブランドにこだわりがないようであればAMD製品のCPUを選択肢に入れるとコスパが高いゲーミングPCを手に入れることができます。

 

 

ゲーミングPCに最低限必要なCPUの性能

実際普段PCゲームを楽しんでいるCPUの性能は4コア8スレッド4.50 GHzでインテル製です。ドスパラのベンチマークで確認すると1094でした。これぐらいの性能でもほとんどのゲームを快適にプレイすることができます。最新のゲームをプレイすると起動やロードに時間がかかると感じるゲームもありますが、SSDにインストールすることで許容範囲内でゲームを楽しむことができています。それでも今後発売されるゲームを快適にプレイすることを考えるとCore i5のシリーズは避けた方が良いかもしれません。

 

私が今一番ハマっているTotal War WARHAMMERの戦闘開始までのロード時間を撮った動画です。ロード時間の長さに定評があるゲームのため私のゲーミングPCではこれぐらい戦闘開始までに時間かかります。最初の方がHDDにインストール時で次がSSDです。私が許容と感じている時間はこれくらいです。ちなみにメモリは16GBです。これだと待てない方はもっと性能が高いCPUを購入されると良いでしょう。

 

 

 

ドスパラ GALLERIA XF


¥164,980円 GeForce RTX2070 SURER搭載



 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。