Skip to main content

【City of Gangsters 攻略ブログ】 初心者のための序盤の資金稼ぎ






Core i5-12400F RTX 3070

フロンティア 月末セール 9月30日まで

196,800円(税込)9/26まで送料無料

【City of Gangsters 攻略ブログ】 初心者のための序盤の資金稼ぎ

City of Gangstersでゲームを進めていくには資金調達が重要となります。序盤で行える資金調達の方法と安定した収入を得る方法と考察します。

手持ちの資源を売る

ゲーム開始当初でも数種類のアルコール製品が倉庫に保管されています。これらを販売することで資金を稼ぐことができます。ただアルコール類は住民に恩義を得るためにも使用することができます。場合によっては1つ売るだけで恩義を得ることができるので、資金を稼ぐために沢山一度に販売してしまうのは良くない場合もあります。

恩義がある状態ではカードを差し出すようなアイコンが建物の横に表示されます。この状態になると住民の会話に選択が増え、恩義を使用することで住民からの協力を得ることができます。手持ちのアルコールを1つ販売して恩義を得て、役に立つ人を紹介してもらうコマンドで顧客から顧客を紹介してもらえます。まずは顧客を増やして販売ルートを構築すると資金を稼ぎやすくなります。

アルコール製品を製造する

製造に必要となる資源はアルコール類によって異なります。建物では合法ビジネスと密造ビジネスが展開できます。初期の建物の合法ビジネスで生産されている製品から製造するアルコール類を決めると良いと思います。中世アルコールであればムーンシャイン、モルトシロップであれば自家製ビールなどのような感じです。せっ器の壺であれば様々なアルコール類の製造に使うことができます。

建物の右側のタブを切り替えると合法ビジネスと密造ビジネスとの切り替えが行えます。密造ビジネスを選択すると密造所や密売所を選択して建設することができます。建設には資源の他に資金も必要となります。密造を行うための資源は買いそろえなければならないため、合法ビジネスで生産されている資源と併せて、近くで販売されている資源を考慮してビジネスを選択されると良いでしょう。

地域のギャングを斃す

ギャングには喧嘩を売って斃すことで相手の装備品や自宅からアルコール類や装備品を奪いとることができます。ピストルなど殺傷能力が高い武器であれば勝率が上がると思います。2対1とかも可能なので十分な装備と人数を集めて行動することがコツだと思います。ただギャングの友人の住民からは嫌われてしまい、関係の修復は難しくなることもあります。

ピストルなどは住民や警察に恩義を作ることで貰うことができます。複数人でウインチェスターライフルなどで相手を攻撃した場合に負けたことはありません。

警察に賄賂を贈る

アルコールを販売するのと同じくらいこのゲームでの重要な要素だと思います。警察の賄賂を贈ることで、逮捕されなくなったり警察が建物の前に居ても違法な取引を行うことができるようになります。賄賂の金額は数百ドルなので、ケチらずに定期的に渡しておくとスムーズにゲームを進めることができます。

警察官に恩義を付けるためには、住民やギャングを通して紹介してもらう必要があります。住民やギャングから紹介してもらうので、事前に該当の人達に恩義を付けておく必要があります。恩義と付けて友好関係を上げることで、賄賂を贈ることができるようになります。

警察への賄賂の有効期間は決まっています。期間が過ぎるとアイコンが教えてくれます。警察が近くに状態で期間が切れて突然逮捕されるなんてこともあるので、警察への賄賂用の資金は常に残しておくと良いでしょう。

密売店を作る

密売店を作ることで、顧客を回って手売を行う必要がなくなります。アルコール製造所をアップグレードしていくと手売りでは販売しきれないほどになるので、十分な生産量を確保できるようになったら密売所の建設を検討されると良いでしょう。

密売所を作るにはテリトリーを増やして住民からビジネス用の建物を手に入れなければなりません。密造所がアップグレードを含めて稼働できるようになると一つの製造所で生産された製品で複数の密売店を稼働させることができようになります。




Core i5-12400F RTX 3070

フロンティア 月末セール 9月30日まで

196,800円(税込)9/26まで送料無料


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。