Skip to main content

【Cities:skylines 攻略ブログ】 DLC Snowfall


Cities:skylines 山の上からの夜景

Cities:skylines 攻略ブログ
DLC Snowfallについての考察

 

Cities:skylinesは交通網を整備しながら都市を発展させていく都市開発シミュレーションゲームです。Snowfallをインストールすると冬をテーマにした3つの土地を舞台に街作りを行うことができます。雪が降ってきたり夜空にはオーロラを見ることができるなど冬ならではの楽しいイベントがあります。綺麗なところばかりではなく、寒冷地方の厳しさも再現されていて、街づくりには暖房のためのボイラー施設や除雪のための雪置き場などの設備が必要となります。用意しなければならない設備が多くその分ランニングコストもかかることから通常版より難易度が上がっています。AfterDarkから派生された建物もある為、そちらもインストールされていると一層楽しめます。

 

 

寒冷地ならでの設備

 

冬がテーマのSnowfallは住宅地に暖房設備を整備することで幸福を産むことができます。暖房設備を使うためにはボイラーステーションや地熱暖房プラントから建物へ熱を供給する必要があります。熱の供給は水道管から送り込むことができます。

 

ボイラーステーション

建物に熱を供給します。多くの熱を発生させますが、公害が発生します。地熱プラントに比べて小さい範囲で建築が行え、少ないコストで運用が可能です。産業地区などに建築するのが良いでしょう。

Cities:skylines 冬のテーマSnowfallの産業地区にあるボイラーステーション

 

地熱暖房プラント

建物に熱を供給します。ボイラーステーションより場所を取り効率が悪いですが、公害が発生しません。熱供給は主に住宅地に必要になるので、公害がない地熱プラントは非常に便利です。

Cities:skylines 冬のテーマSnowfallの住宅地にある地熱プラント

 

雪寄せ場

雪寄せ場は道路に積もった雪を集めるところです。道路に雪が積もると凍結が起こり渋滞が発生します。道路管理事業所と合わせて活用すると道路状態を良好な状態に維持します。

Cities:skylines 冬のテーマSnowfallの道路を除雪するための雪寄せ

 

 

冬テーマの公園・広場

雪や氷を使ったテーマパークの建築が行えます。Snowfallの夜はAfterDarkの夜より雪のため白みがかっていて証明がとても映えるような環境となっています。氷の彫刻や焚火公園など街のアクセントに建築されるとSnowfallをより楽しむことができます。

 

氷の彫刻公園

訪問受け入れ可能数150人

Cities:skylines 冬のテーマSnowfall氷の彫刻公園

 

そり公園

訪問受け入れ可能数150人

Cities:skylines 冬のテーマSnowfall夜のソリ公園

カーリング公園

訪問受け入れ可能数150人

Cities:skylines 冬のテーマSnowfallカーリング公園

スケートリンク

訪問受け入れ可能数150人

Cities:skylines 冬のテーマSnowfallスケートリンク公園

スキーロッジ

訪問受け入れ可能数150人

Cities:skylines 冬のテーマ Snowfall スキーロッジ

クロスカントリースキー場

訪問受け入れ可能数360人

Cities:skylines 冬のテーマSnowfallカントリースキー場

焚火公園

訪問受け入れ可能数150人

Cities:skylines 冬のテーマSnowfall夜の焚火公園

 


 

使用しているゲーミングPCスペック

CPU Core i7-7700K

GPU :GTX1070

メモリ:DDR4 SDRAM 16GB

 

 

お買い得おすすめのゲーミングPC情報

 

FRONTIER ゲーミングPC


¥209,800(円 GeForce RTX3070 搭載


 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。