Skip to main content

2019 ドスパラでのコスパが高くお買い得なゲーミングPC購入方法

 

 

2019 ドスパラでのコスパが高くお買い得なゲーミングPC購入方法考察

ドスパラでコスパが高いゲーミングPCを購入するためのWebページの使い方を考察します。ページ上にはランキングやキャンペーンなど様々な情報が記載されていますが、なんとなくドスパラ側が販売してしたい商品を並べているような気がして購入まで気が進まないという方も多いと思います。初めてゲーミングPCを購入される方にもコスパが高いゲーミングPCを購入できるようにドスパラのWebページの使い方を考察します。

 

ドスパラのゲーミングPCブランドはガレリア

ドスパラでは用途ごとにパソコンの販売ページが異なっています。特にPCゲームを楽しむことができるゲーミングPCではガレリアというブランドを立ち上げています。ゲーミングPCを購入されるならガレリアのラインナップの中からお好みのゲーミングPCを探すのが良いと思います。

 

コスパが高いゲーミングPCを手に入れるためには

ページ上には沢山のバナーがあり、魅力的な謳い文句が目に留まります。この辺りは参考までにとどめてご自身の検索能力でページからゲーミングPCを探すことで、コスパが高いゲーミングPCを手に入れることができます。ゲーミグPCのコーナーを見ることが一番重要です。ゲーミングPCのコーナーではCPUやグラフィック性能でゲーミングPCを絞り込むことができます。ただこれを行うためにはご自身が遊びたいゲームが要求するPCスペックを把握している必要があります。例えばSEKIRO: SHADOWS DIE TWICEの場合は Intel Core i5-2500K 、NVIDIA GeForce GTX 970が推奨スペックとなっています。ゲーミングPCを購入する時にはこれがどのくらいの性能のPCで現在の最新のPCと比べてどれくらいの差があるかも把握されると失敗しないでゲーミングPCを手に入れることができます。

 

 

ドスパラでのゲーミングPCの探し方

 

ドスパラのトップ画面ではセールやキャンペーンのバナーが目立ちますが、ゲーミングPCを購入されるならゲームパソコンタブを選択してGeForce搭載を選択されると様々なスペックのゲーミングPCを見比べることができます。

 

ゲーミングPCを探すために必要となるのがPCパーツの知識です。特にグラフィックカードの性能がPCゲームを快適にプレイする上で重要となるのでGeForceのグラフィックカードの名称とランク付けは把握しておくと良いでしょう。RTXシリーズの方がGTXシリーズよりも性能が高い傾向にあります。例としてRTX2060SUPER搭載のゲーミングPCを探してみます。左の一覧からRTX2060搭載ゲーミングPCを選択することでRTX2060とRTX2060SUPERが搭載されたゲーミングPCが表示されます。この一覧はメモリ量やCPUの性能で並べ替えを行うことができます。BTOパソコンショップでゲーミングPCを選択する場合に、私はCPUの性能よりもメモリ容量の方が重要と考えているため、メモリで並べ替えを行い16GB搭載のモデルから選択を行います。RTX2070でも同様の手順でゲーミングPCを探し、RTX2060とRTX2070でご自身の予算に合う商品決定されると満足がいく買い物を行うことができると思います。

 

知っておきたいPCパーツ

ドスパラだけでなく、BTOパソコンショップで購入するゲーミングPCを決めるときにはある程度PCパーツの知識をもっておくことをおすすめします。具体的にはCPU、メモリ、グラフィックカード、SSDこれらのパーツ名を見てなんのことかが分かるだけでよいかと思います。

 

グラフィックカード

3DグラフィックのPCゲームを快適に楽しむために絶対に必要となるパーツで、このパーツが設定されているパソコンがゲーミングパソコンと呼ばれています。選択肢は大きく2つ分かれていれ、RTXとGTXです。RTXの方が新しく基本的にGTXより性能が高くなります。現在おすすめはRTXのSUPERシリーズです。RTX2070SUPERとRTX2060SUPERがあります。他にもグラフィックカードには選択肢が多くありますが、ビデオメモリが8GB以上搭載のグラフィックカードをおすすめします。

 

メモリ

メモリ容量が多いほど快適にPCゲームを楽しむことができます。BTOパソコンショップの安いゲーミングPCモデルでは8GBの製品を良く目にしますが、16GBはあ欲しいところです。32GB、64GBなど上げて行けば行くほど良いですがきりがありません。私はメモリ容量16GB搭載ゲーミングPCで日々PCゲームを楽しんでいますが、不満に感じることはないので16GBあれば十分だと思います。ただ8GBでは不満に感じることがあるのでご注意ください。

 

CPU

パソコンのデータ処理能力が決まるPCパーツです。CPUはインテルとAMDがシェアを争っていて、スペックも多岐にわたるので選択肢が多いPCパーツです。コア数とスレッド数が性能を見る目安となります。インテルではCorei5とかCorei7からAMDではRyzen5とかRyzen7などから選択を行うと良いでしょう。これらのCoreとかRyzenの後に付く数字が大きいほど性能が高くなります。グラフィックカードやメモリ容量をもとにゲーミングPCを選択されていれば自然とコア数が6以上のCPUを選択されていると思うので、CPUのことはあまり気にしなくても良いかと思います。

 

SSD

データ記憶されるPCパーツです。データ記憶装置は主にSSDとHDDの2種類からの選択となります。SSDの方が新しい技術でデータの呼び出しをHDDよりも早く行うことができます。WindowsをSSDに入れることでHDDとは比べ物にならないほどの速度で起動処理が終了します。これからゲーミングPCを購入されるならSSDにWindowsが設定されているモデルが絶対おすすめです。またSSDにゲームを入れることでゲームの起動時間やロード時間を短縮することができます。SSDは250GBのモデルと良く見かけますが、500GB以上あると使い勝手がとてもよくなります。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。