Skip to main content

ゲーミングPCを購入するかしないか自作か迷った末に購入した理由




マウスコンピューター 夏先取りセール 6月19日まで

ゲーミングPC スターターセット 139,800円~

FRONTIER ボーナス先取りセール 6月14日まで

>RTX 4070 Ti SUPER メモリ32GB 販売価格283,800円

ゲーミングPCを購入するかしないか自作か迷った末に購入した理由

ゲーミングPCを始めて手に入れようとする人は、購入するか自作かそもそも購入する必要じゃないんじゃないかとかいろいろ迷うと思います。私はPCゲームにもっと日本語対応のゲームが増えて欲しいと考えています。日本でのPCゲーマーを増えれば日本語対応のゲームも増えるはずなので、ここではゲーミングPC購入を迷っている方の後押しをしたいと思います。

ゲーミングPCは必要か

初めてゲーミングPCを手に入れようと考えている人でも、そもそもゲームをするために数十万もする機械が必要なのかと疑問に感じている方が多いかもしれません。私の意見としてはゲームが好きなら手に入れるするべきだと思います。ゲームが好きじゃないならきっと後悔します。余程大きなデータを扱うことをしない限りはゲーミングPCの性能を発揮させる場がないからです。ゲーム以外のアプリを使うならゲーミングPCでなくても十分対応することができます。

ゲームだけにゲーミングPCは無駄

ゲームを遊ぶだけに数十万円もするゲーミングPCを購入することは勿体ないという意見も良く目にしますが、ゲーミングPCがゲームを楽しむための環境を一番良く作ることができると思います。スマホのゲームを含めて過去にCS機やゲームセンターで人気があったゲームタイトルもゲーミングPCならプレイ可能です。それに加えて新作のAAAタイトルや海外でヒットしたゲームもプレイできることを考えるとゲームが好きなゲーミングPCがあれば世界中のほとんどのゲームをプレイすることができます。PS5もNintendo switchもXboxも必要ないかもしれません。これらのハードウェアを揃えると考えれば決して高い買い物ではないと思います。ただゼルダやマリオなど任天堂ゲームを遊ぶためにNintendo switchだけは必要になると思います。ちなみにスマホゲームはGoogleが提供しているGoogle Play Games(ベータ)でプレイすることができ、Androidのスマホゲームと連動させることができます。

ゲーミングPCは購入か自作か

ネットで調べるとアフィリエイトをしている人は購入を勧め、パソコンの組み立てが好きな人は自作を勧めている印象があります。自作を勧める人の中には購入するよりも価格が安くなるという人がいますが、個人的には自作しようとすると逆に価格が高くなると思います。自作の場合私はゲームが快適に楽しめる環境を作りたいと考えるため、良いパーツでゲーミングPCを組み立てようとしてしまいます。B逆に言えばTOパソコンショップのゲーミングPCは利益を出すためにどこかのパーツが必ず妥協されているはずです。ただ妥協されたパーツでもゲームを十分に楽しめるため、パーツ選びを面倒だと感じる私はゲーミングPCは購入することにしています。

ゲーミングPCでゲームが楽しめる環境を作る

ゲームを楽しむためにはモニターが重要だと感じています。PS5などは高解像度や高フレームレートに対応させるためには特定のモニターの機能が必要となりますが、PCの方がモニターの選択肢が多く費用も抑えることができます。またゲームごとでゲームの画質やモニターの設定を調整できるため、機器にあった快適なゲーム環境を作ることができます。複数のモニターを同時に使用すれば片方で攻略情報を表示したりや動画配信を見ながらゲームを楽しむこともできます。複数のアプリを同時並行して使用できるところがゲーミングPCの一番の魅力だと感じています。

PCゲームはインディーゲームが魅力

PCゲームというときれいなグラフィックなどゲーム以外のところに目が行きがちですが、CSのゲームよりも尖ったゲームが楽しめるところに魅力があると思います。私はAAAタイトルよりもインディーゲームの方が好きです。特にSteamのアーリーアクセスのゲームが好きで良く購入しています。アーリーアクセスは完成前にゲーム開発会社が資金調達の意味も込めてゲームを販売するサービスです。プレイヤーはバグの報告や新しい機能の要望などをゲーム開発会社に報告しながらゲームが完成していきます。完成まで数年かかるゲームや途中で開発を投げ出してしまう会社などもあり、アーリーアクセス自体にあまりおすすめできない部分もあります。それでも真摯なゲーム会社は新しいコンテンツをどんどん追加してくれるのが楽しくてアーリーアクセスを利用しています。国内の大きなゲーム開発会社では取りにくい販売方法だと感じています。ただアーリーアクセス利用時には開発している会社の姿勢を見極める必要があります。

MODが面白い

インディーゲームはMODにも協力的な会社が多くあります。MOD用の開発ツールやコンテストなどを行って賞金を出したり、人気のMODを正式にゲームに組み込んだりしているところもあります。こういったゲームのMODはどんどん活用するべきだと思います。日本語に対応していないゲームを日本語化するMODには大変助けられています。MODはリバースエンジニアリングにかかるところもあるのでMODを良く思っていない会社もあることも事実です。日本ではMODを行う行為は違法ですが、親告罪なので見逃されているだけだと理解する必要があると思います。

ゲーミングPCを購入する予算

PCゲームはインディーゲームが面白いといってもAAAタイトルも遊びたいはずです。AAAタイトルをプレイすると考えた時に競合ハードウェアはPS5だと思います。PS5のグラフィック性能をフルHD120FPSもしくは4K30FPSと考えた場合、ゲーミングPCでは15万円前後の価格帯のモデルが該当する性能になります。値段はPS5の倍くらいになりますが、グラフィック性能やロード時間などはゲーミングPCの方がAAAタイトルのゲームを快適にゲームをプレイできると思います。忘れてはならないのはモニターです。本体とは別にモニターにも5万円程度の予算を考えておくと快適なゲーミング環境を作ることができると思います。

PCゲームは無料で手に入る

PCゲームは無料で手にいれる機会が多くあります。Amazonプライムに入会しているとPrime Gamingで入会特典としゲームやゲーム内で利用できるコンテンツを無料で貰うことができます。そのままTwichで配信したりすると尚お得かもしれません。Epic Game Storeでアカウントを作成することで、毎週金曜日に更新される無料ゲームを受け取ることができます。人気が高いゲームも手に入れることができるチャンスがあるのでおすすめです。またゲーミングPC購入時やPCパーツ購入時にゲームが付いてくることもあり、これらのイベント利用するのも良いかと思います。

オンライン対戦が無料

インターネット回線の接続は必要ですが、オンラインでのゲームプレイに料金はかかりません。国内のPCゲーマーも増加傾向になるため対戦相手に困ることもないかと思います。PS5などとのクロスプレイに対応しているゲームであればゲーミングPCの方が料金的にもゲーム環境的にも有利なると思います。




マウスコンピューター 夏先取りセール 6月19日まで

ゲーミングPC スターターセット 139,800円~

FRONTIER ボーナス先取りセール 6月14日まで

>RTX 4070 Ti SUPER メモリ32GB 販売価格283,800円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です