Skip to main content

Steam ゲームの保存場所 SSD HDDの使い分け






Core i5-12400F RTX 3070

フロンティア 月末セール 9月30日まで

196,800円(税込)9/26まで送料無料

Steam ゲームの保存場所 SSD HDDの使い分け

HDDとSSDではデータの処理速度に違いがあります。SSDの方がHDDよりも早くデータ処理が行えゲームの起動時間やゲーム中のデータの読み込み時間に差がでます。データ単位で見るとHDDよりもSSDの方が単価が高く、全てのゲームをSSDに保存することは難しいと思います。Steamを使ってHDDとSSDを使い分ける方法をご紹介します。

Steamでゲームの保存先を増やす

Steamクライアントを起動して設定メニューからゲームの保存先を増やすことができます。ダウンロードを選択してストレージマネージャーを開きます。私の環境ではCがSSD、DがHDDです。ゲームを保存するストレージを増やす場合は+記号をクリックして操作します。

ゲームの保存先を移動させる

Steamクライアントを起動するとライブラリ機能を使うことができます。この機能では所持しているゲームを一覧表示でき、ゲームのランチャーとして使用したり、ゲームの各種設定を変更することができます。

ゲームが保存されているストレージを変更する際は、該当ゲームを右クリックしてプロパティを開き、インストールフォルダの移動を使います。ボタンをクリックして移動先のストレージを選択するだけなので簡単です。良く遊ぶゲームをSSDへ移動させ、遊び終わったゲームはHDDに移すなどするとストレージ容量を節約することができます。またSteamではクラウドセーブにも対応していたり、購入したゲームはいつでもダウンロードできるので、遊び終わったゲームはアンインストールしておいても問題ないと思います。




Core i5-12400F RTX 3070

フロンティア 月末セール 9月30日まで

196,800円(税込)9/26まで送料無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。