Skip to main content

Steamのゲームを楽しむためのおすすめのPCスペック

 

 


 

 

Steamのゲームを楽しむためのおすすめのPCスペック

PCゲームを快適にプレイするためにはある程度のPCスペックが必要となります。最近ではこれらのPCはゲーミングPCという名前で分類され販売されていますが、それでもどの程度のスペックのマシンを購入するか判断が難しいところだと思います。コスパが高いゲーミングPCの選択方法を考察します。

 

私が一番好きなゲームジャンルは3Dグラフィックのストラテジーや街作りゲームです。これらのゲームは比較的高いPCスペックが求めらえるゲームジャンルですが、数年前に購入したゲーミングPCでも快適に楽しむことができています。ご自身が求めるディスプレイの解像度やFPS(フレームレート)などによって必要となるPCスペックは異なってきます。ちなみに私はFHDの解像度で60FPSで十分だと感じているため、今のところ最新のゲーミングPCへの買い替えは考えていません。

 

 

ゲーミングPCと普通のPCの違い

ゲームを快適に稼働させるためにはデータ処理速度が重要となります。ゲーミングPCはデータ処理速度上げるために性能が高いCPUとビデオカードが搭載されていることが通常のPCとの一番の違いです。特にビデオカードはメーカー品のPCには設定なく、通常のPCでゲームを快適に稼働させることができない原因となっています。PCゲームを楽しむのであればビデオカードが搭載されたゲーミングPCを購入されルの一番です。

 

PCの性能によってプレイできるゲームの幅が決まります。

PCゲームはグラフィックが凝っている大作から小規模ゲームメーカーが作成したインディーズと呼ばれるゲームまで、Steamでは幅広く購入することができます。最高のグラフィックでゲームを楽しむのであればそれ相応のビデオカードが必要となります。また起動時間やロード時間などを待たずに快適にゲームを楽しむためにはCPUやメモリなどの性能が必要となります。快適に最高品質でゲームをプレイするには8GB以上のビデオメモリのビデオカードと16GB以上のモインメモリが搭載されたゲーミングPCを購入されるのが良いでしょう。

 

人気の街作りゲームcitiess:skylinesなどは通常のプレイ環境ではそれほど高いPCスペックは要求されませんが、MODなど入れてプレイとなるとメインメモリが16GBでは物足りなくなってきます。MODなどを入れてカスタマイズしながらゲームを楽しみたいプレイヤーはより高いスペックのPCが必要となります。

 

 

レースゲームなどをリアルなグラフィックで楽しみたい方はビデオカードに高い性能が必要となります。私が使っているGTX1070のグラフィックカードではこのゲームを最高画質でプレイすることができずに、少し画質を抑えてプレイしています。PCゲームは環境に合わせてグラフィックの精度や解像度の変更が行えるので、どこまでグラフィックを求めるかもゲーミングPCの選択を難しくしているところだと思います。

 

 

インディーズゲームでもPCスペックは必要か

PCゲームは3Dグラフィックのゲームばかりではなくドット絵のゲームも多く見つけることができます。ドット絵はPCスペックをあまり必要としないイメージがありますが、最近のゲームはドット絵のゲームではデータ処理容量が大きくある程度のCPUの性能やメモリ容量が必要とされます。

 

ドット絵の2Dゲームでもエフェクトが綺麗なゲームや大きなキャラターや沢山のキャラクターが一度に登場するゲームは高いPCスペックが要求されます。ドット絵の2Dゲームを楽しむのであればビデオカードまでは必要ないかもしれませんが、メインメモリは16GB以上の搭載を検討された方が沢山のゲームを快適にプレイすることができると思います。

 

 

ツクモ ゲーミングPC


台数限定 ¥214,980(税込)  GeForce RTX3070 Ryzen7 3700X 搭載
ツクモ ゲーミングPC


¥219,980(税込)  GeForce RTX3080 i7-11700 搭載

 

 


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。