Skip to main content

【Depraved 攻略ブログ】 序盤での効率の良い街の発展方法

 

 

 

【Depraved 攻略ブログ】 序盤での街の発展方法

 

Depravedは盗賊や野生動物から住民を守りながら街を発展されていくゲームです。序盤での街の効率の良い発展方法を考察します。

 

【街を運営するために必要なこと】

資金が底を付くとゲームオーバーとなります。ただ少しのマイナスではゲームオーバーにならず私の場合は-5000を超えた辺りでゲームオーバーとなりました。なるべく黒字で街を運営するようにすると良いでしょう。Depravedは資金を稼ぐ方法がいくつか用意されていて、序盤では住民から税収と交易での利益が主な収入源となります。多くの家を作り、住民を増やし税収を上げながら自給自足ができる環境を整えていくと安定した街の運営を行うことができます。

街を運営していくためには資源の加工や生産などを行う他に、労働者の確保が重要となります。建物は住民が仕事につくことで資源の生産加工を行います。建物内で労働をする住民の他に、建物内で生産された資源を倉庫へ運搬する人や建物で資源を加工するために材料を運搬する人が絶対に必要となります。材料や資源の運搬ができないと、いくら建物を建築しても効率よく稼働させることはできません。多めに住宅を建築し、十分な労働者を確保することは街の発展に絶対に欠かすことはできません。

 

労働者の数は住民が表示されているタブにマウスを合わせることで確認することができます。

 

 

【優先して建築する建物】

 

街が発展するにつれて徐々に建物がアンロックされていき、より大きな街へと成長させることができるようになります。水と食料は絶対に必要となります。併せてこれらを保管しておく倉庫を建てておくと効率よく物資を住民に行きわたらすことができるようになります。

 

倉庫

住民が生産した資源は倉庫に運ばれて保管されます。住民は倉庫から資源の持ち出しを行うために、同じような資源で倉庫が埋まっていると住民は必要な資源を手に入れることができません。また交易所でも交易で入手した資源を保管できますが、これらの資源を倉庫に移さないと次の交易ができないため、街の発展の効率が落ちてしまいます。倉庫はアップグレードすることで容量のアップを行うことができますが、序盤では余剰資源が発生したらすぐに交易所で販売して資金に変えてしまうのが良いでしょう。

 

 

 

 

井戸

水は井戸を作ることで入手することができます。一見抽出できる水量に限りがあるように見えますが、上限に達しても井戸を作りなおすことで何度もで水を手に入れることができます。実質無限に水を手に入れることができるため序盤を見ずを販売しながら資金を稼ぐもの良いかと思います。下の数字が水の埋蔵量を示していて、上の数字が生産された水量です。水の持ち運びがスムーズに行われていないようであれば運搬人の人数を増やすと効率よく運搬が行われるようになります。

 

狩人

肉は狩人を建てることで入手することができます。狩人が狩りを行う場所の選択を行うことでき、動物が集まっている箇所に目標設定することで自動的に肉を入手できるようになります。肉と合わせて皮の調達を行うことができるので、衣類の生産などにも重宝する建築物です。

 

 

木こり林業家

木こりは木を切って丸太を製造します。木は切られる度にマップ上から消えて最後には無くなってしまいます。林業の建物を建築して植林をすることで、どこにでも木を生やすことができるので、近くにある森林を全て伐採する前に植林をして、安定した丸太の供給源を作っておくと街の発展をスムーズに行うことができます。

林業によってゲームが数年進めた状態でも森を維持することができます。林業と木こりに携わる人数の調整を行うと良いでしょう。

 

医者

医者がいることで野生動物や盗賊との戦闘で傷ついた住民の回復を行うことができます。また街で病気が広まった時でも医者がいることで被害を最小限に抑えることができます。

 

 

消防署

消防署があることで火災が発生した際に鎮火させることができます。マップ上に盗賊などが現れると、街に火を放ちにくるなど街の発展を阻害する行為を行ってきます。近くに街の近くに盗賊が現れ始めたら注意が必要です。

 

 

 

馬小屋

馬小屋は馬に餌を与え、管理することで街の中で馬が餓死することを防ぐことができます。街に新しい人が訪れた時には馬が街に溢れます。馬小屋があることで馬の売却を行うことができ、資金を得ることもできます。街の中で馬が死ぬことで病気が広がる危険もありますが、解体され食料になることもあります。

 

 

【銃使いの雇用はほどほどに】

街には時々銃使いが訪れます。銃使いは費用を払うことで街に住みつかせることができ、盗賊の討伐や治安維持に活用することができます。ただ費用は一時的なものでなく継続して支払い続けることになるので、多くの銃使いが街にいると財政が圧迫されてしまいます。私はコスト削減のため銃使いは雇わずに交易でライフルを購入して住民すべてに配り、盗賊などの鎮圧は手動で適当に複数の住民を選択して対応するようにしています。ライフルなら購入資金だけで継続して費用がかかることはありません。

 

 

ライフルはとても高額ですが、序盤の資金が豊富にあるうちなら簡単に購入することができます。武装している住民は画面上で確認することができるので、非武装住民との割合をすぐに確認することができます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。