Skip to main content

CITIES: SKYLINES COLLECTION

 


 

CITIES: SKYLINES COLLECTION おすすめDLC

 

フロンティア ゲーミングPC
台数限定


台数限定 ¥159,800(税込)  NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti AMD Ryzen 5 3600
フロンティア ゲーミングPC
台数限定


台数限定 ¥239,800(税込)  NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti Core i7-11700F

 

Cities: Skylines – After Dark

商業区画が拡張されレジャーやホテルなどの特区を作ることができます。夜の街を彩る施設を作ることで収益の向上の他、環境客の誘致を行うこともできます。バスターミナルにバスが集結して大勢がバスの乗降や他のバスへの乗り換える様は圧巻です。

 

 

 

Cities: Skylines – Natural Disasters

街に災害が発生するようになるDLCです。DLCを入れても災害のオンオフは任意に変更することができます。DLCを入れることでプレイできる災害が発生するシナリオは結構面白くておすすめです。災害をオフにしても消火用のヘリコプターや災害探知用のレーダーなどは建てることができます。ヘリコプターは森林火災の時に大活躍します。

 

 

Cities: Skylines – Mass Transit

フェリー、モノレール、ケーブルカー、飛行船など様々な乗り物が追加されます。ケーブルカーは急斜面の他、少しの高低差でも設置することができ渋滞も発生しないので結構便利です。信号の除去やストリート名をつけての管理など道路建設の機能が拡張されます。追加される交通関連のシナリオも面白くおすすめです。

 

Cities: Skylines – Green Cities

商業特化地区に地産地消や緑化住宅などが追加され、自然環境にやさしい街作りを行えるようになります。ゴミ処理ではリサイクル施設や汚水を浄化する浄化システムなど気にある公害を改善することができます。緑化住宅は緑豊かで景観が良くなるのがお気に入りです。

 

Cities: Skylines – Industries

工業地域を拡張するDLCです。大規模な農場の他、自動車生産工場など大規模な施設を作ることができます。施設には原料の輸入や生産品の出荷など指示が行え、生産施設とは別に倉庫も作ることができサプライチェーン的なものの構築を楽しむことができます。行き交う車で渋滞が発生したり、多くの人を職場まで輸送しなければならないなど、ゲーム的な要素が増えてるコンテンツです。

 

 

 

Cities: Skylines – Parklife

遊園地やキャンプ場、動物園などを作ることができるDLCです。テーマパークを作ることで周辺住民の幸福度が上がり、テーマパークへ訪れる人で渋滞が発生します。テーマパークは複数混在できるので、動物の檻の脇に観覧車やジェットコースターを作ったりすることもできます。交通機関を利用してのテーマパークまでの人の流れを考えるのが好きで一番気に入っているDLCです。

 

Cities: Skylines – Campus

大学を作るできるDLCです。大学は寮や学部ごとに建物が分かれていて、大学と街を一体とさせることができます。大学を作ると学生が集まり交通機関は混雑します。Mass Transitなど交通機関が拡張できるDLCを入れていると大学を中心とした交通機関が発達した街作りが楽しめます。なんとなくモノレールで施設同士を繋ぐのが好きです。

 

MOD

Cities: SkylinesはDLCだけでなくMODが豊富にあるのも人気の秘訣です。MODの建物を一つ一つ選ぶのが面倒な私はMODコレクションから探します。どこかの誰かが日本風の建築物や人々をまとめていたり、乗り物ばかりをまとめていたりするのがコレクションです。SteamからMODを入れるのであれば、簡単にMODを解除することもできるので、定期等にコレクションを追加してみるのも楽しいかもしれません。

 

フロンティア ゲーミングPC
台数限定


台数限定 ¥159,800(税込)  NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti AMD Ryzen 5 3600
フロンティア ゲーミングPC
台数限定


台数限定 ¥239,800(税込)  NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti Core i7-11700F

 


 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。