Skip to main content

ゲーミングパソコン 普段の使い勝手について




マウスコンピューター 春のパソコンセール 開催中!

ゲーミングPC スターターセット 139,800円~

FRONTIER 春のスーパーセール 4月26日まで

RTX 4070 Ti SUPER メモリ32GB 販売価格279,800円

ゲーミングパソコン 普段の使い勝手について

ゲーミングパソコンを購入しようと考えている人で、普段の使い勝手について不安がある方もいるかと思います。例えば騒音がしそうとか電気代が余計にかかるなど心配になることはいくつかあると思います。実際にゲーミングパソコンを使用してみた普段の使い勝手についてご紹介します。

ゲーミングパソコンは基本的に性能が高い

スマホのゲームをプレイされている方は良く分かると思いますが、ゲームを正常に稼働させるためにはハードウェアに高い性能が必要となります。パソコンのゲームも同じでMicrosoftのOfficeやAdobeのPhotoshopやIllustratorなんかよりもパソコンのリソースを多く消費します。Photoshopが快適に稼働しないようなパソコンではパソコンゲームは楽しめないかもしれません。逆に言えばゲーミングパソコンならOfficeやPhotoshopなどを快適に使用することができます。

騒音問題

ゲーミングパソコンは性能が高いために騒音が酷いという意見を良く目にします。実際最大パワーで使用すればパーツに負荷がかかるため動作音は大きくなります。ただ最大パワーで稼働させても意味がないことが多くアプリなどで最大出力に制限を掛けることをおすすめします。例えばフレームレートはキャラクターがどれだけ滑らかに動くかを判断する数値になりますが、最大のフレームレートが240FPSだからといって常に240FPS発揮させる必要はありません。ゲーミングPCに発揮させたい性能を決めて余裕を持った性能のパーツが設定されているゲーミングパソコンなら、設定を変えることで騒音を気にならにレベルまで下げることができます。ただゲーム以外のアプリでゲーミングパソコンが本気で稼働する場面はほとんどなく、普段の使い勝手であれば騒音が問題になることは考えられません。

電気代

電気代と騒音問題の解決手段は同じで、どちらかの問題を解決できれば両方の問題を解決することができます。電気代がかかる理由は、ゲーミングパソコンのパーツが活発に稼働して電力を消費しているからです。基本的にゲーミングパソコンのパーツが活発に稼働することで騒音が発生します。電気代と騒音を許容できる範囲内でゲーミングパソコンの設定を行うことで電気代が高くなるようなことはないと思います。騒音問題のところでも記載しましたが、ゲーム以外のアプリでゲーミングパソコンが本気で稼働する場面はほとんどないため普段使いで通常のパソコンよりも著しく電気代がかかるようなことはありません。

ゲーミングパソコンは大きい

ゲーミングパソコンは設置されているパーツが大きかったり、熱を逃がす関係で大きな躯体が特徴です。普通のパソコンよりも1.5倍くらい大きいかもしれません。ゲーミングパソコンは結構場所を取ると考えておいたほうが良いと思います。ゲーミングパソコンは何年も使用していますが、見るたびにデカイと感じます。私はミドルタワーのゲーミングパソコンを机の上に置いていますが、地震でも机が倒壊したり、ゲーミングパソコンが落下したりありませんでした、大きくてもそれなりに安定しているので、土台がしっかりした場所に置いておけば災害時でも問題にはならないと思います。

マルチモニターに対応

ゲーミングパソコンには3Dグラフィックを描画するために性能が高いグラフィックパーツが付いています。性能が高いパーツなので、ほとんどのゲーミングパソコンでモニターの接続口が複数設定されています。 複数枚のモニターを設置してマルチモニターにすることで、動画の同時視聴やゲームをプレイしながら攻略サイトを確認するなど平行して作業を進めることができて便利です。ゲーミングパソコンを購入されるのであればマルチモニターを検討してみるのも良いかと思います。

アプリが入っていない

ゲーミングパソコンは家電量販店で購入するパソコンのように豊富なアプリが最初からインストールされている製品はほとんどありません。パソコンを使用する目的が見つかった場合は手段となるアプリは自分でインターネットからダウンロードしてくる必要があります。たとえばOfficeやPhotoshopnaが使いたいと思ったらMicrosoftやAdobeにアクセスして自分にあった製品を選択しなければなりません。ただインターネットに接続するためのブラウザは設置されているため、インターネットに接続できる環境であればページへのアクセス自体は簡単です。それでもMicrosoftやAdobeには製品もサービスも無数にあるため自分にあった製品を選択することは容易でないかもしれません。

故障時の問題

ゲーミングパソコンはインターネットで購入することが一般的です。対面販売でないため、故障時も対応もメールでのやり取りとパソコンを梱包して販売店に送るなどの処置が必要となります。パソコンを梱包して送るのは良いとしても、メールで故障時の状況報告を送ったり相手から故障時に対応方法をメールで貰うなどの対応は正直かなり面倒です。ドスパラやパソコン工房なら全国に支店を出しているので、こういった店舗を利用することでメールでのやり取りでなく持ち込みを行う状態を見てもらうことができます。多分そのお店で購入した以外のゲーミングパソコンも見てくれると思いますが、そこで購入した商品の方が親身になって状態を見てくれると思います。故障時の対応などが心配なら自宅近くのパソコン専門店を利用されるのも良いかと思います。

実際の故障時のメール内容

たまにパソコンが落ちることがあるので、購入したドスパラにメールで問い合わせをしてみました。症状としてはグラフィックボードがエラーを出してパソコンが落ちてしまう症状です。問い合わせたところ思った通り、ドライバーを入れなおせとかOSをクリーンインストールしろなどの返事でした。それでも改善しないならハードウェアが壊れているので、送って欲しいみたいな内容です。ドライバーはすでに入れなおしているので、残るはOSのクリーンインストールですがそんなもの行うはずがありません。私にとっては余程の時に最後に行う手段です。とりあえずは問題なく稼働しているので壊れないことを祈るばかりです。ドライバー関係のインストールやOSの入れ替えを簡単と感じない方は最寄りのリアルに構えている販売店で購入された方が良いかもしれません。ちなみにドスパラはネットで購入したメモリが動かなかったため、近くのドスパラの販売店に持って行ったら新品と交換してくれました。一応ネットで購入した製品も最寄りの販売店で面倒を見てもらえるようです。

マウスコンピューター 春のパソコンセール 開催中!

ゲーミングPC スターターセット 139,800円~

FRONTIER 春のスーパーセール 4月26日まで

RTX 4070 Ti SUPER メモリ32GB 販売価格279,800円

マウスコンピューター 春のパソコンセール 開催中!

ゲーミングPC スターターセット 139,800円~

FRONTIER 春のスーパーセール 4月26日まで

RTX 4070 Ti SUPER メモリ32GB 販売価格279,800円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です