Skip to main content

快適にゲームが楽しめるゲーミングPCの仕組み

 



 

快適にゲームが楽しめるゲーミングPCの仕組み

PCゲームがパソコンに要求する性能はピンからキリまであります。パソコンは大きく分けてノートタイプ(ラップトップ)とデスクトップタイプに分かれますが、同価格帯ではノートタイプの方がデスクトップよりも性能が低い傾向にあります。それでも最近ではノートタイプのパソコンの性能も上がり、複雑でないPCゲームならノートタイプのパソコンでも遊ぶことができます。PCゲームが要求するパソコンの性能と遊べる遊べないの理由について解説します。

 

PCゲームが要求するパソコンの性能

ゲームを楽しむためにパソコンに要求される性能はデータ処理能力と保存できるデータ容量の大きさです。データ処理能力についてはグラフィックの再生能力も必要となります。具体的にはCPU・メモリ・ストレージ(HDD・SSD)・GPUとなりPCを構成する全ての部品に高い性能が要求されます。PCゲームはMicrosoftのOfficeのようなデータベースや表計算をおこなうアプリよりもパソコンに高い性能を要求するものがほとんどだと思って良いと思います。Officeを動かすことにストレスを感じるようなパソコンでは、ほとんどのゲームを快適にプレイすることはできないでしょう。

 

PCゲームの種類

ゲームのジャンルで分けると非常に多くなりますが、グラフィックの構成でみると3Dグラフィックかそうでないかの2つのパターンになると思います。3Dグラフィックの方がほとんどの場合PCへの負担が大きくなり、高い性能が要求されます。ゲーミングPCと呼ばれるパソコンは3Dグラフィックのゲームに対応しているパソコンだと思ってもらって良いと思います。3Dグラフィックを扱うためにゲーミングPCでは性能が高いGPUが設定されています。これらのパーツはグラフィックボードやグラボなどと呼ばれ単体でPCパーツとして購入することができます。ただ最近の性能が高いCPUは3Dグラフィックを描画できる機能が内蔵されているものもあります。これらのパーツは内蔵グラフィックスと呼ばれいて、3DグラフィックのPCゲームを楽しむ時にはグラボ搭載のパソコンか内蔵グラフィックスのパソコンかを選択することになります。グラフィックボードと内蔵グラフィックスを比べるとグラフィックボードが付いているパソコンの方がグラフィック描画性能は高くなります。3Dグラフィックが採用されていないゲームをプレイする場合にはこれらのパーツが絶対に必要とはならないため、ゲームの好みによって利用するパソコンの性能は異なってくると思います。

 

グラフィックの描画が適正にできないと、どうなってしまうか

ゲームが要求するグラフィック描画の性能にパソコンが満たない場合は、キャラクターが滑らかに動かないことやコマ送り程度にしかグラフィックが動かないことになってしまいます。酷い場合は画面が真っ暗でなに描画されないことやゲームがクラッシュするこさえあります。グラフィックが滑らかに動いているかどうかはFPS(フレームレート)であらわされます。60FPSが一般的に快適にゲームを楽しむことができるフレームレートと言われています。これよりも低い30FPSでも十分と感じる人いるし、これよりも多い120FPSなどでないと我慢できないなんて言う人もいます。解像度が高いほど同じフレームレートを維持するために必要となる性能が高くなります。遊びたいゲームの画質によって用意するべきパソコン性能は格段に違ってくるので、まずは自分がゲームを楽しみたい環境を決めることが重要となります。

 




Core i5-12400F RTX 3070 Ti

フロンティア 期間限定セール価格

259,800円(税込) 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。