Skip to main content

PCゲームを楽しむためにゲーミングPCを買うべきか

 


 

PCゲームを楽しむためにゲーミングPCを買うべきか

ゲーミングPCは名前から察するとゲーム専用のパソコンのように感じますが、基本的には普通のPCの上位互換です。スペックに余裕があるゲーミングPCを購入すればゲームをしながら攻略情報をブラウジングしたり、音楽や動画を見ることさえできます。ゲーム好きで少しでもPCゲームに興味をお持ちなら、ゲーミングPCは買って後悔することはまずないでしょう。

 

ゲーミングPCの性能

ゲーミングPCは自分で組み立てないのであれば、BTOパソコンショップでの購入をおすすめします。BTOパソコンショップではゲーミングPCブランドや専用の販売スペースが用意され、ロースペック・ミドルスペック・ハイスペックと3段階くらいに分けてゲーミングPCが販売されています。ゲーミングPCのロースペックモデルでも性能的には普通のPCのミドルスペック、もしくはゲームをプレイしないのであれば必要ないほどの性能があったりします。ゲーミングPCはデータ処理速度とグラフィックの綺麗に映し出すために高性能なPCパーツで構成されたPCとなっています。

 

ゲーミングPCと普通のPCの違い

ゲーミングPCの特徴としては3Dグラフィックを再現するための専用パーツが設定されていることにあります。これらのパーツはビデオカードやグラフィックボード略してグラボなどと呼ばれています。普通のPCではグラフィックの情報処理も通常のデータ処理同様CPUが行っています。最近のCPUは性能が高いため、簡単なグラフィック描画であれば対応することができますが、細かい描写の3Dグラフィックとなると話が変わります。情報量が多い3Dグラフィックに対応するためには、ビデオカードのようなCPUからグラフィック描画機能を独立させた専用のPCパーツが必要となります。通常のミドルスペックのPCに、3Dグラフィックを綺麗に描画するためのPCパーツが加えられたPCがゲーミングPCという認識で良いかと思います。

 

ゲーミングPCは安い?高い?

BTOパソコンショップで普通のPCとゲーミングPCを比べた時はもちろんゲーミングPCの方設定されているPCパーツが多い分高くが高くなります。でも大型の家電量販電で販売されている普通のPCとBTOパソコンショップで販売されているゲーミングPCを比べた場合、同価格帯であればBTOパソコンショップのゲーミングPCの方が性能が高い傾向にあります。価格に違いは両社のサービスの違いからきています。大型家電量販店ではソフトウェアにBTOパソコンショップではハードウェアに比重が置かれています。ソフトウェアについては無料で使用できるものも多く、本当に必要なものは後から自分で購入した方が満足できるはずなので、PCの基本性能を上げるハードウェアが充実しているBTOパソコンショップのPCの方がコスパが高いと感じています。

 

PCゲームは面白い

PCでは世界中で作製されているゲームが楽しめ、ゲーム自体の価格も安いことからゲーム好きであればゲーミングPCを購入して是非ともPCゲームをプレイしてみてほしいと思います。PCゲームは販売後もアップデートを繰り返してバグの修正やバランス調整、追加要素の追加などが無料で行われるタイトルが多いのが特徴的です。DLCなどの有料での追加機能もあり、気に入ったゲームを数年単位で遊ぶこともできます。また公式がアップデートするほかに有志の方達が作成するMODで、好みの難易度やグラフィック、操作画面に変更させることができます。MODの作成は推奨していゲームメーカーもあり、違法ではありません。年間で優秀なMODを決定して表彰しているようなゲームメーカーもあるくらいです。PCゲームはEpic Gamesで定期的に無料配布されていたり、Steamなどのサービスを利用することで購入することができます。

 

 

FRONTIER ゲーミングPC


¥209,800(円 GeForce RTX3070 搭載


 

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。