Skip to main content

ゲーミングPC 初心者 おすすめ PCパーツの選び方

 

 

ゲーミングPC 初心者 おすすめ PCパーツの選び方

 

PCゲームを手軽に楽しむためにはコスパが高いゲーミングPCを手に入れることが一番重要です。購入するゲーミングPCは安いことに越したことはありませんが、安いだけで、性能が伴わないゲーミングPCでは3DグラフィックのPCゲームを満足に動かすことはできせん。はじめてゲーミングPCを購入される初心者の方でもコスパが高いゲーミングPCを選択できるようにコスパが高いPCパーツの選択方法をご紹介します。

 

ゲーム稼働スペックを満たしているゲーミングPCなら3Dグラフィックで描画されたリアルなレースゲームも快適に楽しむことができます。ご自身が遊びたいゲームに合わせてコスパが高いゲーミングPCの選択を行うことが重要です。

 

 

ゲーミングPCのコスパが高いとは

コストパフォーマンスとは払った費用よりも得た効果が高いときに使われる言葉です。ゲーミングPCの場合で考えると購入したゲーミングPCで快適にPCゲームが楽しめることを指すと思います。快適にPCゲームを楽しめるというところが難しいところで、PCゲーム全てが最上級のPCパーツのスペックを要求するわけではありません。またPCゲームは画質の変更行いことができ、ユーザーのPC環境に合わせてグラフィックの質や解像度などの変更を行うことで様々なユーザーが快適にゲームを楽しむことができる仕組みを提供してくれています。ご自身が楽しみたいゲームの推奨スペックを確信しながら、コスパが高いゲーミングPCを選択されると良いでしょう。

 

3Dグラフィックのゲームを楽しむためのPCパーツ

PCゲームは大きく分けて2Dグラフィックと3Dグラフィックのゲームに分かれます。2Dの方がPCのグラフィック描画に対する負荷軽く、ゲーミングPCでなく通常のPCでも楽しめるゲームもあります。3DグラフィックのゲームとなるとPCへのグラフィック描画の負荷が高くなり、グラフィックを描画させるための専用パーツが必要となります。この専用パーツがビデオカード、グラボ、グラフィックカードなどと呼ばれているPCパーツです。このパーツの性能によって、グラフィックのきめ細やかさや解像度などの上限が変わってきます。2Dグラフィックのゲームで気を付けなければならないことは見た目2Dでも内部的には3Dグラフィックを用いていることがあることです。自分が遊びたいゲームが2Dの場合でもゲーミングPCの購入前には必ずゲームメーカーが推奨するPCスペックの確認をおすすめします。

人気のモンスターハンターワールドなどはPC用にグラフィックを高解像度テクスチャで楽しむDLCが無料で配布されています。通常のモンスターハンターワールドでも十分迫力ある映像でゲームを楽しむことができますが、PCならではの高解像度グラフィックでゲームを楽しむためには相応のPCスペックが要求されます。

 

 

最新のPCゲームが快適に稼働するPCパーツ

PCゲームを快適に稼働させるためにはCPU、ビデオカード、メモリ容量が重要となります。CPUの性能が高ければ、パソコンデータ処理速度が上がり、ビデオカードの性能が高ければ綺麗な3Dグラフィックを描画することができます。またメモリ容量が多いことで沢山のデータを処理することができるようになり、快適にPCゲームを楽しむことができるようになります。これらのパーツの推奨スぺック一つずつご紹介します。

 

CPU

CPUはコア数とスレッド数を見ると大体の性能を把握することができます。コア数が多いほどデータ処理速度が高くなります。スレッド数が多いほどコアが稼働するための効率を上げることができます。コア数スレッド数両方とも多いに越したことはありませんが、6コア12スレッドや8コア8スレッドなどが主流となっています。ゲーム側が複数のコアに対応していないこともあるので、コア数よりもスレッド数の方が重要という声も聞いています。6コア8コアどちらにしてもPCゲームを楽しむためだけに用意するのであればオーバースペックだと感じているで、どちらを選択しても快適にゲームを楽しむことができます。CPU選択時に重要となるのはスペックだけではありません。CPUはインテル社とAMD社とでシェア争いが行われています。性能的には大差がないか、最近ではAMD製品の方が優れているという評判もあります。ただブランドイメージなのかAMD製のCPU搭載ゲーミングPCの方がインテル製CPU搭載のゲーミングPCよりも安く購入できることができます。費用を抑えたい方はスペックだけでなく、メーカーにも注意されるとコスパが高いゲーミングPCを購入することができます。

 

ビデオカード

ビデオカードはCPUと違いNVIDEAがほぼ独占状態です。年を追うごとにスペックが細分化され逆に選択をしにくくなっていると感じています。GTXとRTXの2つのシリーズが展開されていて、RTXの方が新しいシリーズです。アルファベットの後に付く数字が大きいほど性能が高くなり、末尾にTiが付くと一つ上のスペックの廉価版のような感じになっています。例えばGTX1080、GTX1070Ti、GTX1070があった場合、GTX1080とGTX1070とでは全くスペックが違いますが、GTX1080とGTX1070Tiとでは似たスペックとなっています。最近発売されたRTXシリーズではTiの代わりにSUPERが使われています。ビデオカードのスペックを判断するための数値は様々ありますが、ビデオメモリの容量が一番分かりやすいと思います。ビデオメモリは3GB、6GB、8GB、11GBを選択できます。3Dグラフィックのゲームを最高画質で楽しみたいと考えていれるのであれば8GB以上のビデオカード搭載のゲーミングPCがおすすめです。4Kのような高解像度のゲームを楽しむためには11GBのビデオメモリが必要となると思います。WQHDやフルHDで3DグラフィックのPCゲームを快適楽しむのであれば8GB以上のRTXシリーズのビデオカードがおすすめです。

 

メモリ

メモリ容量が多いほどデータ処理量が多いゲームや沢山のアプリを同時に快適に起動させることができます。8GB、16GB、32GBの選択肢が主流です。メモリは多いに越したことはありませんが、私は16GBで十分PCゲームを楽しむことができています。安いゲーミングPCのスペックを見るとメモリ容量が8GBのものを多く見かけることがありますが、8GBでは少し足りなく、すぐに増設したくなると思います。最低でも16GBの設定をおすすめします。メモリは現在の容量だけでなく将来的な拡張も考えてメモリスロットの空きも確認しておくべきです。大抵のゲーミングPCでは4つスロットがあり、2が使用済みです。4GBが2枚か8GBが2枚などの設定を多く見かけます。メモリの金額は年々安くなっていて、増設することも簡単なことから、拡張することも念頭に入れてゲーミングPCを選択されると長い期間快適に使用することができるゲーミングPCを手に入れることができると思います。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。