Skip to main content

32GB メモリ 必要性

 




 

32GB メモリ 必要性

 

ゲーミングPCでの32GBメモリの必要性について考察します。メモリ容量が多いほどパソコンはアプリケーションを効率的に稼働させることができます。最近のゲーミングPCはメモリ容量を8GB、16BG、32GBまた64GBなど幅広く選択することができます。どの容量がコスパが高いか実際に32GBメモリを設定した感想を記載いたします。

 

2023年2月11日(土・祝)より「イオンカードの新規ご入会特典」として1,000WAON POINT進呈

フロンティア 月末セール 1月27日まで送料無料

インテル Core i7-12700F NVIDIA GeForce RTX 4070 Ti ¥284,800円(税込)

 

実際32GBメモリを使ってみてメモリは16GBで十分

結論からお伝えすると16GBで十分だと感じています。32GBにした理由は8GB×2のメモリが壊れてしまったためです。構成としては8GB×4ではなく16GB×2にしました。32GBにしたことによりゲームの起動時間やロード時間は少し早くなったような気がしますが、多分数秒です。HDDからSSDに替えた時のような体感の違いは感じることはできないと思います。

 

ゲーミングPCの仕様から見たメモリスペック

ゲーミングPCであれば16GBのメモリが設定されていても8GB×2が設定されているだけで、まだ2つメモリスロットに空きがあると思います。メモリが足りないと感じた時にそのスロットにメモリを増設するで問題ないと思います。ただ64GBに将来的にしたいと考えている場合は8GB×2が余計になってしまうので、最初から32GBのメモリ設定で購入された方が無駄を省くことができます。

 

価格面からみた場合

16GBと32GBの価格差は5000円程度です。価格面からみてどうせならと私は32GBを選択しました。それとパーツが壊れたこともあって同じ性能のパーツの買い替えではなんとなく負けたような気もしたからです。32GBにして困ったことは特にありません。むしろロード時間ちょっと時間がかかるゲームについても32GBにしたけど、こんなものかと諦めついています。やっぱり32GBにしていれば良かったと後悔するよりも良かったと思っています。私は使い切れないくらいの過剰スペックの方が気分を満たしてくれる性格なので、厳密にコスパを考える人は16GBで十分だとも思います。

 

 

2023年2月11日(土・祝)より「イオンカードの新規ご入会特典」として1,000WAON POINT進呈

フロンティア 月末セール 1月27日まで送料無料

インテル Core i7-12700F NVIDIA GeForce RTX 4070 Ti ¥284,800円(税込)

 




 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です