Skip to main content

Steam おすすめ インディーズゲーム 

 



 

Steam おすすめ インディーズゲーム

Steamで購入したインディーズゲームの中でおすすめのタイトルのご紹介です。ここでご紹介するゲームは無料で遊べるゲームではありませんのでご注意ください。好きなゲームジャンルに偏りがあり、シミュレーションとストラテジーがほとんどです。特に街作りゲームをお探しの方がゲーム購入への参考になると思います。

 

フロンティア ゲーミングPC
台数限定


台数限定 ¥219,800(税込)  NVIDIA GeForce RTX 3070 Core i9-10900F
フロンティア ゲーミングPC
台数限定


台数限定 ¥196,800(税込)  NVIDIA GeForce RTX 3070 Core i7-10700F

 

Banished

Steamレビュー 非常に好評

プレイ時間 315時間

資源管理を行いながら街を発展させていく都市建設戦略ゲームです。人口のバランスや資源を確保しながら厳しい冬を乗り越えるなどのサバイバル要素を最初に作ったゲームだと思います。後追いのゲームは沢山登場していますがBanishedの完成度が高くなかなか追い抜けるゲームが登場していません。発売から結構時間が経過しているのでMODも充実しています。人口爆発や高齢化社会・移民の受け入れの問題などの難しさが体験できるのも面白いところです。

 

 

 

Cliff Empire

Steamレビュー 非常に好評

プレイ時間 140時間

近未来的なグラフィックで資源管理街作りゲームが楽しめます。ゲームの設定上地上は汚染されている設定で崖の上に都市を建設します。崖はそれぞれに肥沃な土地や水が多い土地などの特徴があり、交易路を構築して物資のやり取りを行うことができます。また交易は崖との間だけでなく宇宙ステーションとも行えたりドローンで物資が輸送されてたりと、古代の舞台が多いジャンルのゲームとしては珍しいタイプのゲームだと思います。

 

 

 

 

Dawn of Man

Steamレビュー 非常に好評

プレイ時間 50時間

マンモスを狩ったり、魚を捕ったりする狩猟時代から農作物の栽培や鉄器の開発など時代ごとに生活環境を替えながら街を発展させていく都市開発サバイバルゲームです。2019年に発売されてから2021年現在まで定期的に無料アップデートされ進化し続けているゲームです。私は発売当初にクリアしたっきりプレイする機会を持っていませんが、生産できる品物が増えたり武器や道具の追加など様々な点でやり込みお要素が増えているようです。発売当初でもなかなか面白いゲームだったので古代の時代に興味がある方におすすめのゲームです。

 

 

 

Kingdoms Reborn

Steamレビュー 非常に好評

プレイ時間 250時間

2021年9月現在はアーリーアクセス中のゲームです。開発者がBanished、Anno、Civilizationに似せていると言われているだけあってBanished好きな私にはとても楽しいゲームとなっています。BanishedのMOD CCをうまくゲームに取り入れた感じでゲーム終盤まで緊張感を持ってプレイすることができます。敵AIはまだ上手に稼働しませんが、最高難易度の創造主はシングルプレイで十分にゲームを楽しむことができます。私はレビューにあるような不具合は感じていません。

 

 

Lobotomy Corporation

Steamレビュー 非常に好評

プレイ時間 100時間

SCP財団風の怪物たちを管理してミッションをクリアしていくゲームです。怪物はアブノーマリティと呼ばれています。プレイヤーは職員を操作して洞察・本能・抑圧・愛着の選択の中からアブノーマリティへの対応方法を選択してエネルギーを抽出します。抽出したエネルギー量でミッションクリアとなります。職員はアブノーマリティへ対応することで成長しますが、選択を誤るとアブノーマリティにやられてしまったり、取り込まれたりしてしいます。アブノーマリティと上手に接するとアイテムが手に入ったり、アブノーマリティの詳細が分かるなどやり込み要素が多いゲームだと思います。Wikiを見ると対応方法が全て分かりますがアブノーマリティ初見では見ないでプレイすることをおすすめします。

 

 

Noita

Steamレビュー 非常に好評

プレイ時間 900時間

マップ上に存在する液体や固体を混ぜて危険を回避したり、魔法を組みわせて強力な杖を作って敵を撃破したりなど自分なりの攻略でゲームを進めることができるアクションゲームです。ゲームは難しいとレビューにありゲームクリアが最終到達地点のように感じられますが、私はゲームのクリアよりも隠し要素を求めてマップ上の探索の方が楽しくほとんどクリアはしていません。ゲームを進めるごとのこちらの戦力と敵の戦力のインフレ具合が凄く何度プレイしてもあきることがありません。またGameOverをgifで残せる機能にはゲーム制作者側の意図を感じることができます。

 

 

Planetbase

Steamレビュー 非常に好評

プレイ時間 110時間

火星を舞台にしたコロニーシミュレーションゲームです。火星が舞台のため他の資源管理ゲームよりも条件が厳しく空気や水まで生産する施設を作らなければなりません。住民のストレス要素などあるので住民の様子を見ながら設備を整えていく過程が楽しいゲームです。宇宙船に乗って敵が襲来してきたり、火星の砂嵐で設備が停止するなど宇宙ならでは都市開発の難しさを味わうことができます。ちなみDawn of Manと製作会社が同じで2つのゲームがセットになったセールが良く行われています。わたしはDawn of ManよりPlanetbaseの方か好みです。

 

 

 

 

 

TerraTech

Steamレビュー 非常に好評

プレイ時間 160時間

オープンワールド形式のサンドボックスゲームです。パーツを組み立てて戦車や飛行機など自由に乗り物を作って戦うことが楽しいゲームです。操作は自分で行うものだけでなく自立型のAIも使うことができるため、基地や採掘場などを自動稼働させることができ防衛拠点を作って楽しむことができます。2018年発売のゲームながら2021年にNintendo Switchに移植されたりと未だに開発が続いているゲームで無料のアップデート受けることができます。

 

 

 

Transport Fever 2

Steamレビュー 非常に好評

プレイ時間 130時間

馬車・鉄道・車・飛行機・船など様々な運送手段で物資の運搬が行える輸送シミュレーションゲームです。原材料を加工して街へと運ぶサプライチェーン的なものを構築するのが楽しいゲームです。私は一次産業と工場を鉄道で繋いで生産された加工品を飛行機や船で遠くの街まで運ぶなどのルート構築を考えて、実際に設備を稼働させ資源が余ることなく巡回するのを見るのが好きです。前作のTransport Feverとゲーム内容はほとんど変わりませんがグラフィックが大幅に改善されているためPCスペックに余裕があるのであればTransport Fever2の方をおすすめします。

 

 

 

Ultimate General Civil War

Steamレビュー 非常に好評

プレイ時間 230時間

アメリカの南北戦争を題材にしたステージクリア型のRTSです。内政要素はほとんどなくステージ開始前に兵種と装備する武器を選択してステージクリアを目指します。兵士や武器はステージクリア時の戦果によって得られる軍資金を元にを調達されるので、被害を最小限に収める戦略や多くの敵を捕虜にして武器を奪うなど力任せではない戦闘を楽しむことができます。地形による有利不利や側面背後を取られると士気が下がるなどの要素もありユニットを動かすための戦術が重要となります。ユニットを動かして釣り野伏せ的なことができたりすると辞められなくなります。

 

 

 

Workers & Resources Soviet Republic

Steamレビュー 圧倒的に好評

プレイ時間 620時間

2021年現在アーリーアクセスの状態ですが、工業地帯を建設するのが楽しい都市開発ゲームです。他の街作りゲームとの違いは、共産主義国家のため税収入がないため人口を増やしてもあまり意味がないところです。都市を運営していくための資金を得るためには外国に製品やエネルギーを輸出したり、ホテルなど観光地を作るインバウンドで稼がなくてはなりません。人口はこれらの施設を動かすための労働力として必要となります。製品を作るための工業地帯を作るのが楽しいゲームで、人とモノが円滑に効率よく稼働できるインフラを作るのが面白く今一押しの都市開発ゲームです。

 

 

フロンティア ゲーミングPC
台数限定


台数限定 ¥219,800(税込)  NVIDIA GeForce RTX 3070 Core i9-10900F
フロンティア ゲーミングPC
台数限定


台数限定 ¥196,800(税込)  NVIDIA GeForce RTX 3070 Core i7-10700F

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。