Skip to main content

2019 グラフィックカード・GeForce 性能比較 初心者にも分かるグラフィックカードの選び方

 


 

2019 グラフィックカード・GeForce性能比較

現在(2019年12月)はグラフィックカードはNVIDEAが覇権を取っていてRTXシリーズとGTXシリーズの2つのシリーズを平行して開発販売しています。それぞれのシリーズに廉価版や拡張版があり、選択肢は多岐に渡っています。BTOパソコンショップで良く設定されているグラフィックカードの性能を比べてコスパが高いおすすめのグラフィックカードを考察します。

 

グラフィックカードのベンチマーク比較

ベンチマークは性能をスコアで表して比較しやすく指標としたものです。単純に数字が大きいほど性能が高いと思っていただければと思います。ベンチマークの数字はドスパラが公開している情報をもとに記載しています。

ドスパラのページで見る

GeForceシリーズビデオメモリベンチマーク
RTX2080Ti11GB1270
RTX2080SUPER8GB1084
RTX2070SUPER8GB993
RTX20708GB871
RTX2060SUPER8GB837
RTX20606GB747
GTX1660TI6GB635
GTX1660SUPER6GB604
GTX16606GB546

 

私が普段PCゲームをプレイしているゲーミングPCにはGTX1070が搭載されていています。GTX1070のベンチマークをドスパラのページで調べると594となっています。GTX1070のグラフィックカードはフルHDの解像度であれば、ほとんどのゲームを最高画質設定でプレイできるためベンチマーク600近くが快適にPCゲームを楽しむことができるグラフィックカードになると思います。表を見てお分かりの通りベンチマークの他にメモリ容量も記載いたしました。メモリ容量が大きいほど多くのデータを扱うことができるので、こちらも数字が大きい方が性能が高くなります。私が使っているGTX1070はGTX1660SUPERと同じくらいのベンチマークですが、ビデオメモリは8GBあります。多分GTX1070くらいの性能であればもう数年で使い物にならなくなると予想されるので、今グラフィックカードを購入されるのであれば、RTX2060SUPER以上のビデオメモリ8GB搭載のモデルとお勧めします。RTXシリーズとGTXシリーズの違いはリアルタイム レイ トレーシングとディープラーニング スーパー サンプリング の機能があるかないかです。正直なところ私もこの機能が必要かどうか判断しかねるところですが、最新技術はあるに越したことはないと考えているのでGTXシリーズよりもRTXシリーズをおすすめします。

 

 

フロンティア ゲーミングPC
ボーナス祭第2弾


台数限定 ¥229,800(税込)  NNVIDIA GeForce RTX 3070 Ti AMD Ryzen 5 5600X プロセッサー
フロンティア ゲーミングPC
ボーナス祭第2弾


台数限定 ¥229,800(税込)  NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti インテル Core i7-11700F プロセッサー

 

 


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。