Skip to main content

2021年 次世代ゲーミングPC

 


 

2021年 最新のゲーミングPC紹介

 

2021年もRTX30××シリーズも出そろい新世代のゲーミングPCが揃いました。PCパーツの世代はCPUとマザーボードやビデオカードのモデルで判断することできます。PCパーツのランク帯やコスパが高いモデルの考察を行います。

 

フロンティア ゲーミングPC
台数限定


台数限定 ¥199,800(税込)  NVIDIA GeForce RTX 3070 Core i9-10900F
フロンティア ゲーミングPC
台数限定


台数限定 ¥194,800(税込)  NVIDIA GeForce RTX 3070 Core i7-10700F

 

ビデオカード

PCゲーマーにはNVIDEA製品のシェアが高い印象です。AMDもビデオカードを販売していますが、PCゲームを楽しむならNVIDEA製品の選択がおすすめです。NVIDEAではRTXとGTXの2種類にブランドが展開されています。RTXの方が性能が高くフラグシップモデルが用意されています。RTXでは30××、GTXでは16××が新しい世代の型番です。RTXでは3090が最高ランクです。80Ti、80、70など数字小さくなっていくほど性能が低くなります。GTXは60Ti、60SUPER、60、50などを選択することができ、こちらも数字が小さくなっていくほど性能が低くなります。GTXで最高ランクの1660TiはRTXでのRTX3060相当の性能となります。GTX1660Tiでも十分にPCゲームを楽しむことができますが、数年先も快適にPCゲームを快適にプレイしたいと考えるのであればRTX3070以上のランクのパーツを選択されることをおすすめします。

 

CPU

CPU、マザーボード、メモリは世代間での互換性がないため3つのパーツをセットと見て世代を見極めます。CPUはINTELとAMDの2社から選択することができます。セキュリティや排熱の問題があってからINTELとAMDの評価は逆転し、今ではAMDの方がPCゲーマーに人気があります。INTELでは8コア12スレッド、AMDでは12コア24スレッドのCPUが選択されていることが多いようです。正直なところPCゲームを楽しむためにそんなにCPUの性能が必要なのか疑問ですが、性能が良いのに越したことはありません。性能が高いゲーミングPCにはINTELのCore i7やAMDのRyzen 9などが多く採用されていますが、少しランクを下げてCore i5やRyzen 5でも十分かなとも思います。

 

 

フロンティア ゲーミングPC
台数限定


台数限定 ¥199,800(税込)  NVIDIA GeForce RTX 3070 Core i9-10900F
フロンティア ゲーミングPC
台数限定


台数限定 ¥194,800(税込)  NVIDIA GeForce RTX 3070 Core i7-10700F

 


 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。