Skip to main content

仕事にも使えるコスパが高いゲーミングPC

 



 

仕事にも使えるコスパが高いゲーミングPC

 

PCゲームは仕事で使うOffice関連のアプリや販売管理、財務管理のシステムなんかよりもPCスペックを要求します。PCゲームが快適に楽しめるゲーミングPCが一台あると、趣味と仕事の両方で活躍させることができます。通常のパソコンに比べてゲーミングPCの優位性を解説します。

 

ゲーミングPCの購入方法

ゲーミングPCはBTOパソコンショップから購入するの一般的です。リアル店舗を全国に出店しているショップもありますが、BTOパソコンショップはリアル店舗を構えずにネットの通信販売に力を入れています。電気製品は家電量販店での購入を最初にイメージしますが、安価で性能が高いパソコンを購入したいのであれば家電量販店からの購入はおすすめしません。BTOパソコンショップと家電量販店とのパソコンを比べて場合、同じ価格でもBTOパソコンショップの方が基本性能が高いパソコンを購入することができます。両社の違いはインストールされているアプリにあります。家電量販店で取り扱っている家電ブランドのパソコンは、ユーザーがすぐにパソコンを使用できるように配慮されているためか、最初から沢山のアプリが設定されています。個人的な感想ですが、最初から設定されているアプリはほとんど使用しないものばかりだと思います。家電量販店のパソコンは、この沢山設定されているアプリも価格に含まれているどうしてもBTOパソコンショップ割高になっています。逆に言えばBTOパソコンショップのパソコンはアプリの設定はほとんどありません。仕事で使うのであれば使うアプリは決まっていると思うので、アプリが何も設定されていないパソコンの方が都合が良いのではと思います。

 

ゲーミングPCの性能

3Dグラフィックのゲームを快適に稼働させるためにはPCに要求されるスペックは高いものとなります。3Dグラフィックを綺麗に表現するためには専用のグラフィックカードが必要になることはもちろんのこと、それ以外のデータ処理能力も高くなければデータ量の多いゲームのロード時間を短縮させることができません。インテルのCPUのランクで見てみると通常のパソコンではCorei5が主流となっていますが、ゲーミングPCではCorei7またはCorei9が通常の選択肢として表示されています。ゲームを楽しむのにCorei9までの性能が必要かは疑問になるところですが、データ処理性能高いPCを手に入れたいと考えているならゲーミングPCを見てみると良いでしょう。ゲーミングPCはCPUの他にもメモリやSSDにも性能が高いパーツが組み込まれています。通常のパソコンでは8GBが通常のランナップですが、ゲーミングPCは16GBが当たり前のように設定されています。SSDは通常でもPCの動作を機敏にしてくれる優れたPCパーツですが、ゲーミングPCではNVMe接続が行われた通常よりもデータ処理速度速いモデルで、尚且つ500GB以上の大容量SSDが設定されています。BTOパソコンショップも競争が激化しているので、ゲーミングPCには最新の優れたPCパーツが組み込まれるように現状なっています。

 

ゲーミングPCで作業をしてみて

PCゲームを楽しむためと仕事でデータベースを作っているので、データ処理が速いパソコンを欲しいと思いゲーミングPCの購入を決めました。基本的にスペックが高いので、Windowsの起動からして早く、快適にPCを毎日使うことができています。動画のエンコードなども良く行うのですが、処理時間の短さが気にっています。

こんなPCゲームの紹介動画を適当に作ってYou Tubeアップロードしていますが、20分を超えるような動画でも数分でエンコードが終了します。性能が良いアプリを使って効率よく作業を行うためにはハードウェアの性能も重要になってくるなと感じています。

 

フロンティア ゲーミングPC
台数限定


台数限定 ¥219,800(税込)  NVIDIA GeForce RTX 3070 Core i9-10900F
フロンティア ゲーミングPC
台数限定


台数限定 ¥196,800(税込)  NVIDIA GeForce RTX 3070 Core i7-10700F

 



 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。